ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

カテゴリ: L 福島県( 1 )

6月の会津若松①。



e0353732_11190006.jpg


おら、幕末の志士になる!
いや、おら、ハンサムウーマンの八重さんになる!と
会津若松に出かけたのは、6月の頃。
「八重の桜」ブームが去った頃に乗っかるという
タイミングの悪さはいつものこと。




新緑から深い緑へ変わるグラデーションに包まれた
ドライブ路を抜けてたどりついた会津若松市内。



e0353732_11191222.jpg




古い町並みが残り、とても良い味わいの町。
仙台から3時間で別世界に来たようです。



e0353732_11185874.jpg




伝統工芸品が大好きな私にとっては
町自体が伝統工芸品みたいで、ウハウハです。


今回は、「会津漆器の何か」を買うという物欲で頭が一杯で
特に最近人気話題の「会津漆器とガラスを使った何か」を探したい!
という気持ちで町ブラをしていたわけで。
しかしながら、町の中に伝統工芸品のお店が、たーっくさんあって
全然前に進めないほど魅力的。
そんななかで、ピーンときたお店がコチラ。




e0353732_11191026.jpg




「工房 鈴蘭」さん。
若い作家さんがお店を開いています。
漆器というと手入れが必要とか値段が張るとか
トクベツな日の器とかいろいろと敷居が高くなりますが
こちらの器はお値段も手ごろで、若い人も使いやすいデザイン
すなわち「かわいい」デザインで、すぐに気に入りました。
そしてそばちょこをふたつ買いました。



e0353732_11190898.jpg



e0353732_11190680.jpg


e0353732_11190407.jpg




若い人が伝統工芸品に新しい息吹を吹き込む姿というのが大好きです。
過去に積み重ねて来た歴史と、現在が融合して未来が見えるような
エネルギーを感じるのです。





◆◇◆◇




さてと、町ぶらを済ませたあとは
東山温泉へチェックインであります!







◎工房鈴蘭の詳細はコチラ⇒
◎工房鈴蘭の漆器職人 鈴木あゆみさんの詳細はコチラ⇒


by misaki_photo | 2015-08-11 07:30 |  L 福島県 | Trackback | Comments(0)