ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「松島湾に住むと朝の時間はこんなにぜいたくに過ごせるよ」っていう自慢話。


e0353732_00064873.jpg






「早起きは三文の徳」とは言うけれど
今日は「早起きは掛け値なし」だと感じた
松島の朝の時間について、自慢させてください。



松島の新しい魅力を探る皆さんと最近時々集まっています。
そんなステキな皆さんと朝の散歩に出かけたのは
数日前までの寒さが少し緩んだ11月の上旬の頃。





ーーーー【252メートル先の別世界へ】ーーーー



朝の5時半に集まって向かった先は、松島町にある「福浦島」。
松島のシンボルのひとつでもある赤い大きな橋で結ばれた島というと
思い出す方も多いかもしれません。


福浦島へ向かう福浦橋は252メートルあるそうで
橋を渡るにつれて一歩一歩現実から切り離されて
「島」という別世界へ向かっている気持ちが高まります。
しかもその別世界は、歴史や自然に溢れていて眺めも別格の日本三景。
252メートルの橋、252メートル先の別世界へ行くことができる贅沢さ。



朝6時頃、あたりは薄暗くてまだ眠る島を起こさないように静かにと思いながらも
非現実的な世界に飛び込んだ私たちは嬉しさを隠しきれずに楽しくて声を出す。
だけど、響くのは私たちの声と島の呼吸だけ。



夜明けは一気にやってきた。



e0353732_00060398.jpg







島の突端に到着した頃、鳥の群れが羽ばたく合図で夜が明けた。
逆光で松島の島々の輪郭がはっきりとする。
海の色は橙色から黄金色へ刻一刻と変わる。
一瞬も目が離せない。まばたきするごと違う色になる。




e0353732_00054794.jpg

e0353732_23034267.jpg





e0353732_00060973.jpg






今が寒い時期でよかった。
朝日が昇り、それと同時に冷たい空気があたたまるのを感じられて
そんな光と空気に触れることでより一層朝日のやわらかなエネルギーを浴びた気がしたから。






e0353732_00055801.jpg





持ってきて下さったコーヒーも「べっぴん」な味。



e0353732_00062717.jpg
e0353732_00063725.jpg





福浦島にある神社の格子に置いてあっただるま。
これって、瑞巌寺のおみくじですよね。
いつの頃からか誰かが置き始めたみたい。
残り三箇所くらい空いてましたw




実は、浜辺にも降りられるんですよ。


e0353732_00065355.jpg

e0353732_00061527.jpg





島のなかにはこんな広々とした公園もありました。






e0353732_00065804.jpg






さてと、7時半になりました。
すっかり朝です。







e0353732_00070257.jpg





私はこの日、お散歩後に仙台への通勤が待ってました。
来るときは一歩一歩別世界へ向かう252メートルが
帰りは現実へ戻る252メートルになりました。







e0353732_00064397.jpg





だけど、現実には戻ったもののいつもの通勤ルートが輝いて見えて
ラジオの声がやけに雑音に聴こえて、キャロル・キングを流しながら
朝の散歩の余韻に浸りながら通勤しました。



職場へ到着すると、眠さは全然なかったものの、ほんの30分前のできごとが
昨日のことだったような、別の世界から瞬間移動してきたような不思議に覚醒したような気持ちに
包まれていました。
本当に気持ち良い時間を過ごせました。






【おまけ】

e0353732_00102016.jpg








福浦島某所に書いてありました。
落書きはイクナイ!けど、ちょっとおもしろかったりする。




















by misaki_photo | 2016-11-14 07:11 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

芋煮会2016。


e0353732_20153482.jpg





年に一回、宮城県人でよかった〜と思うイベンツ、
それが芋煮会。


去年はあいにくの雨で屋外でできなくて
今年も天気予報は雨マーク。
でも当日、晴れた!どんと晴れ!
今年は、紅葉真っ只中の秋保での開催なので
いつも以上にワクワク高まる。




e0353732_20153979.jpg




会場になった「秋保 木の家」では
もう皆さんが完璧な準備をして下さってて
(遅刻してしまってごめんなさ~い(;_;)
川原の特等席をゲットして下さってました。





アウトドアに精通しているYさんのお陰で
ダッチオーブンでローストビーフを作ってもらったり




e0353732_20151683.jpg
e0353732_20151143.jpg
e0353732_20150736.jpg
e0353732_20145540.jpg





強運の持ち主のSさんがくじで当選した
仙台牛を食べることができたり





e0353732_20144232.jpg




もちろん主役の芋煮も、んめんめとほうばれたし






e0353732_20144890.jpg



紅葉真っ只中の秋保というロケーションで
最高の時間を過ごせました〜!





e0353732_20371183.jpg







夜、風呂上がりの体からほんのり香る煙の匂い。
あの楽しい時間はマボロシじゃなかったんだなぁと実感しています。
(注:ちゃんと体は洗っていますww)





【おまけ】

e0353732_20152781.jpg

振り返ればいつの間にか、すごい人の数でした!

by misaki_photo | 2016-11-04 07:21 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

鳴子とコメと牛の女王。


e0353732_22060071.jpg






紅葉真っ盛りの日曜日、
鳴子へ行くことにしました。


県内のテレビ番組で連日鳴子の紅葉特集が流れていたので
これは、混むべなと予測して朝8時半に出発。(←さして早くないw)


鳴子に到着した頃はほんのりと渋滞しかかっているような状態。
今回は鳴子峡ではなくて、鳴子ダムが目的地だったので
鳴子峡近くの本格的な渋滞になってきたころには、
鬼首方面へスイスイと向かいました。



さて、鳴子ダム。
鳴子にだむ?dam?ダム?
あるんですねぇ、ダム。
しかしこのダム、想像以上に紅葉がきれい。





e0353732_22061681.jpg



目の前に迫ってくる山をダムという人工物が引き立てるという絵が
思った以上に美しかったです。絶景。





e0353732_22054357.jpg



鳴子ダムを見た後はそのまま鬼首の
「かんけつ泉」へ行きました。
かんけつ泉なんてご幼少の頃以来ですよ。
もはや記憶にありません。


だどもこの入口見てください。





e0353732_22091188.jpg




すっごい味がある。
絶対、私が子供の頃もこの入口だっただろうと
想像できる佇まい。昭和40年頃から時が止まっているよね。
好きです、こんな感じ。





e0353732_22045038.jpg


かんけつ泉って地中の水蒸気があたたまって
吹き出してくるんだって。





e0353732_22051333.jpg






自然の摂理なのに、10分おきに吹き出すんだって。
ふーーーん。




怪しい!






陰謀論とかが大好きな懐疑的な人間の私は
絶対、10分毎に誰かがバルブを回してるんだハズ!wと
鼻息荒く、辺りを見回してみましたが、そのようなものは
ございませんでした。
自然ってすご~い。
ではもう一度、見てみましょう。



何もない場所から・・・



e0353732_22044592.jpg





モヤモヤと蒸気が出てきて・・・




e0353732_22043733.jpg




ぶしゃ〜!!っとな。





e0353732_22034436.jpg





e0353732_22024208.jpg



これって夜の間も吹き出しているのかなと
温泉卵を食べながらふと思う。
そらそーだ。



e0353732_22021312.jpg



温泉に入ってお昼を食べて
松島に帰る道すがらラジオを聞いていたら
岩出山から鳴子峡まで20kmの渋滞だとな!
早めに出発してて良かった〜。
この時期、鳴子に行くときはくれぐれも早朝着で。






e0353732_22003248.jpg

帰り道の友は新米の団子。
新米で作ったのか新米が作ったのか
くだらない論議で車内が白熱するほど平和な秋の日。





e0353732_22015636.jpg



e0353732_22013646.jpg


山葡萄もきのこもおいしそうだったな。





【おまけ】
帰り道に見つけた看板。
「コメと牛の女王」www


e0353732_22012043.jpg


しかも全米ナンバーワンって。
こういうのも、大好き♡




by misaki_photo | 2016-11-01 06:59 |  L 大崎市 | Trackback | Comments(0)