ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

カテゴリ: L 大崎市( 2 )

鳴子とコメと牛の女王。


e0353732_22060071.jpg






紅葉真っ盛りの日曜日、
鳴子へ行くことにしました。


県内のテレビ番組で連日鳴子の紅葉特集が流れていたので
これは、混むべなと予測して朝8時半に出発。(←さして早くないw)


鳴子に到着した頃はほんのりと渋滞しかかっているような状態。
今回は鳴子峡ではなくて、鳴子ダムが目的地だったので
鳴子峡近くの本格的な渋滞になってきたころには、
鬼首方面へスイスイと向かいました。



さて、鳴子ダム。
鳴子にだむ?dam?ダム?
あるんですねぇ、ダム。
しかしこのダム、想像以上に紅葉がきれい。





e0353732_22061681.jpg



目の前に迫ってくる山をダムという人工物が引き立てるという絵が
思った以上に美しかったです。絶景。





e0353732_22054357.jpg



鳴子ダムを見た後はそのまま鬼首の
「かんけつ泉」へ行きました。
かんけつ泉なんてご幼少の頃以来ですよ。
もはや記憶にありません。


だどもこの入口見てください。





e0353732_22091188.jpg




すっごい味がある。
絶対、私が子供の頃もこの入口だっただろうと
想像できる佇まい。昭和40年頃から時が止まっているよね。
好きです、こんな感じ。





e0353732_22045038.jpg


かんけつ泉って地中の水蒸気があたたまって
吹き出してくるんだって。





e0353732_22051333.jpg






自然の摂理なのに、10分おきに吹き出すんだって。
ふーーーん。




怪しい!






陰謀論とかが大好きな懐疑的な人間の私は
絶対、10分毎に誰かがバルブを回してるんだハズ!wと
鼻息荒く、辺りを見回してみましたが、そのようなものは
ございませんでした。
自然ってすご~い。
ではもう一度、見てみましょう。



何もない場所から・・・



e0353732_22044592.jpg





モヤモヤと蒸気が出てきて・・・




e0353732_22043733.jpg




ぶしゃ〜!!っとな。





e0353732_22034436.jpg





e0353732_22024208.jpg



これって夜の間も吹き出しているのかなと
温泉卵を食べながらふと思う。
そらそーだ。



e0353732_22021312.jpg



温泉に入ってお昼を食べて
松島に帰る道すがらラジオを聞いていたら
岩出山から鳴子峡まで20kmの渋滞だとな!
早めに出発してて良かった〜。
この時期、鳴子に行くときはくれぐれも早朝着で。






e0353732_22003248.jpg

帰り道の友は新米の団子。
新米で作ったのか新米が作ったのか
くだらない論議で車内が白熱するほど平和な秋の日。





e0353732_22015636.jpg



e0353732_22013646.jpg


山葡萄もきのこもおいしそうだったな。





【おまけ】
帰り道に見つけた看板。
「コメと牛の女王」www


e0353732_22012043.jpg


しかも全米ナンバーワンって。
こういうのも、大好き♡




by misaki_photo | 2016-11-01 06:59 |  L 大崎市 | Trackback | Comments(0)

【鳴子温泉】で温泉卵を作ってみた。

e0353732_17073058.jpg
*緑濃い旅路。







今年の冬、鳴子温泉へ冬に泊まりに行った時に
生卵を持ってくれば温泉卵を作れる場所を発見していました。



「次に来るときは、卵を持ってこよう」と温泉の湯気に
誓っていたわけですが、その日がやってきました。


かばんには卵を入れて松島から2時間
車を走らせました。


ここで。


e0353732_17073569.jpg




こうやって温泉に









e0353732_17073357.jpg





ババンババンバンバン♪と入れてやります。
あ〜あビバノンノ♪と卵が答えたら出来上がりです。
だいたい15分くらい。


e0353732_17073755.jpg





いよいよ、卵をお湯から上げてみます。


e0353732_17074791.jpg







割ってみたらほんのり火が通ったいいあんばい。
調味料を忘れてきましたが、温泉からの塩味が
微々染みて、いいあんばい。



もしも、鳴子に行く方がいらっしゃいましたら、
旅のしおりの持ち物の欄に「生卵」と書いておいてくださいね。









by misaki_photo | 2015-08-03 07:33 |  L 大崎市 | Trackback | Comments(0)