ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

南三陸のつつじ山。




e0353732_21361850.jpg





先週の土日は、晴れマークひとつの快晴!
この晴れに誘われて、南三陸町の田束山へ行ってきました。
(最近は気仙沼〜南三陸町の記事が多いですね、私)


田束山はたつかねざんと読みます。
ってエラそうに書いていますが読めたのは
今回訪れるために調べたから。
それまでは「タタバヤマ」としか読めなかった私。
国語能力というか地理能力の乏しさがわかります・・・トホホ。



このタタバヤマ、もとい田束山はつつじが群生して咲く山として
有名なんですね。
21日〜の週末が満開になるでしょうとニュースで流れていたので
行ってみたのでした。





◇◆◇◆





数年前にはこの時期シャトルバスが出ていたと聞いたり
GWのときの気仙沼方面の激混み道路事情を思い出して
朝8時には松島を出発して9時過ぎには到着しました。
途中、肩透かしをくらうくらいに道路はスイスイ走れて
なんだか拍子抜けです。
なので、駐車場も待つこと無く停め放題でらくらく駐車完了。
(※10時に帰る頃には誘導員さんも配置されるほど混んでいましたよ)





e0353732_21345524.jpg



汗をかきながら駐車場から田束山の山頂へ到着すると
そこには想像以上の風景が広がっていました。




e0353732_21351528.jpg


e0353732_21352006.jpg


e0353732_21343797.jpg



e0353732_21344633.jpg




e0353732_21351162.jpg




山肌一面真っ赤に染まる様子は圧巻で




e0353732_21423553.jpg




緑の木々とつつじの赤色とのコントラストが見事です。









ん?





e0353732_21430000.jpg




つつじの妖精さん、めーっけ♡


# by misaki_photo | 2017-05-26 21:50 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)

【気仙沼⑤/最終話】GWゴテゴテの旅。

e0353732_22342436.jpg


気仙沼に来たら行きたい場所がありました。
それが、「安波山」という山。



東日本大震災のときにサンドウィッチマンの2人が
逃げて生き延びた場所。
いったいどんなところだろう。




::::::::::




そこは市内から車で10分くらいのところにあり
市街地を一望できる場所でした。


一望できると同時に市街地がとても近い位置に見えてしまいます。
震災の時、彼らがここから見た風景はどんなに悲惨だったのか
考えさせられました。


また、先程訪れた気仙沼大島には以前はロープウェイがあったそうです。
しかし、今はありません。
実は、震災のときに津波により漏れた重油で山火事が起きて
ロープウェイを伝った炎が亀山という山の頂上まで燃え移り
島が燃え尽きてしまいそうなところを島民たちが総出で鎮火させたそうです。
知らなかった。


今回の旅行でまだ知らなかったことを
知ることができました。



突発的に出かけた気仙沼だったけど
たくさんのことを得られました。



# by misaki_photo | 2017-05-24 21:33 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)

お馬の背くらべ。

利府町にある「馬の背」というビュースポットは
私が好きな場所ということもあって、このブログでも何度か
載せてきました。


ある日、お隣の東松島市の宮戸島に
馬の背に似た景色があると聞いてから
好奇心ムクムク。



どこにあるのかな?と
調べていくと、それは月浜の近くにある
「新浜岬」という場所だとのこと。



さて、行ってみよう。




◆◇◆◇◆◇





まずは宮戸島の「月浜」に到着です。
「月浜」ってとてもいい名前。





そこから遊歩道を歩いて・・・

e0353732_19291905.jpg



竹やぶのトンネル風味な道をとおり過ぎて・・・



e0353732_19290582.jpg


なんとなく冒険気分・・・



e0353732_19291354.jpg



そして、開けたるは大海原!



e0353732_19294481.jpg


からの、馬の背〜。(宮戸Ver)





e0353732_19292922.jpg


ふむふむ、たしかに利府の馬の背に似てますね。
利府はこんな感じ。↓



e0353732_20083340.jpg



宮戸の馬の背はこんな感じ。↓



e0353732_19293658.jpg




【馬の背@利府】
・向かって左側に湾曲しています。
・丸みを帯びたフォルム→女性的
・海面に岩の部分がかなり近い部分もあります。
・先端まで歩けます。


【馬の背@宮戸】
・向かって右側に湾曲しています。
・岩肌がとてもゴツゴツしています→男性的
・海面から
・先端まで歩けません。



女性的な利府の馬の背→牝馬の背
男性的な宮戸の馬の背→牡馬の背



私が感じたのはこういう違いでしたけど
ぱっと見、同じだよね〜。
こんな不思議な風景が2ヶ所もあるなんて
驚きでした。




e0353732_20114150.jpg







というわけで、新浜岬でした。












おまけ◎
e0353732_21284176.jpg
ネッシーみ~っけ。

# by misaki_photo | 2017-05-22 20:17 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

【気仙沼④】GWゴテゴテの旅。

約1時間の島内観光を終えて
気仙沼に戻ります。
今度は夏に、旅館を予約して
海水浴しながら遊びに来ますねと
心のなかで約束しました。



次に来るときは、車で橋をわたるのかな?




e0353732_22280131.jpg



それとも、まだ船がある頃なら船で来るのかな?




e0353732_22264093.jpg



そんなことを考えてノスタルジックな気分に浸れるのは




e0353732_22263531.jpg



おそらく、この船の内装がとてもレトロで味わい深いから。




e0353732_22263125.jpg




午後の日差しが差し込むと、ますます懐かしい雰囲気になるのです。
そして、まだ船がある頃に来たいなあと思うのです。




# by misaki_photo | 2017-05-20 20:25 |  L気仙沼市 | Trackback | Comments(0)

パッチワークの森。

e0353732_22530526.jpg
e0353732_22525630.jpg
e0353732_22530292.jpg
e0353732_22530952.jpg
e0353732_22531281.jpg


5月上旬の山は、いろんな緑色が混ざりあって美しい。
いろんな緑色がつぎはぎみたいにつながりあってパッチワークのよう。
さらにこのパッチワークは、日に日に色が変わるから毎日変わるから飽きないのです。



# by misaki_photo | 2017-05-19 19:14 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)