ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:新蕎麦 ( 2 ) タグの人気記事

蕎麦とりんごの山形路①(新蕎麦編)

先月のこと。



「新蕎麦を食べたい!」という
秋の欲望を満たすべく、山形へと出かけてきました。





e0353732_20461711.jpg



天気は快晴!
山形道に入った途端に紅葉が美しくなって
右を見ても左を見ても紅葉の山々で
素晴らしかったです。



e0353732_20463210.jpg



そんな紅葉に目を奪われている間に
到着したのは寒河江。




e0353732_20482683.jpg


今からちょうど2年前に、寒河江へ出かけて
地元の人に教えてもらった蕎麦屋「弘庵」さんで
いただきました。



まずは、山形名物のゲソ天をば。

e0353732_20464535.jpg

ゲソ天といえば、ヒョロンと長いイメージがありますが
こちらのゲソ天は丸い感じのゲソ天で。
食べてみると食感がコリコリとします。
どうやら、イカの足の付け根のところを
揚げているよう。軟骨とかの食感が大好きな私には
たまらない食感。コリコリ。





e0353732_20562550.jpg


もはや真っ黒でよくわからなくなりそうだけど
これまた山形名物のニシン煮。




こんなに真っ黒だけど全然しょっぱくないし
身もやわらくて美味しい。箸が止まらなくなりそうです。


↑ここまでは、蕎麦とは別に注文したもので
↓ここからは、蕎麦を注文したら付いてきたもの。




e0353732_20463946.jpg


手前が、蕎麦粥。
ほんのり塩味がしていて滋味深い味。
ポトンと落とされたなめこが一粒。
それがまたオツです。


そして、奥には定番のおごごと
おそらく出汁をとった昆布。
箸休めに丁度いい。




いよいよ蕎麦を食べましょう。
どうやら当時の私のお口には
「十割蕎麦」が◎だったらしい。



なので今回は迷わずに、十割をチョイス。



e0353732_20480863.jpg


麺つゆで食べる前に
ゲソ天についていた塩で
食べてみたの。


e0353732_20481995.jpg



そしたらね、蕎麦の甘みが引き立って
とっても美味しかった。
塩は体にアレだからたくさんはやらなかったけど
これは新しい食べ方を発見したなぁって
私たち自画自賛。



もちろん、カツオの効いた
麺つゆで食べても美味しかった。



やっぱり秋は
新蕎麦ヌーボーを楽しまなくちゃ!




by misaki_photo | 2017-11-27 21:06 |  L 山形県 | Trackback | Comments(0)

【新そば】メイドイン山形の旅。


e0353732_16345232.jpg




【GEA】で寒河江生まれの
素敵なテクスチャーを感じた後は
【GEA】の方に、おいしい蕎麦の店を
紹介していただき、
【弘庵(こうあん)】という
蕎麦屋へ行きました。



e0353732_16345034.jpg




慣れない町の知らない店に入るっていうのは
ドキドキしますが、このお店、入ってみると
モハっと蕎麦の実を蒸すような匂いがしまして
「アタリかも…」って思わせる感じでした。
一方で、お店の方がなかなか出てこず不安にも
なったのですが、そこがローカルのいいところ。



e0353732_16344701.jpg






今年の新蕎麦にありつきました!



私たちは太麺・十割・細麺の
3種類が盛り合わせを注文しました。




e0353732_16344144.jpg




まず、蕎麦が届く前に、蕎麦つゆがきました。
蕎麦つゆと一緒に、漬物と「蕎麦粥」が運ばれたのですが
もう、この時点ですべておいしい。


漬物は絶妙な塩梅ですごく優しい味。
「蕎麦粥」は初めて食べたのですが、
蕎麦を粥状に炊いて塩味をつけたもの。
蕎麦の香りがふんわりとしながら
塩味でその旨みをさらに引き出すような滋味深い味。



突き出しでこれならば
俄然、蕎麦への期待も高まります。



そして、蕎麦がキター!

e0353732_16344370.jpg




まずは、蕎麦つゆをつけないで
各種味わってみます。
それぞれ、瑞々しくて香りが強くて
あまりに美味しくてつゆつけないで食べ進めてました。




e0353732_16344544.jpg



太麺は食べごたえがありました。
十割蕎麦は以前食べたイメージだとゴワゴワ
している印象だったんだけどこのお店のは全然違ってて
つるつるでおいしい。
細麺はオーソドックスな食べごたえで安心する。





どの種類も美味しかったのですが
あえて順番をつけるのならば
ワタシ的には、
十割>細麺>太麺
という感じです。





お店の佇まいも、山形ローカルな雰囲気で
山形県人の生活に蕎麦って普通にあるんだな
と思わせる、味のあるお店でした。



◆弘庵の詳細はコチラ→








by misaki_photo | 2015-10-29 07:30 |  L 山形県 | Trackback | Comments(2)