ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

JKのときめき、ジュースになーれ♡

e0353732_22261984.jpg



酒屋さんの店先で
ズキュンと私のハートを射抜いたこのデザイン。
めんこいこと。


e0353732_22300631.jpg
e0353732_22262617.jpg
*僕のリンゴだい!

e0353732_22262919.jpg
*あたいのトキメキジュースになーれ




まるで1970〜80年代の漫画のような色使いと画風。
吉沢やすみ先生?(ど根性ガエル)
川崎のぼる先生?(いなかっぺ大将)
たなかしずえ先生?(おはよう!スパンク)
トキメキなだけに、ときめきトゥナイトだったりしてー?



ねぇ、誰なのー?と、手にとったら店頭POPに
「加美農業高校の生徒さんたちが作ったりんごジュースです」
と書いてありました。




高校の敷地で育てた3種類のりんごで
形などの関係で出荷できなかったりんごを
ブレンドしたジュースだそうです。

e0353732_22265656.jpg


原材料は驚きの「りんご」のみ。


e0353732_22264277.jpg





説明を読むと・・・
「高校生の甘酸っぱい胸のトキメキをギュッと閉じ込めました。
加美農業高校で収穫されたリンゴを材料に、余分なものを加えない
ストレートリンゴジュースに仕上げました。」


「高校生の甘酸っぱい胸のトキメキをギュッと閉じ込めました」
「高校生の甘酸っぱい胸のトキメキをギュッと閉じ込めました」
「高校生の甘酸っぱい胸のトキメキをギュッと閉じ込めました」
大事なことだから3回言いました。


意味深!ガーン。



あのう、、、「トキメキ」というと女子高生を思い出しますが
男子高校生のトキメキも入っているんでしょうか?
それちょっと欲しいような、欲しくないようなww
ま、そんなこと言わないで飲んで青春思い出して!



そんな余計なことを考えて複雑な思いで飲んでみましたが
味はさらっとしていてシンプルで贅沢な味でした。
りんご+高校生のトキメキ=りんごジュース!
どこかで見かけたら飲んでみてくださいね。
この売上がきっと高校生たちに自信を与えるはず!






by misaki_photo | 2015-08-31 07:35 | Trackback | Comments(0)

美しい風景のなかで。

私の通勤路。
電車で行く日は、松島の島々を眺めながらの海ルート。
車で行く日は、松島の山々を眺めながらの山ルート。


とくに「山ルート」は季節ごとに私に美しい風景を見せてくれます。


山ルートの道中、深い山を背に素朴で美しく佇む神社があります。
そしてその神社には、昔話に出てきそうな太く美しく佇む木も生えていました。
神社の名前も、木の名前もわからない。





e0353732_21393415.jpg



ある日、松島町のフェイスブックで
「馬櫪(ばれき)神社のサルスベリが見頃です」
写真付きで記事が掲載されました。
この半年抱えていた疑問が一気に解けました。



天気はあいにくの雨だったけど
この休みを逃すと次の休日には
サルスベリが枯れてしまうかも・・・と思い
昨日、行ってきました。



e0353732_21393008.jpg



山々。
石の鳥居。
紅い花が咲くサルスベリの大木。
遠くを見れば、朱い鳥居。
しとしと降る雨は土に触れて蒸気に変わり
空へと逃げていく。
空気は森や土の濃い匂いがする。


こういう風景を見ると泣きたくなります。




e0353732_21392571.jpg




e0353732_21391379.jpg



サルスベリは、「百日紅」と書くんですね。
この漢字も素敵です。
百日、紅色が続くのかな。
続いてほしいな。


e0353732_21385693.jpg



春には春の、夏には夏の
美しい風景を見せてくれる場所。
秋はどうだろう、冬はどうだろう。
五感で早く感じてみたいとうずいてくる。




e0353732_21415035.jpg





by misaki_photo | 2015-08-28 07:28 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(2)

「まつの市」に行ってみた。



松島町で不定期に開催される、マルシェ。
その名も「まつの市」に行ってきました。
場所は、松島町役場の駐車場です。

e0353732_23352076.jpg




マルシェってのは、私が勝手に言ってるだけなんだけど
小さいながらも素朴で一生懸命なイベンツ。
とある日曜の朝、いそいそとお出かけしました。


e0353732_23352763.jpg




会場は、ゆっくりと店を見て回れるくらいに賑わっていて
なんかないかなーと、うろうろしてみました。


まずは、「無料」という言葉につられて
笹かまを焼いてみたであります。

e0353732_23353078.jpg





焼く前にささっと講釈を聞きまして
大切なのは、

「気合と火力と辛抱と俺とお前と大五郎。」
って習いました。


気合を込めて笹かまを焼き台に置いて
火力を信じてじっと辛抱。



e0353732_23352807.jpg



ひっくり返して更に焼く。
我慢、ガマンのがまんの子。


e0353732_23352341.jpg





5分位待ったでしょうか。。。
ヨシ!という先生の合図で
ぷくっとふくれた笹かまをアツアツでいたただきました!
残念ながら食べるのに夢中で写真は無いのです。



e0353732_23351493.jpg



その後、おしゃれに「松島豆乳スムージー」(無料)をいただきました。



e0353732_23352463.jpg



「えー!これも無料でいいんですか??」(両手を出しながら)
って思わず言ったよね、確か。



松島町の豆腐屋さん「真壁豆腐」の豆乳と
ブルーベリーも松島町産のものを使っててとても美味しかったです。




で、ドリンクを飲んでまったりしようかと思ったら
おもしろいおばちゃんが大声で客引きしていて
もう、誰かれ構わず声をかけて座っている我らにも声をかけて
でも、迷惑じゃない感じの声がけで、私おばちゃんとか大好き
だから、ふらふら近づいていって思わず買ったった。



e0353732_23353231.jpg



利府の海苔を使った海苔汁とおにぎりセット。
家で朝ご飯食べて、笹かま食べて、スムージー飲んで
けっこうお腹いっぱいだったのに
場の雰囲気ってやつ?生のコミュニケーションってやつ?
そういうのに負けるよね。



というわけで9月も開催されるようなので
お近くの方はどうぞ、行ってみてください。
詳細はコチラ→


※無料のものはその時だけのたまたまなのかもしれないので
いつもあるとは限りません。あしからず。

by misaki_photo | 2015-08-27 07:30 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(0)

ダイソンがやってきた!


e0353732_15560448.jpg

ダイソンを買いました。
とは言っても掃除機じゃなくて
布団クリーナーのほう。(掃除機もほしいけど)



私、この年でまだアトピーっ気がありまして
血液検査を受けたら、「ダニノミの可能性あり!」という
判定を受けました。



それならばと、すぐに、デスノートに
「ダニ」と書き込んだのですが
効果が無いようなので、文明の利器でヤツラを
根こそぎ吸い取ってやる!と決心したのです。




e0353732_15562772.jpg



レイコップとダイソンとどちらにしようか悩んで
さんざんネットで調べて、予備知識蓄えて電気屋さんへ行って
さも何も知らない振りして質問してみて(←イヤらしい)試して
いろいろ教えてもらって、結局、ダイソンのにしました。
決めてとなったのが吸引力。
しかもダイソンキャンペーン中でかなり安くなり。



家に連れて帰って、まずは座椅子で吸引力を
みてみたら、すぐにこんなにたまりました。
       ↓ 【閲覧注意】




e0353732_15562935.jpg





いや、座椅子、まぁきれいではなかったども
こんなに速攻溜まるとアセるよね。



というわけで夜な夜な、というほどではないですが
定期的に吸引しています。
目指せ!N・D・S!(NDS=ノーダニせいかつ。DAIGO風味)




by misaki_photo | 2015-08-27 00:00 | Trackback | Comments(0)

沖縄でストレスレスになったのレス。







e0353732_14361081.jpg







沖縄にトリポー(トリプル)台風が近づいていた7月。
3つの台風が近づくなんて・・・と嘆いていた私は
島で働いていた頃の同期入社の友人の結婚式に呼ばれていました。


「台風にまで招待状出してたの?」なんてみんなで言い合いながら
天気予報を毎日チェックしてて、結婚式の日は台風が去った翌日に
なりそうだと天気読み。
なんとか、暴風残るなか、那覇空港に到着できました。


結婚式は300人近い参列者。
それを新婦の叔父が司会するという。
叔父さんは司会業をしているわけじゃなくて
素人さんなんですよ。
なのにすごく上手い。NHKを退職したアナウンサーかと思うほどのしゃべり。
さすが、沖縄、芸達者アイランドです。
300人なのにアットホームな心温まる
とても素敵な式でした。



◆◇◆◇



さて、今回の来沖は2泊3日で慌しかったので
フリーな日は1日のみ。
なので友人たちには会えないなあと思って
連絡はせずに、ふら~っと【会える人に会えたらいいさぁ】
っていうコンセプトで過ごしました。



e0353732_14363691.jpg

        *photo:ハム太郎




とりあえず、私が暮らしていた読谷村には行きたかったので
レンタカーに乗って読谷へ行き、やちむんの里でやちむんを
買って、お世話になっていた沖縄イチ有名なパンケーキ屋
「ヤッケブース」へ顔を出す。



e0353732_15104094.jpg





まったく連絡をせず、ひょっこり顔を出したもんだから
いやまんず、驚かれました。
久々のヤッケのパンケーキ、おいしかったー!
こんなおいしいものを読谷に暮らしていた頃は
寝起きで歩いて行けてたなんて、幸せだったなぁ。



e0353732_14362230.jpg




e0353732_14362074.jpg


結婚式で久々に大好きな友人や元上司に会えて
他愛も無い話をしながら過ごした今回の沖縄。
沖縄に帰るまでは、すぐイライラしたり
気分がモヤモヤしたけれどたった2泊ですごく
スッキリしました。沖縄の、少なくても私の友人たちは
ハッピーな人々です。大変な毎日も前向きに毎日を楽しく暮らす人たち。
そういうことを忘れかけていたよ。



前職の頃、仕事柄よく「旅行でリフレッシュしました」なんて
聞いていたけど、ストレスが少なかったあの頃は
あんまり実感無かったわけ。
だけど、今なら「DA・YO・NE!」っていえる。
またいつか、エネルギー補給に帰ろうね!











by misaki_photo | 2015-08-25 07:30 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(2)

松島土産にコーヒー豆を。




e0353732_15084568.jpg





毎朝コーヒーを飲んでます。


仙台にいた頃は、実家近くのコーヒー豆屋の
コーヒーを飲んでいましたが、さて松島では
どうしようか、と考えていた頃。


松島にもコーヒー豆屋さんが
あることを知りました。



それが
「MIL HOJAS」(ミルオッハス)さん。


e0353732_15084021.jpg



とある日曜日に尋ねてみたら
「SUNDAY TASTING」という名前で
いくつかのコーヒーを味見させてもらえました。



e0353732_15084312.jpg




酸っぱいコーヒーはイヤで避けてきた私ですが
飲まず嫌いだったんじゃないかと、ためしに飲んでみたり(やっぱり苦手を再認識できました)
好きなタイプのコーヒーのなかでも微妙な味の違うものを
飲んでみたり、オーナーさんのコーヒーの話を
聞きながら、ゆっくり選べました。




e0353732_15084728.jpg





先日、ミルオッハスさんから家にチラシが入っていたのですが
お店で住所などを登録すると松島町内無料で
配達してくれると書いてありました。
土日は忙しくて開店時間内に
買いにいけないことも多いので便利そうです。




「松島のお土産にコーヒーを」
なんていうふうになる日がきたらいいな。
もちろん、お土産だけじゃなくてふだんづかいにも!!



●ミルオッハスさんの詳細はコチラ⇒
※松島海岸からは少し離れています。
※カフェではありません。

by misaki_photo | 2015-08-24 07:30 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)

ラッキーストライク!

e0353732_14175411.jpg




先日の、イーグルス対ファイタース戦を観戦していたら
ファイタースの杉谷選手の打ったファールボールが
内野席後ろの壁にぶつかって大きくワンバウンド。
跳ねた勢いで内野中段の私の席にポトリと落ちてきました。




ラッキーストライク!




なお、試合の結果は(ry


by misaki_photo | 2015-08-21 07:30 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

初めての「海の盆」。

e0353732_10540552.jpg





8月15日、16日の二日間、
私の暮らす松島町で夏祭りがありました。
震災前までは盛大に花火が上がるお祭りが
松島であったそうですが
それに行ったことがない私にとっては
初めての松島の夏祭り。




その名も・・・
「松島流灯会 海の盆」
(まつしまりゅうとうえ うみのぼん)




コンセプトを調べてみると・・・(公式HPより)
◎「霊場としての供養を大事にしながら、夏祭りの賑やかさを楽しむ」
◎「東北の霊場「松島」では東日本大震災を受けた2011年に、鎮魂と供養を考え、七百年間続く「大施餓鬼会」と「灯籠流し」の伝統を大切にしながら、景観や歴史、寺町文化に根ざした「ふるさと」の夏を分かち合える祭りを目指しています。
            


e0353732_10541321.jpg




観光地だからといって華々しいものに重きをおくよりも
地域で手作りで作り上げながら、供養というお盆本来の
意味を考えるという、お祭りのようです。
素敵なコンセプトですね。
観光地としては勇気ある決断ですね。




◇◆◇◆

e0353732_13264187.jpg



さてと、
車を停めて、五大堂へ向かいます。
到着してプログラムを見てみると
どうやら、五大堂だけではなくて
瑞巌寺の参道では小学生が作った灯篭を置いていたり、
その付近にある古民家などでのライブなどもあったり
お散歩しながら楽しめそうです。

e0353732_10540936.jpg


ぶら歩きを終えて
お祭り会場に戻ってきたら
さっきとはうって変わって大勢の
お客さんであふれていました。


e0353732_10541619.jpg


e0353732_10540723.jpg




少しずつ夜が近づいている空を眺めながら
たふたふと揺れ動く水面を眺めながら
ビールと焼きそば食べました。


海を背景にしたやぐらからは
「生演奏」の盆踊りの歌が流れてきます。
聞こえてきたのは、斉太郎節からの「大漁唄い込み」
この松島で、松島を舞台にしたこの民謡を生歌で聴けるのです。





e0353732_10541401.jpg




ちょうど、今回の海の盆で演奏された
「大漁唄い込み」のyoutubeがあったのでお借りします。




           






歌詞の中に出てくる「瑞巌寺」も「海も山」も
まさに目の前にあって、歌の情景が浮かんできます。
なんてゼイタクなんだろう。




e0353732_13264498.jpg




沖合いのほうでは灯篭流し船から灯篭が五大堂のほうへ向けて
流れてきます。






風情のある風景。







そんな気分で、20時を迎えたら
花火が上がりました。
てっきり花火は無いと思っていたから
思わぬ花火でラッキーストライク。






e0353732_10541819.jpg





これから長く暮らす町。
レンタルビデオ屋もスタバも無いけれど
誇れるものがたくさんありそうなそんな
発見が続いています。





◎海の盆公式HPはコチラ⇒
◎また、祭りの様子が良く分かるyoutubeもあったので
ご覧ください。           ↓↓












by misaki_photo | 2015-08-20 07:30 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(0)

真夏の日本海で海水浴を②。

e0353732_15260383.jpg







「ドボンしようぜ!」
合言葉に、日本海で海水浴に挑む我ら一行。




e0353732_15255456.jpg




青、蒼、碧、たくさんのアオイロに包まれた
湯の浜海岸で、(沖縄以外では)何十年ぶりの海水浴へとレッツラゴー!



e0353732_15255002.jpg
e0353732_15255599.jpg

e0353732_15255705.jpg


泊まったホテル「亀や」さんからは歩いて3分くらいで
浜までいけるのでとっても便利。



e0353732_15260272.jpg




とはいえ、海の家が密集する場所からは少し離れているので
不便ではあるけど海水浴客の数が圧倒的に少ないので
ある意味過ごしやすい。



しかも、チェックアウトした後も荷物や貴重品を預かってもらえる上に
15時までならお風呂も借りられるのでアフター海水浴も快適です。
亀やさん、とっても助かりました。





ってことで、9時半頃にビーチに到着して
真夏の子どもさながらに久々に海遊びに熱中しました。





シュノーケルセットを持っていったんだけど
同行者と取り合うくらい海中世界に没頭しまして
「キス」の大群や「フグの稚魚」の群れ、
そして、海底を泳ぐ「カレイ」を見つけて追いかけて、
追いかけて〜も〜、つかめない、ものばかーりさー。
by チャゲアスが頭のなかをよぎりつつ
遊ぶこと30分以上。




さすがに、この歳になると疲れるよね。
30分が限界です。





e0353732_15255223.jpg



体力が私の中の限界ナダを超えました。
その後は白砂の上でぼんやりしつつ
真心ブラザーズの「サマーヌード」なんて
口ずさんだくらいにして
そうさ、私はしゃぎすぎてる夏の子供さ。



体が温まったら海で冷やして
海で冷やしたら砂で温めてそんなことを
くりかえしたらもうお昼近く。
亀やさんのお風呂をお借りしてスッキリしてから
宮城へ帰ります。



e0353732_15260771.jpg
e0353732_15260508.jpg



湯の浜海岸の近くにあるファーマーズマルシェに
立ち寄って、トマトとヨーグルトのジェラート、
だだちゃ豆とさつまいものジェラートを食べて
湯の浜海岸を後にしたのでした。



同行者は「夏の間、ここに住みたい」(←海水浴もできるし釣りもできるし)
というくらい気に入ってしまって帰り道には来年はどこの宿をとったら良いか
なんて考えながら帰りました。








サマーヌードでシメ!







【おまけの小話】
海中に潜ってしばらくして海面に顔を上げた時
目の前に、ワイシャツに海パンのおんちゃんが立ってました。
ワイシャツで海に入っているもんだからもちろんすけすけ+海パン。
もうね、ヘンタイかと思って大笑いしてしまいました!
ワイシャツで海って!www
おんちゃん、ゴメン!












by misaki_photo | 2015-08-19 07:30 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

真夏の日本海で海水浴を①。


e0353732_15193005.jpg







「海水浴」
なんてノスタルジックな響きのする言葉だろう・・・。




宮城で海水浴をしたのは子供の頃のこと。
沖縄での最後の海水浴は4年前のこと。


それ以来振りの海遊びをしてきました!
しかも、日本海は湯の浜でのんびりと。



◆◇◆◇


松島の出発時間が昼ごろだったので
到着日は海遊びをしないまま宿へチェックイン。
今夜は、湯の浜にある「亀や」へ泊まります。


e0353732_15253942.jpg







それにしてもこの時期、海水浴客でこのあたりの
ホテルは大人気のようで、ネットで空室の一瞬のスキをついて
予約しました。





食事は、まあまぁでしたが




e0353732_15254303.jpg
e0353732_15254554.jpg
e0353732_15254649.jpg




眺望は海が真正面でナイスビュー。


e0353732_15254887.jpg







ちょうど食事時には夕日が沈むのが見え
日が暮れたあとには夏休み限定の花火大会も
鑑賞できたので宿としては◎でした。




e0353732_15253693.jpg









さてと、明日は海水浴だ!



by misaki_photo | 2015-08-18 07:30 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)