ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

MATSUSHIMA ITALIAN TOTO oishii

e0353732_20245365.jpg
*絵画のような店内です(3階フロア)








松島町に引っ越してきて
町にあったらいいなと思うお店の
ベスト1がイタリアンでした。



このたび、念願のイタリアンレストランが
松島町にオープンしました!!!!!



どれくらい念願だったかと言うと
6月1日のオープン前の3日間、
毎日会社帰りにわざわざ遠回りをして
海岸から帰りつつ、お店の様子を
偵察していたくらいwwなのです。



その店の名は
『MATSUSHIMA ITALIAN TOTO』




場所はJR仙石線松島海岸駅の真横。
とてもわかりやすい場所です。



オープンして最初の土曜日の夜
さっそく出かけてきました。





e0353732_20234751.jpg








e0353732_20240255.jpg



はやる気持ちをおさえて店内に入れば
そこはイタリア!



e0353732_20235251.jpg




だけども松島のテイスツも随所に取り入れてあって
嬉しくなっちゃいます。





e0353732_20235765.jpg




メニューも松島湾〜石巻湾の魚介類を豊富に使っている内容でした。







e0353732_20241037.jpg




まず、前菜として「本日の魚介とハーブのサラダ」を注文。
料理が出てきてビックリ。
もはやコレはサラダではなくて「シーフード盛り」だったよね。
ゴロゴロと海の幸が散りばめられてて食べごたえありました。






続いて、ピッツァをば。




e0353732_20241467.jpg


初めてのお店だったので
定番的な味を食べてみたくて
「マルゲリータ」をば。
薄いけれどもちもちとした食感のピザ生地で
チーズの香りとトマトのフレッシュな味がとても
おいしかったです。





e0353732_20241833.jpg



続きまして「ホタテ貝とレモンのパスタ」です。
写真を見ても分かるとおり、ホタテがゴロゴロと
入ってます。しかも甘くておいしいホタテです。
それにもまして、レモンクリームのソースが
んまい!爽やかなレモンの香りとクリームソースって
合うんですね。





e0353732_21014421.jpg




ここでレモンの美味しさに目覚めた私は
デザートでもレモン系をチョイス。



e0353732_20244872.jpg


「さっぱりレモンのティラミス」
ティラミスって言うとチョコとコーヒーソースを
想像しますが、これはその名の通り
レモンが主。
スポンジにもレモン汁をジュワジュワと染み込ませてあって
コーヒーと一緒に食べたけれど、紅茶(があれば)と合いそうな味でした。




e0353732_20244040.jpg


もうひとつは「塩キャラメルのプリン」です。
店員さんが「極限の滑らかさを追求しました!」と
おっしゃるので、では、お願いしますとご注文。
ひとくち食べたら、もうほんとに滑らかで滑らかで。
それに、塩味がけっこうしっかりしてました。






e0353732_21125024.jpg







◇◆◇◆






e0353732_21033866.jpg





18時になるとお店のあかりが消えて真っ暗になる
松島海岸ですが、新しいこのお店から放たれる煌々としたあかりが
変化がはじまった松島を照らす光のように見えました。









詳細はコチラ↓

# by misaki_photo | 2017-06-06 07:37 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)

新・宮戸八景を巡る②

薬師堂をあとにした私たちは
次なる目的地である「稲ヶ崎公園」へ向かいます。


海水浴場として有名な「月浜」からエントリーできるので
バスを月浜に停めて、トレッキングスタート!


e0353732_21295475.jpg


宮戸島は温暖なので、椿の木がとても多くあるそうです。
それが、上の写真。
ウワサは聞いたことがあったのですがほんとに椿が群生してる。
開花したころにここに来たら、椿の花のトンネルが出来てて
さぞかし美しいだろうなぁと思いました。
だども、花が咲く時期はとても風が強くて寒そうだと
想像のなかですでに身震いぶるぶる。Orz。。。





e0353732_21295773.jpg

「稲村ケ崎?」と思わず読んでしまいたくなる稲ヶ崎はパノラマビューでとても気持ちいい場所でした。



e0353732_21294906.jpg
e0353732_21292546.jpg


遠くに七ヶ浜の火力発電所も見えます。


e0353732_22454540.jpg





月浜の方を見ると、先日訪れた「新浜岬」がヨコから見えました。






e0353732_21294629.jpg




こちらは東屋もあったのでお弁当持参で来れば
こんな絶景をおかずにピクニックができるな、と
私のメモ帳には書き込まれたのでした。




では、本日最後の地へ移動します。




稲ヶ崎公園
(詳細な住所がないのでだいたいの場所の地図です)






# by misaki_photo | 2017-06-04 21:28 |  L 東松島市 | Trackback | Comments(0)

新・宮戸八景を巡る①


e0353732_22160829.jpg






「わ〜!晴れた〜!」と
目覚めて最初に叫びたくなるほど快晴になった日曜日。
この日は、東松島市の宮戸島で行われる
「縄文・宮戸祭り」の日。


このお祭りのなかのイベントとして
「新・宮戸八景」という景勝地のなかで
3ヶ所をガイドしてもらえるという
「新・宮戸八景トレッキングツアー」という
企画があったので、参加してきました。



「宮戸島」は島とはいえども島には思えない場所。
だって、野蒜から小さな橋で結ばれているので
気がつかないうちに、島に上陸している場所なんですもの。
でも、そこは間違いなく島なのです。
島独特の空気感がゆらゆらと漂っているすばらしい場所。


なので、前からゆっくり歩いてみたいと思っていたけど
どこから歩いていいものやらと実行できないでいたわけで。
そんなときに、この素晴らしい企画を知り
レッツラゴーと行ってきました。



縄文村に集合した我ら一行。
6月1日に宮戸島にオープンする
宮城県松島野外活動センターのマイクロバスに乗り
最初の目的地である「薬師堂」へ向かいます。




先日、宮戸に新しくできた「あおみな」という
施設の裏手側から、山を登っていきます。



e0353732_21282920.jpg



宮戸島にはこういう尾根を伝うような道がたくさんあって



e0353732_21283097.jpg



地域の人たちが下草払いをしてくださっているようです。
地図には載っていないような浜から登れる尾根道や、
それが大高森や山へとつながっていることで
震災のときには助かった方がいらっしゃるそうです。





e0353732_21292978.jpg




薬師堂へ行く途中にも歴史的なものがありました。
↓政宗公が狩りで訪れたときに鹿を煮て食べたと言われる洞窟





e0353732_21290411.jpg




↓狩りのときに船が到着した浜だそうです。




e0353732_21285327.jpg




↓政宗公が連れてきた馬を繋いでいた場所。
 今は地域の方が憩いの場所にしているそうです。



e0353732_21285940.jpg



↓政宗公が狩りの合間に相撲を取らせたと言われる広場もありました




e0353732_21290286.jpg



↓相撲の広場から海を見ると右下には小さな島とそこから松の木が一本生えていて
 箱庭のような風景がなんとも風流でした。
 こんな景色を見ながら家臣に相撲を取らせて鹿肉を食べちゃう政宗公って
 粋でかっこいいなあ。



e0353732_21292329.jpg



↓海に突き出たところには、鐘つき堂がありました。
 海へ向かって鐘を突く。これまた風流です。



e0353732_21285707.jpg



↓鐘つき堂を背にして階段を登っていくと・・・



e0353732_21295120.jpg



そこにあるのが、薬師堂。




e0353732_21293342.jpg


さらにこの裏の山も登れるそうです。




江戸時代からしたら仙台城からかなり距離がある
この場所にまで政宗公は訪れていたんですね。
そんなことに驚きを感じました。
政宗公も見たであろうこの景色を現代の私たちも
見ているなんて、なんか不思議な気持ちですね。
神聖な気持ちになってこの場所をあとにしました。








【薬師堂】





# by misaki_photo | 2017-06-01 21:04 |  L 東松島市 | Trackback | Comments(0)

海と音楽とコーヒーと。

前に、南三陸町へ来た際に
この看板を見てからずっと行ってみたいと
思っていたカフェがありました。



e0353732_21255265.jpg




「景色はおいしいコーヒー屋」
「まずいコーヒー屋」



(字体もふくめ)そのインパクトゆえいつかまた通ることがあったら
行ってみたいと思っていたので、今回、さんさん商店街からの帰り道に
立ち寄ってみました。





e0353732_21254687.jpg


志津川のホテル観洋の並びにあるので
絶景なのは間違いないだろうなぁと
入り口を入ると、シュナウザー犬が
お出迎えしてくれました。




そして、オープンエアに開かれた窓からは
絶景が広がっていました。



e0353732_21253777.jpg




この日は25℃以上になってとても暑い日でした。
店内はクーラーが無いので座っていると
ほんのりと汗ばんできます。
でも、そこに海からの風が爽やかに吹き抜けて
ほんとうに気持ちいい。
海のまんなかを船がポンポンと音を立てながら
通り過ぎる。
店内を流れるAORの穏やかな旋律。
音楽が体に沁み込んでくる。



この感じ、すごくすごくすごく好き!



沖縄にあるカフェの雰囲気にとても似ていて
懐かしい、この感じ懐かしすぎて嬉しくなる。



最&高!




あの怪しい看板と店内のギャップがありすぎと
思ったけども、マスターはとても個性的な方
のようなので(議員さんをしてたり神主資格を持っているとか!?)
あんな看板を作っちゃうのもあり得るのかな。
(店内にツッコミどころもいくつかあったしね 笑)



ということで、
こちらで今年初めてのアイスコーヒーをいただきました。



水出しアイスコーヒーでとてもすっきりおいしかったので
家にもコーヒー豆をお持ち帰りしました。



e0353732_21472830.jpg


e0353732_21473369.jpg


これもまた美味でした。



三陸道も延びて、松島からは1時間くらいで
行けそうなので晴れた休日には、またぶらり尋ねてみよう。
そして、心ゆくまで景色と音楽とコーヒーに
どっぷりと浸かる休日を過ごしてみよう。










# by misaki_photo | 2017-05-30 21:34 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)

あたらしいさんさん商店街。

e0353732_22000263.jpg



田束山でつつじ鑑賞したあとは
3月に新しくオープンした
「南三陸町さんさん商店街」
移動しました。



こちらもGWのニュースでは何キロも渋滞していたというので
渋滞覚悟で挑むと、またもやスイスイでした。



で、ランチにしたわけですが
今シーズンの「きらきら丼」は
「ウニ丼」であります。
なので、T氏はウニ丼を食べて
私は海鮮丼にしました。




ウニ丼
e0353732_21593909.jpg



寄りで。




e0353732_21595283.jpg



「ウニの味だけで飽きない?」と聞いたら
シソの味とわさびの味と部分ごとに変わるからダイジョーブとのこと。



e0353732_21593283.jpg


私の食べた海鮮丼もおいしかったです。




e0353732_22001276.jpg



外で食べることもできます。



e0353732_22003016.jpg



店先のフラッグもかわゆす。↓



e0353732_22163776.jpg





目の具合が悪い人は視力も測れますよってか。





e0353732_22001661.jpg




おや??




e0353732_22002104.jpg


この町では、視力を測るときには
「フカヒレ、左←」、「ホタテ、上↑」とかで
測るんですね!舌噛みそうだけど、さすがは、海の町。



さてお土産はかわゆい
イヌヌンの絵が書かれた器のプリン。


e0353732_22211554.jpg



その名も・・・



e0353732_22212169.jpg


「卵皇(らおう)のプリン」




カワイイ顔して、修羅の国のあの方を思い出させるネーミングでつね。
内海賢二さんの声で「ラオウのプリン」と脳内再生されましたよね、たしか。




卵は、先に訪れた田束山でとれた卵を使っていて
天然素材で作られているそうです。
さんさん商店街へ訪れたら探してみてくださいね!









# by misaki_photo | 2017-05-28 21:54 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)