ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【コバルトライン】海と森が共存する場所へ。

e0353732_21333935.jpg


梅雨の晴れ間の日曜日。

せっかくのいい天気だったから、ムダにしたくない。
少し足を伸ばして、牡鹿半島のコバルトラインへ行きました。




コバルトラインはどちらかというと半島の山沿いを走る道路で
山側の高い場所から海を時々見下ろせる絶景ルート。
若い頃から釣り竿片手に牡鹿半島を駆け巡っていた
うちの旦那のT氏も、コバルトラインは小学生以来とのこと。
さて、どんな眺めが待っているのでしょう。



石巻から女川方面へと進み
突如現れた交差点を右折するとコバルトラインは
突然始まる。


最初は山の風景だったんだけど
ある程度登り終えると、早速絶景が
現れました。




e0353732_21330258.jpg




深い森の緑越しに
雄大な大海原が広がる風景。
ここで深呼吸すると山の空気も
海の空気もどっちも吸い込めそうで
呼吸するたびに、こころが満たされる。


そして、またしばらく山道をくねくね進む。
くねくねロードにすこーし酔ってきた気がして
なんとなく遠くを見てたら、遠くを見てたら・・・
次のカーブの茂みでガサガサ動く茶色い物体。


これって・・・

e0353732_21335584.jpg



なんということでしょう。





e0353732_21335865.jpg




「野生のシカ」です。




T氏いわく、夜釣りをしていると
車の数十センチ横まで近づいてくるけど
(あるいは車と衝突することも多々あるらしい)
昼間に出てくるのは初めて見たとのこと。


作物を食べてしまったり
人間にとって迷惑な面もあるようですが
とつぜん目の前に現れたバンビたんは
私にとってはただただかわいい野生動物でした。




そんなこんなでコバルトラインの終点付近に到着。





e0353732_21340626.jpg



どうやら「御番所公園」というところの
眺望が◎なようなので立ち寄ってみました。





e0353732_21342034.jpg



すると、360度見渡せる展望台があって



e0353732_21340916.jpg




目の前には、金華山!
振り返ると、網地島と田代島。




e0353732_21341432.jpg



宮城の島のオールスター戦?ってくらい
大御所たちが佇む海。


「森の豊かさが海の豊かさにつながる」って
よく耳にしますが、街なかに暮らしていると
頭ではわかった気になっても実際、ピンとこない。


でも、こうして大パノラマのなかに深い森と海が
共存している姿を見ると、その言葉がストンと腑に落ちる。


森の養分が海に流れ出す。
そんな自然界のシンプルな循環が
まるで自分が森の一部の、
たとえば、あのシカになったような目線で見えてきた。




◆◇◆◇





お昼にさしかかってきたので
半島の付け根のほうまで戻って
「cafe はまぐり堂」でランチタイムです。
先ほど、私たちを癒やしてくれたシカを
思い出しながら鹿カレー



e0353732_22252688.jpg








e0353732_21350598.jpg



はまぐりセットを食す。
シカさん、南無南無。



はまぐり堂には久しぶりに来ましたが
雑貨屋さんもオープンしているようです。






e0353732_21345123.jpg


e0353732_21344265.jpg



e0353732_21343280.jpg



牡鹿半島に来るたびに
仙台とはまったく違う風景に驚かされます。
これもまた宮城、なんですね。

by misaki_photo | 2016-06-28 07:19 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

gyo-gyo-gyo!



いちお、田舎のなかの都会っ子な私なので
野菜には青虫がいないのがフツウで
魚は切り身になっているのがフツウっていう
そういう暮らしをしていました。



だけど、釣りが命の人と結婚をして松島に暮らすと
仕事帰りに釣りをして、釣った魚をお土産に持ってきたり
青虫がついている野菜をもらったりすることが
増えてきました。


でも、やっぱり苦手であります。
特に、魚。







e0353732_22035083.jpg




先日、60センチ近いマゴチ
釣り人のダンナT氏が釣ってきまして。





最初、「釣れたよ−」って写メが届いた時には
すごーい!と喜々としていた私が家に帰ると
「おかえりー」なんて、T氏とマゴチンが待っててくれて・・・



思わず「ギョギョギョ!」って言ったってば。





いやあ、ホンモノの魚はグロいよね。
ドゥルンとしていて、一瞬でサブイボ立ったよ。




んで、袋のなかに入れてシンクに置いてたら
時々動くの、マゴチンってば。
そのたびに私、怯えて仕事にならないから
洗面所に移動させられてたよね、たしか。






e0353732_22055482.jpg






そして、さばかれるマゴチン。
まさに、お命頂戴つかまつる!






皿に並べられるマゴチン。

食べるボクチン。






e0353732_22035422.jpg




まったく臭みがなくておいしかったんだけど

生前のあのグロい姿を思い出さないように

思い出さないようにと頭で繰り返すほどに

かえって思い出してしまった

田舎のなかの都会っ子

団地出身の軟弱っ子だと

思い知らされたのでした。

私は強くなりたい。





by misaki_photo | 2016-06-06 06:58 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(2)

【松島のパン②】ぱんやあいざわ。

e0353732_21191064.jpg


4月のこと。


まいにち、まいにち、
心待ちにしていたお店が
松島にオープンしました。



それが、
「ぱんやあいざわ」さん。




e0353732_21190618.jpg






以前、「zizoベーカリー」という松島のパン屋さんを紹介しました。
zizoさんは週に一日のみの営業なので、なかなか買えなかったのですが
こちらは定休日以外は買えるのです。




なので、休みの日の朝に買いに行ったりと
お世話になっています。




e0353732_21541305.jpg




初めてお店に訪れた日はまだ
桜が咲いている時期だったので
買ったパンを片手に
これまた松島のコーヒー豆屋さんの
「ミルオッハス」のコーヒーを淹れて
お花見がてら野外で食べてみました。




e0353732_21384544.jpg





クロックムッシュ、
んまんまー!





e0353732_21191714.jpg





しかも、桜が咲いているのに誰もいなーい。




貸切状態の桜並木道で
初めてのあいざわさんのぱんを
いただいたのでした。




夕方になると、売り切れる人気のお店です。
バゲットかじりながら松島を歩く人が増えたら
松島の風景が変わるはず!
いや、シャンゼリゼ通りにもそんな人いないか。
おかしいねww




場所は五大堂の向かい側にある
雪竹屋(松華堂)さんの横の筋道を
道なりに進んでいって右手にあります。




松島は遠くないよ、
ぱんを買いに、松島へどうぞ。










by misaki_photo | 2016-06-03 07:01 |  L松島で買う。 | Trackback | Comments(0)