ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

海と音楽とコーヒーと。

前に、南三陸町へ来た際に
この看板を見てからずっと行ってみたいと
思っていたカフェがありました。



e0353732_21255265.jpg




「景色はおいしいコーヒー屋」
「まずいコーヒー屋」



(字体もふくめ)そのインパクトゆえいつかまた通ることがあったら
行ってみたいと思っていたので、今回、さんさん商店街からの帰り道に
立ち寄ってみました。





e0353732_21254687.jpg


志津川のホテル観洋の並びにあるので
絶景なのは間違いないだろうなぁと
入り口を入ると、シュナウザー犬が
お出迎えしてくれました。




そして、オープンエアに開かれた窓からは
絶景が広がっていました。



e0353732_21253777.jpg




この日は25℃以上になってとても暑い日でした。
店内はクーラーが無いので座っていると
ほんのりと汗ばんできます。
でも、そこに海からの風が爽やかに吹き抜けて
ほんとうに気持ちいい。
海のまんなかを船がポンポンと音を立てながら
通り過ぎる。
店内を流れるAORの穏やかな旋律。
音楽が体に沁み込んでくる。



この感じ、すごくすごくすごく好き!



沖縄にあるカフェの雰囲気にとても似ていて
懐かしい、この感じ懐かしすぎて嬉しくなる。



最&高!




あの怪しい看板と店内のギャップがありすぎと
思ったけども、マスターはとても個性的な方
のようなので(議員さんをしてたり神主資格を持っているとか!?)
あんな看板を作っちゃうのもあり得るのかな。
(店内にツッコミどころもいくつかあったしね 笑)



ということで、
こちらで今年初めてのアイスコーヒーをいただきました。



水出しアイスコーヒーでとてもすっきりおいしかったので
家にもコーヒー豆をお持ち帰りしました。



e0353732_21472830.jpg


e0353732_21473369.jpg


これもまた美味でした。



三陸道も延びて、松島からは1時間くらいで
行けそうなので晴れた休日には、またぶらり尋ねてみよう。
そして、心ゆくまで景色と音楽とコーヒーに
どっぷりと浸かる休日を過ごしてみよう。










by misaki_photo | 2017-05-30 21:34 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)

あたらしいさんさん商店街。

e0353732_22000263.jpg



田束山でつつじ鑑賞したあとは
3月に新しくオープンした
「南三陸町さんさん商店街」
移動しました。



こちらもGWのニュースでは何キロも渋滞していたというので
渋滞覚悟で挑むと、またもやスイスイでした。



で、ランチにしたわけですが
今シーズンの「きらきら丼」は
「ウニ丼」であります。
なので、T氏はウニ丼を食べて
私は海鮮丼にしました。




ウニ丼
e0353732_21593909.jpg



寄りで。




e0353732_21595283.jpg



「ウニの味だけで飽きない?」と聞いたら
シソの味とわさびの味と部分ごとに変わるからダイジョーブとのこと。



e0353732_21593283.jpg


私の食べた海鮮丼もおいしかったです。




e0353732_22001276.jpg



外で食べることもできます。



e0353732_22003016.jpg



店先のフラッグもかわゆす。↓



e0353732_22163776.jpg





目の具合が悪い人は視力も測れますよってか。





e0353732_22001661.jpg




おや??




e0353732_22002104.jpg


この町では、視力を測るときには
「フカヒレ、左←」、「ホタテ、上↑」とかで
測るんですね!舌噛みそうだけど、さすがは、海の町。



さてお土産はかわゆい
イヌヌンの絵が書かれた器のプリン。


e0353732_22211554.jpg



その名も・・・



e0353732_22212169.jpg


「卵皇(らおう)のプリン」




カワイイ顔して、修羅の国のあの方を思い出させるネーミングでつね。
内海賢二さんの声で「ラオウのプリン」と脳内再生されましたよね、たしか。




卵は、先に訪れた田束山でとれた卵を使っていて
天然素材で作られているそうです。
さんさん商店街へ訪れたら探してみてくださいね!









by misaki_photo | 2017-05-28 21:54 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)

南三陸のつつじ山。




e0353732_21361850.jpg





先週の土日は、晴れマークひとつの快晴!
この晴れに誘われて、南三陸町の田束山へ行ってきました。
(最近は気仙沼〜南三陸町の記事が多いですね、私)


田束山はたつかねざんと読みます。
ってエラそうに書いていますが読めたのは
今回訪れるために調べたから。
それまでは「タタバヤマ」としか読めなかった私。
国語能力というか地理能力の乏しさがわかります・・・トホホ。



このタタバヤマ、もとい田束山はつつじが群生して咲く山として
有名なんですね。
21日〜の週末が満開になるでしょうとニュースで流れていたので
行ってみたのでした。





◇◆◇◆





数年前にはこの時期シャトルバスが出ていたと聞いたり
GWのときの気仙沼方面の激混み道路事情を思い出して
朝8時には松島を出発して9時過ぎには到着しました。
途中、肩透かしをくらうくらいに道路はスイスイ走れて
なんだか拍子抜けです。
なので、駐車場も待つこと無く停め放題でらくらく駐車完了。
(※10時に帰る頃には誘導員さんも配置されるほど混んでいましたよ)





e0353732_21345524.jpg



汗をかきながら駐車場から田束山の山頂へ到着すると
そこには想像以上の風景が広がっていました。




e0353732_21351528.jpg


e0353732_21352006.jpg


e0353732_21343797.jpg



e0353732_21344633.jpg




e0353732_21351162.jpg




山肌一面真っ赤に染まる様子は圧巻で




e0353732_21423553.jpg




緑の木々とつつじの赤色とのコントラストが見事です。









ん?





e0353732_21430000.jpg




つつじの妖精さん、めーっけ♡


by misaki_photo | 2017-05-26 21:50 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)

【気仙沼⑤/最終話】GWゴテゴテの旅。

e0353732_22342436.jpg


気仙沼に来たら行きたい場所がありました。
それが、「安波山」という山。



東日本大震災のときにサンドウィッチマンの2人が
逃げて生き延びた場所。
いったいどんなところだろう。




::::::::::




そこは市内から車で10分くらいのところにあり
市街地を一望できる場所でした。


一望できると同時に市街地がとても近い位置に見えてしまいます。
震災の時、彼らがここから見た風景はどんなに悲惨だったのか
考えさせられました。


また、先程訪れた気仙沼大島には以前はロープウェイがあったそうです。
しかし、今はありません。
実は、震災のときに津波により漏れた重油で山火事が起きて
ロープウェイを伝った炎が亀山という山の頂上まで燃え移り
島が燃え尽きてしまいそうなところを島民たちが総出で鎮火させたそうです。
知らなかった。


今回の旅行でまだ知らなかったことを
知ることができました。



突発的に出かけた気仙沼だったけど
たくさんのことを得られました。



by misaki_photo | 2017-05-24 21:33 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)

お馬の背くらべ。

利府町にある「馬の背」というビュースポットは
私が好きな場所ということもあって、このブログでも何度か
載せてきました。


ある日、お隣の東松島市の宮戸島に
馬の背に似た景色があると聞いてから
好奇心ムクムク。



どこにあるのかな?と
調べていくと、それは月浜の近くにある
「新浜岬」という場所だとのこと。



さて、行ってみよう。




◆◇◆◇◆◇





まずは宮戸島の「月浜」に到着です。
「月浜」ってとてもいい名前。





そこから遊歩道を歩いて・・・

e0353732_19291905.jpg



竹やぶのトンネル風味な道をとおり過ぎて・・・



e0353732_19290582.jpg


なんとなく冒険気分・・・



e0353732_19291354.jpg



そして、開けたるは大海原!



e0353732_19294481.jpg


からの、馬の背〜。(宮戸Ver)





e0353732_19292922.jpg


ふむふむ、たしかに利府の馬の背に似てますね。
利府はこんな感じ。↓



e0353732_20083340.jpg



宮戸の馬の背はこんな感じ。↓



e0353732_19293658.jpg




【馬の背@利府】
・向かって左側に湾曲しています。
・丸みを帯びたフォルム→女性的
・海面に岩の部分がかなり近い部分もあります。
・先端まで歩けます。


【馬の背@宮戸】
・向かって右側に湾曲しています。
・岩肌がとてもゴツゴツしています→男性的
・海面から
・先端まで歩けません。



女性的な利府の馬の背→牝馬の背
男性的な宮戸の馬の背→牡馬の背



私が感じたのはこういう違いでしたけど
ぱっと見、同じだよね〜。
こんな不思議な風景が2ヶ所もあるなんて
驚きでした。




e0353732_20114150.jpg







というわけで、新浜岬でした。












おまけ◎
e0353732_21284176.jpg
ネッシーみ~っけ。

by misaki_photo | 2017-05-22 20:17 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

【気仙沼④】GWゴテゴテの旅。

約1時間の島内観光を終えて
気仙沼に戻ります。
今度は夏に、旅館を予約して
海水浴しながら遊びに来ますねと
心のなかで約束しました。



次に来るときは、車で橋をわたるのかな?




e0353732_22280131.jpg



それとも、まだ船がある頃なら船で来るのかな?




e0353732_22264093.jpg



そんなことを考えてノスタルジックな気分に浸れるのは




e0353732_22263531.jpg



おそらく、この船の内装がとてもレトロで味わい深いから。




e0353732_22263125.jpg




午後の日差しが差し込むと、ますます懐かしい雰囲気になるのです。
そして、まだ船がある頃に来たいなあと思うのです。




by misaki_photo | 2017-05-20 20:25 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)

パッチワークの森。

e0353732_22530526.jpg
e0353732_22525630.jpg
e0353732_22530292.jpg
e0353732_22530952.jpg
e0353732_22531281.jpg


5月上旬の山は、いろんな緑色が混ざりあって美しい。
いろんな緑色がつぎはぎみたいにつながりあってパッチワークのよう。
さらにこのパッチワークは、日に日に色が変わるから毎日変わるから飽きないのです。



by misaki_photo | 2017-05-19 19:14 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)

【気仙沼③】GWゴテゴテの旅。

e0353732_22035807.jpg





うみねこやかもめと戯れながらの船の旅を終えて
いよいよ、気仙沼大島へ上陸しました。



船で島へ訪れるときって最高の気分だよね。
海を渡って、陸から離れた場所へやってきた感というか
そういう高揚する気持ちがありますよね。



とりあえず、観光協会へ行って自転車を借りたり
情報収集しようと、港から数百メートル歩きました。
自転車はちょうどラスト2台だったようで
島の地図とあわせてGET!



ラスト2台を手に入れただけでもラッキーで
ぜいたくは言えないのですが、
「電動付き自転車がよかったなぁ!」というのが
最初の感想。



なんせ、この島、起伏が激しいんです。
山あり谷あり泣き笑いの島。




e0353732_22181620.jpg
↑かろうじて撮ったよの一枚。



なので、島内の写真はほぼほぼ皆無。
そんななか、サイクリングの休憩時間に撮りました。




e0353732_22040556.jpg


e0353732_22042070.jpg




ハワイかな?沖縄かな?
気仙沼大島の海はただただ美しい。




e0353732_22043564.jpg





選ぶのも楽しくなるような貝殻もあり〼。





e0353732_22044043.jpg


気仙沼大島って、椿がアレなんでしょ?ってことで
撮っとかなくちゃの一枚。
ここ、超急勾配の上り坂だったんで
生き絶え絶えで、ファインダー覗く目は、白目全開。




e0353732_22214074.jpg


ゆるキャラ的なのも見つけたよ。
かわいいねぇ。



e0353732_22214555.jpg


かわいいねぇ。



e0353732_22220397.jpg




え!?
かわいいねぇ。
(絶句&白目)

by misaki_photo | 2017-05-18 21:05 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)

【気仙沼②】GWゴテゴテの旅。

e0353732_21495116.jpg



「唐や」で満腹になった我ら一行。


次なる行き先は、気仙沼大島


数年内に完全に橋がかかって定期船が無くなるかもしれない
ということを聞いて、その前に船で行ってみたいという
好奇心に駆られた我ら一行。


しかし、そこはゴテゴテツアーズの我ら一行。
船が出発する5分前にギリギリ到着、からの乗船。
MF5(Majiで船出る5分前)だったよね、ほんと。




乗船時間は30分弱くらいだったでしょうか。
途中、ウワサの橋を見たり、


e0353732_22062395.jpg




かっこいい船を見たり



e0353732_21565149.jpg



松島では禁じられている
うみねこの餌やりを屋外で
ひたすら見ていました。


e0353732_21543246.jpg

おまいを撮ってるわけじゃないのに
華麗にフレームインしてくる、うみねこ。

e0353732_21542787.jpg



からの、うみねこ。


e0353732_21542182.jpg



そして、うみねこ。

e0353732_21541708.jpg

食らう、うみねこ。


e0353732_21544565.jpg


奪う、うみねこ。


e0353732_21544137.jpg



群がる、うみねこ。


e0353732_21543745.jpg









おまいら、
フレームインしすぎじゃね!?








おまけ
e0353732_22062707.jpg



頭だけ黒いカモメを発見しました。
とぼけた顔してめんこかったので
「ブラックヘッド」と呼んで手懐けようとしたけれど
寄ってこないこの子は「ゆりかもめ」の
夏毛バージョンなんだそうです。
一足先に夏なんですね。






by misaki_photo | 2017-05-16 21:03 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)

【気仙沼①】GWゴテゴテの旅。

今年のGWは
ゴテゴテに動いていたら
どこのホテルも予約できなくなってしまい
県内で遊びましょ、ということになりました。



どんだけゴテゴテかというと
行き先は当日の朝に決めるというくらい。
そんな我らが当日選んだ行き先は・・・



気仙沼&大島



なのら。





::::::::::::::::::::





朝9時半頃に家を出て気仙沼に到着したのが
11時半頃。まずは腹ごしらえしましょうと
選んだお店が「唐や」というお店。





e0353732_21293355.jpg




結果から言うと、
いやまんず美味しいしコスパ満点!

であります。





e0353732_21212916.jpg





だってほらごらんよ。
「唐や御膳」というのを注文したんだけどこれがスゴいんだから・・・






e0353732_21213553.jpg



魚のカマの煮付けに





e0353732_21215155.jpg



鶏天、野菜天の甘酢




e0353732_21214152.jpg


ホタテとマグロの刺身。
このホタテが絶品で、コリコリ歯ごたえもありつつ
甘みもありつつ、新鮮だからにおいもない。
さすが気仙沼、おそるべし・・・と思わずにはいられない。




他に、ポテサラ、茶碗蒸し、味噌汁、漬物、食事がついて
さらに食後にはコーヒーが出るんです。
そのコーヒーも丁寧に淹れられてて
喫茶店のコーヒーみたいに美味しいの。



これで、おいくらまんえんかというと・・・


¥1,200 



なんですってよ。



もう、満腹です。
そして、満足です。




思わず、
100万円札を
ポッケから出して
置いてきたってば。







次回、腹くっついヤツラが
気仙沼大島に行く!の巻。



::::::::::::::::::::::





by misaki_photo | 2017-05-14 21:14 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)