ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

カテゴリ:==おでかけ風景==( 21 )

パッチワークの森。

e0353732_22530526.jpg
e0353732_22525630.jpg
e0353732_22530292.jpg
e0353732_22530952.jpg
e0353732_22531281.jpg


5月上旬の山は、いろんな緑色が混ざりあって美しい。
いろんな緑色がつぎはぎみたいにつながりあってパッチワークのよう。
さらにこのパッチワークは、日に日に色が変わるから毎日変わるから飽きないのです。



by misaki_photo | 2017-05-19 19:14 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

芋煮会2016。


e0353732_20153482.jpg





年に一回、宮城県人でよかった〜と思うイベンツ、
それが芋煮会。


去年はあいにくの雨で屋外でできなくて
今年も天気予報は雨マーク。
でも当日、晴れた!どんと晴れ!
今年は、紅葉真っ只中の秋保での開催なので
いつも以上にワクワク高まる。




e0353732_20153979.jpg




会場になった「秋保 木の家」では
もう皆さんが完璧な準備をして下さってて
(遅刻してしまってごめんなさ~い(;_;)
川原の特等席をゲットして下さってました。





アウトドアに精通しているYさんのお陰で
ダッチオーブンでローストビーフを作ってもらったり




e0353732_20151683.jpg
e0353732_20151143.jpg
e0353732_20150736.jpg
e0353732_20145540.jpg





強運の持ち主のSさんがくじで当選した
仙台牛を食べることができたり





e0353732_20144232.jpg




もちろん主役の芋煮も、んめんめとほうばれたし






e0353732_20144890.jpg



紅葉真っ只中の秋保というロケーションで
最高の時間を過ごせました〜!





e0353732_20371183.jpg







夜、風呂上がりの体からほんのり香る煙の匂い。
あの楽しい時間はマボロシじゃなかったんだなぁと実感しています。
(注:ちゃんと体は洗っていますww)





【おまけ】

e0353732_20152781.jpg

振り返ればいつの間にか、すごい人の数でした!

by misaki_photo | 2016-11-04 07:21 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

Reborn-Art Festival x ap bank fes !!!!!!!!

e0353732_19244223.jpg




熱く、暑い日でした。
1ヶ月以上前の話をしてもいいですか?笑


7月30日、31日に石巻の雲雀野埠頭で開催された
Reborn-Art Festival x ap bank fes 2016に行ってきました。




e0353732_19284893.jpg


ミスチルなどのプロデューサーである小林武史氏が
主催するap bankという団体が数年に一度、開催してきた音楽フェス
【ap bank fes】とアートを融合して、被災地石巻で総合芸術祭を開きました。





いやはやしかし、プレにしては豪華すぎるイベンツです。



会場についたのは開場時刻の9時。
すでに、ジリジリと灼熱の太陽が降り注いでいます。
フェスのグッズを買ったりしながら、
自分らのスペースを確保して
あっという間に11時の開演をむかえました。


このフェスでいちばんしびれたのが
オープニングでした。



「えんやっとっとえんやとっと」
という野太い男性の声が聞こえてきて
もしかして!と思ったら
なんと、「大漁唄い込み」が始まり
それをベースにロックや女子高生のコーラスが絡んできました。



とても壮大で、何より、
「地元へのリスペクトを感じる」
オープニングに仕上がっており、ぽろり感涙。
さすが、コバタケ。



◇◆◇◆



さて、この会場、日陰ひとつない場所だったので
午前中から「順調に」ガオってきました。
ちょうどその頃、お昼の時間になりまして
「Reborn-Art DINING」という特別ランチを
予約していたので、【屋根のある場所】へ行くことができました。






e0353732_19311698.jpg




こうなると日陰もごちそうだと感じるくらいの状態。
吹き抜ける海風がただただ心地よく生き返る思いです。




この特別ランチは
石巻〜塩竈の有名店のシェフが集い
この日だけのスペシャルメニューを提供してくれるということで
とても楽しみにしていました。


「Art DINING」という名のとおり
こんなアウトドアでこんなにすごいクオリティのものが
出てくるの!?という内容。
メニューをどうぞ御覧ください。



e0353732_19321278.jpg





e0353732_19323098.jpg



大量調理でこんなにすごいものが
あっという間にサーブされる手際の良さも驚きました。
(しかも、仮設の調理場なのに!)


e0353732_19325457.jpg


e0353732_19330390.jpg

e0353732_19325970.jpg



食事しながら、生演奏を聴いて
いい風に吹かれる、とても贅沢な時間でした。



というわけで、コンサート会場に戻り
お目当ての、ミスチル、ハナレグミ、MISIAを聴いて
ミスチルのヒット曲の数々を10代の頃に戻りながら一緒に歌い、
愛するハナレグミでは時が止まったようなその世界に浸かりながら聴き、
初めて生で聴くMISIAの声量に心が圧倒されて感動に包まれながら、夕方を迎えました。


最後までいたかったけど
日中に浴びた太陽が、へなちょこな私の体力を
かなり奪っていたので無理をせず20時頃に帰りました。


フェス好きな前職の後輩と現地で会ったんだけど
彼女ら、その前の週にフジロックを3日間参戦して
翌週末は埼玉から石巻へ来ていました。
そのパワフルさをわけてほしい (笑)


来年がこのイベントの本祭です。
そんな元気な若者が宮城の沿岸部へ
たくさん集まってくることでしょう。
今から楽しみです。




e0353732_19334764.jpg




by misaki_photo | 2016-09-05 07:09 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

「森に住む人」と鳴子へ。

e0353732_20402436.jpg



新車を買いました。
(自称)海と山を愛する私たちにピッタリの
和名「森に住む人」という名のSUV。
その名にふさわしい場所へということで
森へ、山へ、鳴子へドライブへ行きました。




梅雨のさなかだというのに快晴だった日曜日。
あれやこれやと新車の機能を試しているうちに
あっという間に鳴子です。

うはぁ、緑が目に沁みる!
「森に住む人」はやはり山が似合う!


まずは、いつも鳴子でお世話になっている
「鳴子ホテル」で日帰り温泉です。




e0353732_20401403.jpg



誰もいなかったので、パシャリと一枚。
色と匂いがする温泉が好きなのですが鳴子は
白濁とした色と、強烈な匂いがして
それだけで効果があったような鳴子の湯。






e0353732_20395651.jpg


少し遅めのお昼には蕎麦を。
「藤治朗」さんというお蕎麦屋さん。




e0353732_20400570.jpg



結構、量が多かったです。




そういえば、秋には鳴子峡に来たことがあったけど
夏には来たことがなかったなぁって思い立ち
鳴子峡に立ち寄ってみました。



e0353732_20401075.jpg




紅葉していなくても結構お客さんが来ていました。
なにやら、トレッキングコースもあるようで
汗だくで深い谷から人々が登ってきます。
これはおもしろそう!いつか秋の日に歩いてみたい場所が
またひとつ増えました。



で、帰ろうとしたら、レストハウスの壁に…。




e0353732_20395343.jpg








お、男塾!




そう、「男塾」と書かれているのが
見えますでしょうか?


道場破りをしてきた看板を
修繕に使ったのでしょうか。
わーお、男前すぎる!
魁(さきがけ)な心意気ですね!





◇◆◇◆





帰り道はお約束の岩出山にある
あの道の駅に立ち寄りまして
おもちでも買おうかなぁと見てたら
おもしろいマカロンが。



e0353732_20395003.jpg







何がおもしろいかって言うと
材料に「甘酒」が入っているんですって。




e0353732_20394661.jpg




食べてみると、たしかにほんのり甘酒の香りがしておいしい!
岩出山へお立ち寄りの際には
挑戦してみてくださいませ!




e0353732_20394445.jpg







by misaki_photo | 2016-07-14 06:51 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

【コバルトライン】海と森が共存する場所へ。

e0353732_21333935.jpg


梅雨の晴れ間の日曜日。

せっかくのいい天気だったから、ムダにしたくない。
少し足を伸ばして、牡鹿半島のコバルトラインへ行きました。




コバルトラインはどちらかというと半島の山沿いを走る道路で
山側の高い場所から海を時々見下ろせる絶景ルート。
若い頃から釣り竿片手に牡鹿半島を駆け巡っていた
うちの旦那のT氏も、コバルトラインは小学生以来とのこと。
さて、どんな眺めが待っているのでしょう。



石巻から女川方面へと進み
突如現れた交差点を右折するとコバルトラインは
突然始まる。


最初は山の風景だったんだけど
ある程度登り終えると、早速絶景が
現れました。




e0353732_21330258.jpg




深い森の緑越しに
雄大な大海原が広がる風景。
ここで深呼吸すると山の空気も
海の空気もどっちも吸い込めそうで
呼吸するたびに、こころが満たされる。


そして、またしばらく山道をくねくね進む。
くねくねロードにすこーし酔ってきた気がして
なんとなく遠くを見てたら、遠くを見てたら・・・
次のカーブの茂みでガサガサ動く茶色い物体。


これって・・・

e0353732_21335584.jpg



なんということでしょう。





e0353732_21335865.jpg




「野生のシカ」です。




T氏いわく、夜釣りをしていると
車の数十センチ横まで近づいてくるけど
(あるいは車と衝突することも多々あるらしい)
昼間に出てくるのは初めて見たとのこと。


作物を食べてしまったり
人間にとって迷惑な面もあるようですが
とつぜん目の前に現れたバンビたんは
私にとってはただただかわいい野生動物でした。




そんなこんなでコバルトラインの終点付近に到着。





e0353732_21340626.jpg



どうやら「御番所公園」というところの
眺望が◎なようなので立ち寄ってみました。





e0353732_21342034.jpg



すると、360度見渡せる展望台があって



e0353732_21340916.jpg




目の前には、金華山!
振り返ると、網地島と田代島。




e0353732_21341432.jpg



宮城の島のオールスター戦?ってくらい
大御所たちが佇む海。


「森の豊かさが海の豊かさにつながる」って
よく耳にしますが、街なかに暮らしていると
頭ではわかった気になっても実際、ピンとこない。


でも、こうして大パノラマのなかに深い森と海が
共存している姿を見ると、その言葉がストンと腑に落ちる。


森の養分が海に流れ出す。
そんな自然界のシンプルな循環が
まるで自分が森の一部の、
たとえば、あのシカになったような目線で見えてきた。




◆◇◆◇





お昼にさしかかってきたので
半島の付け根のほうまで戻って
「cafe はまぐり堂」でランチタイムです。
先ほど、私たちを癒やしてくれたシカを
思い出しながら鹿カレー



e0353732_22252688.jpg








e0353732_21350598.jpg



はまぐりセットを食す。
シカさん、南無南無。



はまぐり堂には久しぶりに来ましたが
雑貨屋さんもオープンしているようです。






e0353732_21345123.jpg


e0353732_21344265.jpg



e0353732_21343280.jpg



牡鹿半島に来るたびに
仙台とはまったく違う風景に驚かされます。
これもまた宮城、なんですね。

by misaki_photo | 2016-06-28 07:19 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

【Sketches of MATSUSHIMA】 Mar.15 2016

e0353732_20585110.jpg




黒ネコと田んぼ。
(皆川おさむの声で。)


by misaki_photo | 2016-04-25 07:57 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

山形と仙台を往復した芋煮大会。


e0353732_13534498.jpg


突然ですが、ここで私は予言します。
芋煮会はこれから全国で流行ることになるでしょう!



だって、リバーサイドで仲間と紅葉見ながら
ガヤガヤBBQをするだけでも楽しいのに
体が温まる芋煮汁を食べるなんて日本人の
心をつかまないわけがないですよね。
そんなことを実感した日曜日の芋煮会。





ことし最初で最後の芋煮会でした。
あいにくの雨でしたが。。。
雨ェェ!ゴルァ!と怒りめらめらで
天気予報を見ていましたが、
みんなで集まれる楽しみのほうが大きかったので
わくわくしながらのお出かけです。


芋煮会場は、
一度行ってみたいと思い続けていた
広瀬側沿いにある
「まつぶちガーデンテラス」。


仙台駅から車で15分くらいで到着です。



晴れていれば、トップ写真のような広瀬川の河原で
芋煮ができるのですが、あいにくの雨。
なので、河原沿いをツツツツ歩きつつ
大きな体育館のような場所に到着。




e0353732_13532942.jpg



と、
「ここって八幡スケートセンターじゃない?」
という声が多々聞こえてきまして
私は知らなかったのですが
どうやらここは昔、スケート場だったようです。




高い天井で広々としたすでに館内は芋煮とBBQの匂いでいっぱいで
みなさん、いい燻され加減になっています^^




e0353732_13533611.jpg




今回は、仙台風の芋煮と

e0353732_13533824.jpg
e0353732_13534082.jpg


山形風の芋煮の2種類を


e0353732_13534229.jpg
e0353732_13534658.jpg


いただきました。
(照明の関係で食欲が出ない青色補正になっていますが実際はとってもおいしそうな見栄えです)




仙台風食べて、山形風食べて
その後仙台風にうどん入れて
山形風にうどんを入れてという塩梅に
いったい何回仙台-山形を往復したでしょうか。
関山峠を何度も往復した我ら。





屋外で食べられればサイコーだったんだけど
それはまた来年までのお楽しみにとっておこうっと。


お誘いいただいた幹事様、ありがとうございました。







by misaki_photo | 2015-11-11 07:28 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

中尊寺の秋。

小さい秋を探しに岩手は平泉。
中尊寺と毛越寺へ。




せめぎあう、朱と緑。


e0353732_23001477.jpg





e0353732_23004527.jpg




e0353732_23002362.jpg



e0353732_23003333.jpg




e0353732_23034931.jpg






ひきたてあう、光と影。






e0353732_23003852.jpg




e0353732_23005208.jpg





祈り







e0353732_23050760.jpg






祈りにも似た踊り







e0353732_23045559.jpg





秋の収穫を祝う。





e0353732_23010241.jpg




東北の秋を呼吸した休日。



by misaki_photo | 2015-11-05 07:24 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

10月11日、秋保。

e0353732_13070568.jpg





もう10日近く前の秋保です。
今頃、紅葉真っ只中になっていることでしょうね。




e0353732_13094553.jpg

by misaki_photo | 2015-10-21 07:37 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(2)

純米酒BAR。

お酒が弱い私は一年に何度も
「ああ、酒が強かったらなぁと」
思わされるときがあります。


野外イベンツに出かけたときなんか特にそう。
野外イベンツなんて、ことごとくお酒と絡めて
陽気にわっしょいなんて雰囲気があるじゃない?
飲めたら、もっと楽しいよなぁと思うんです。
でも、飲めないながらにもお酒がらみのイベンツ大好き。



さて、先日のジャズフェスの日、
本町で打合せがあってその帰りにせっかくだからと
勾当台公園に立ち寄って屋台のごはんを食べつつ、
フェスの雰囲気楽しんできました。

そして、ぶらぶら歩きつつ、本町の駐車場へショートカットしつつ
戻ろうと、近くにあった錦町公園を通り抜けようとしたところ
ついに、発見してしまいましたYO!



e0353732_11593096.jpg



【純米酒Bar】
数々のブログやFBで見ていたあの「純米酒Bar」がここに!
てっきり西公園で開催しているとばかり思い込んでいたので
予想外に目の前に現れてコーフンしました。
しかも、ブロガー仲間の扶美子さんが
このイベンツに参加すると聞いていたので
探してみたら、奮闘していらっしゃる。
これは、飲まねば。



e0353732_11592879.jpg



だども、だどもだ、私はゲコだ。
なので、もうビール飲んだモードな連れに急遽、
日本酒を飲んでーとお願いして快諾いただき
石巻の日本酒を買いました。



e0353732_11593333.jpg

500円でこんなにたっぷり入っているなんて
驚きです。


飲めないながらにも、麹のにおいや味わいが
大好物なので、日本酒の匂いを堪能させてもらいました。
匂い嗅ぎすぎて酒気帯びになりやしないかと思うくらい。
いい匂いでした。








by misaki_photo | 2015-09-28 07:32 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)