ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:松島町 ( 17 ) タグの人気記事

【行ってきました②】Reborn-Art Festival Matsushima sanpo





松島で開催されたReborn-Art Festival Matsushimaの
イベントの数々。



私が参加した松島関連のイベントのレポートです。

前回は9/3開催のファンタスティック音楽祭
アフターパーティについてお伝えしましたが
今回は9/4に開催されたイベントについて。



■9/4開催

松島ロマンチック音楽会

e0353732_00135052.jpg





松島湾を見渡す丘に建つカフェ「le Roman」にて
9/4、9/5、9/7に小さな音楽会が開かれました。

「ロマンチック音楽会」と名付けられたとおり
芝生に腰かけて夕日に染まる松島湾を見ながら
アコースティックの音楽に身をゆだねる
とても穏やかで贅沢な時間を過ごせる音楽会でした。


1日1アーティストが出演するということで
私が行った日は「Predawn」という
女性シンガーソングライターの出演でした。
卓越したアコギの音色に合わせて英語の詞が
刻一刻と移り変わる空の色と合わさって
とても美しかったです。



とても良い天気だったこの日。
開演前は青空と松島の島々がよく見えました。



e0353732_00123782.jpg





徐々に太陽が傾いていきます。
あたりはロマンチックムード。


e0353732_00125423.jpg





ライブ終盤、ふと見上げると松の木の間から
(ほぼ)満月が出てきました。(見えるかな)


e0353732_00131371.jpg







そして、ライブが終わったころには
月の光が水面に映って、月の道ができていました。





e0353732_00133888.jpg








そういえば、
夜にこの丘へ来て月を見たことってなかった。
松島の月が美しいと思いながらしっかり見たことがなかったかも。



仙台に暮らすということは便利だし
みんなと同じ生活ができて安心するし
新しいものが次々できて楽しいことがたくさんあります。


松島に暮らすことは不便な面もあるし
物足りなさを感じるかもしれません。


しかし、ここでは松島ならではの
たくさんの豊かさが日々見つかります。
美しい自然と歴史のおかげで、まいにちの暮らしに
付加価値がつくことばかりだなぁって思います。



この日のライブもそうです。
近所の丘の上のカフェにふらっと出かけたら
素晴らしい景色の中で音楽を聴ける。




仙台で暮らしていたままだったら
たくさんの選択肢はあっても
ここまでの付加価値があるライブには
出合わなかったかもしれません。
そんなことを感じた夜でした。





by misaki_photo | 2017-10-07 09:37 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(0)

【行ってきました①】Reborn-Art Festival Matsushima


すーーーっかり報告が遅くなりました!
一ヶ月経ちましたが、
Reborn-Art Festival(以下RAF)も
9/10で終わってしまいまいましたね。
最後の日はリボーン祭りとして石巻で
盆踊りが開かれたそうで、次につながる輪が
できたことでしょう。


さて、RAFのおかげで私の周りでも
この短期間で3回も4回も石巻や牡鹿半島に
行った人がいたりして、このイベントのおかげで
「近くて遠い距離」だった石巻エリアに
出かける機会が増えた方もいました。


さて、9/1~9/7はRAFの松島ウィークとも言うべく
私の暮らす、松島をフューチャーした日々となっていました。
(詳細は、以前の記事のコチラコチラに記載しています)


すべて参加できたらよかったですがそれもなかなか
難しいので行けるものだけでも楽しもうと
いくつか参加してきたもののご報告1回目。





e0353732_00111049.jpg






■9/3(日)
【松島ファンタスティック音楽祭アフターパーティ】


9/2は福浦島へ加山雄三さんや気志團が来て
ファンタスティック音楽祭が開催されていましたが
私たちはその翌日の9/3に福浦島へ出かけました。
この日は、前日の余韻を残したステージに地元の
高校生バンドが上がり演奏していました。
彼らの音楽も聴きたかったけど、私たちが目指して
出かけたのが14時から始まる、salyuと小林武史さんの
フリーライブ。




e0353732_00113170.jpg








salyuの野外ライブは何度か聴いたことがあったけど
こんな近距離で聴くのは初めて。
salyuの独特の声質が美しく伸びて、声が楽器のようでした。



実は私は目の前で歌うsalyuの姿越しに
その横にある風景を見ていました。





e0353732_00115718.jpg





そこには福浦島の青い空と緑の木々が広がり
島渡りの風に乗って、黄色い蝶々が舞い上がっていく。
salyuの生の歌声を聴きながらそんな風景を見ていたら
映画の一場面にいるような気持ちに包まれました。



松島湾の海のうえ。
ぽつんと浮かぶ島のうえ。



赤い橋を渡って、木々が生い茂る小道を通って
あらわれた広場では大漁旗がはためいている福浦島は
まるでとてもファンタスティックな世界でした。









by misaki_photo | 2017-10-05 21:16 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(0)

【情報解禁】松島でのリボーンアート関連イベント

e0353732_20330032.jpg



台風もなんとかそれてくれて
Reborn-Art Fes(以下RAF)の松島関係のイベントも
続々開催されてきています。


本日9/2は松島の福浦島では
「松島ファンタスティック音楽祭」が開催されていますし
9/1からは高城町で「TAKAGI RECRDS」が期間限定で
はじまりました。

そういうRAF松島関係の記事は先日アップしましたが
(その記事はコチラ)
さらに2件、新しい情報が解禁されました!





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



①松島ロマンチック音楽会

松島の海を見下ろす西行戻しの松公園にある
カフェ le Romanの前庭にて
9/4、5、7日の3日間それぞれ1アーティストずつ
夕暮れに合わせてアコースティックの音楽を奏でます。


【出演者】

■9/4 predawn
■9/5 奇妙礼太郎
■9/7 オオヤユウスケ(ポラリス)



出演者、すごすぎます。
もう、ぜんぶ見たい、行きたい、聴きたーい。


松島湾に向かって
「だーれかーのかーのじょーになりくさってもー」と
歌い放つ奇妙氏の生歌も聴きたいし
松島といえば「月」っていうことでポラリスの
「月の恋人」も生で聴いてみたい。
浮遊感もたまんないし、歌詞もぴったりなんだよなぁ。



とはいえ、私も仕事をしているので行けそうなのは
9/4のpredawnさんのライブになりそうです。
初めてお聞きする名前なので
ユーチューブで聴いてみたら、
森や海や風を感じるような、素敵な音色。
楽しみです。



この「ロマンチック音楽会」のチケット購入方法や
詳細については、下記のサイトをご覧ください。



◎松島ロマンチック音楽会詳細はコチラ





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




②松島ファンタスティック音楽祭

アフターパーティー

松島Park Festival × Reborn-

Art Festival 2017




9/2は福浦島でファンタスティック音楽祭が開催されますが
9/3はこれまた福浦島でファンタスティック音楽祭の
「アフターパーティー」が開催されます。
地元バンドのライブ等々のあとには、小林武史氏とsalyu
ライブが開催されるそうです。こちらは福浦橋を渡る料金200円
で観覧自由。9/2に行けなかった方もその雰囲気を味わいに行ってみるのは
いかがでしょうか。



詳細については下記のサイトをご覧ください。


◎松島ファンタスティック音楽祭アフターパーティー



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




日本三景の景色を眺めながら
good musicに身をゆだねられる贅沢感。


こんな感覚を味わえるのは
松島だからこそ。


少し足をのばせばこういう豊かさを
味わえる場所があるんだって
きっと教えてくれる音楽祭になると思います。


私も全部には行けないけれど
参加できるところはどんどん
楽しんで来ようと思います。

by misaki_photo | 2017-09-02 10:22 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(0)

MATSUSHIMA ITALIAN TOTO oishii

e0353732_20245365.jpg
*絵画のような店内です(3階フロア)








松島町に引っ越してきて
町にあったらいいなと思うお店の
ベスト1がイタリアンでした。



このたび、念願のイタリアンレストランが
松島町にオープンしました!!!!!



どれくらい念願だったかと言うと
6月1日のオープン前の3日間、
毎日会社帰りにわざわざ遠回りをして
海岸から帰りつつ、お店の様子を
偵察していたくらいwwなのです。



その店の名は
『MATSUSHIMA ITALIAN TOTO』




場所はJR仙石線松島海岸駅の真横。
とてもわかりやすい場所です。



オープンして最初の土曜日の夜
さっそく出かけてきました。





e0353732_20234751.jpg








e0353732_20240255.jpg



はやる気持ちをおさえて店内に入れば
そこはイタリア!



e0353732_20235251.jpg




だけども松島のテイスツも随所に取り入れてあって
嬉しくなっちゃいます。





e0353732_20235765.jpg




メニューも松島湾〜石巻湾の魚介類を豊富に使っている内容でした。







e0353732_20241037.jpg




まず、前菜として「本日の魚介とハーブのサラダ」を注文。
料理が出てきてビックリ。
もはやコレはサラダではなくて「シーフード盛り」だったよね。
ゴロゴロと海の幸が散りばめられてて食べごたえありました。






続いて、ピッツァをば。




e0353732_20241467.jpg


初めてのお店だったので
定番的な味を食べてみたくて
「マルゲリータ」をば。
薄いけれどもちもちとした食感のピザ生地で
チーズの香りとトマトのフレッシュな味がとても
おいしかったです。





e0353732_20241833.jpg



続きまして「ホタテ貝とレモンのパスタ」です。
写真を見ても分かるとおり、ホタテがゴロゴロと
入ってます。しかも甘くておいしいホタテです。
それにもまして、レモンクリームのソースが
んまい!爽やかなレモンの香りとクリームソースって
合うんですね。





e0353732_21014421.jpg




ここでレモンの美味しさに目覚めた私は
デザートでもレモン系をチョイス。



e0353732_20244872.jpg


「さっぱりレモンのティラミス」
ティラミスって言うとチョコとコーヒーソースを
想像しますが、これはその名の通り
レモンが主。
スポンジにもレモン汁をジュワジュワと染み込ませてあって
コーヒーと一緒に食べたけれど、紅茶(があれば)と合いそうな味でした。




e0353732_20244040.jpg


もうひとつは「塩キャラメルのプリン」です。
店員さんが「極限の滑らかさを追求しました!」と
おっしゃるので、では、お願いしますとご注文。
ひとくち食べたら、もうほんとに滑らかで滑らかで。
それに、塩味がけっこうしっかりしてました。






e0353732_21125024.jpg







◇◆◇◆






e0353732_21033866.jpg





18時になるとお店のあかりが消えて真っ暗になる
松島海岸ですが、新しいこのお店から放たれる煌々としたあかりが
変化がはじまった松島を照らす光のように見えました。









詳細はコチラ↓

by misaki_photo | 2017-06-06 07:37 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)

石田沢防災センター。

わー!

e0353732_22435800.jpg


わー!!
e0353732_22440296.jpg


わー!!!
e0353732_22440871.jpg



わー!!!!
e0353732_22554103.jpg



わー!!!!!
e0353732_22441367.jpg



わー!!!!!!
e0353732_22444883.jpg



わー!!!!!!!
e0353732_22444024.jpg




松島町に新しくできた「石田沢防災センター」へ見学に出かけました。
木のいい匂いが立ち込めてて、すんごく贅沢感がただよう造り。


何かあったときには炊き出しや避難所としてフル活用されることは
わかったのですが、さて普段はどんなふうに使われるのかな?



会議室とかもあったので
おそらく地域の会議とかに使うのかしら?というくらいにしか
普段の用途が見えなかったのがザンネンでしたが
ここでお知らせです。
石田沢防災センターを使ってのイベントのお知らせです。



2017年5月28日に松島で
「松島パークフェスティバル2017」
が開催されます。



その前日、5月27日にここ石田沢防災センターを舞台に前夜祭が開催されるそうです。


宗さんも出演するとか!?
この木造の建物が宗さんのあのビブラートと
共鳴し合うこと間違いなし!







by misaki_photo | 2017-05-10 07:28 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

心豊かに暮らすということ。

e0353732_21072730.jpg



ある晴れた春の日。
松島の海辺の小さな集落を散歩していました。
そしたら、家の庭で畑を耕すおばあさんがいたので
こんにちは、なんてあいさつしながら言葉を交わしました。


そこは海辺とはいっても海岸から少し高台になっていて
とても見晴らしのいい場所。


「こんなに景色が素晴らしい場所で暮らせて
うらやましいです」と話したら、



「ここは自然があって、とてもいいところ。」
「お金は無いけど、心がね、すごく豊かに
なれるから
私はここにしか住めないの」




と話してくれました。







感動・・・・(;_;)







松島の暮らしの豊かさ、そういうものを
有志で話し合ってきました。
話し合っては来たけれど、
自分たちの想いが先行して
はて、実際に町に暮らす人達はどう思って
日々松島で暮らしているかということまでは
思いを巡らせていなかったのかもしれません。



しかし、何十年もこの地で笑って泣いて汗を流して
明日は雨が降るからと天気読みをしながら畑を耕して
生きてきたおばあさんの口から直接、


「ここで暮らすことは心が豊かになる」


という話を聞くことができて、
私たちが考えてきたことは間違えていなかった。
絵空事を、机上の空論を話しあっていたわけじゃなかった。
そして、そう感じているおばあさんが松島に生きている
ということがわかり、やわらかな風が吹き抜け
胸がいっぱいになりました。



何が人の心を豊かにするのか、
それは人の数だけ存在し
定義することは難しいけれど、
今回ひとつだけわかったことは



その町に暮らしている人が、
見ず知らずの人が話しかけてきたときに

"ここで暮らしてると心が豊かになるんですよ"

穏やかに話せる、その状態こそが
心豊かに暮らしているあらわれなのだと
わかったのです。




そう思いながらも勤め人の私は
電子レンジに頼るような生活を送り
豊かさを享受できてはいないけれど
意識の矢羽の向きは間違えないようにと
日々、現実と理想を行ったり来たりしています。








by misaki_photo | 2017-04-24 07:16 |  L 松島から想うこと。 | Trackback | Comments(0)

春です。

e0353732_20580534.jpg



4月生まれの私は当然同じ学年の他の人より
早く年をとるサダメのなか生きているのですが
それをもったいないなあと思う時期がありました。



そりゃそうです。
3月生まれの人と比べたらほぼ1年早く
オトナになってしまうのですからの、なんとなくの不公平感。
産んでもらっただけでもありがたいとは思いつつ
それならもうちょい後でも良かったのにーと、ちょっぴり損した気分。。


でも、歳を重ねてくると感じることが増えるもので
4月生まれで良かったなぁと思ってきているのもまた事実。
そんなことのひとつが、




「春といういい季節に生まれたということへの喜び」なのです。




だって、春です。
寒くて縮こまってた木も空気も動物も(もちろん人間も)
4月に日本列島に吹き込まれる暖かな空気で
一気に芽を出したり、花を咲かせたり、外へ出かけたくなったり
心も体も上向きに変わっていくのです。
ほんと、良い季節だよね!



前置きが長くなりましたが
そんな、春です。
今年のお花見は4月16日にしました。
我が家から車で5分の場所にある
「西行戻しの松公園」での花見です。



ここは毎年来ているのですが
松島湾と桜を一緒に見られるという
かなりスペシャルな場所なのです。



e0353732_20581317.jpg


ここに来て、いつも「粋だなぁ」と思うことがあるんです。
それは、こんなに素晴らしい場所に咲いている桜なのに
松島町は「桜まつり」を開催しないことなんです。


ホントは開催したいけど、
諸々諸々の事情があるということも考えられますが
「あえて」桜まつりをしていないとして考えてみると
なんでもかんでもフェスにしてしまう昨今の流れとは違って、



「ま、コーヒー飲みながらしみじみと桜と松島湾を見ましょうよ」



っていうシンプルかつストロングな心意気が感じられて、私的には
粋だなあと、毎年うれしくなるのです。



というわけで
4月16日時点では4部咲きくらいでした。
ただ、ここ数日の雨で散ってるかもしれないし
本日時点での状況はわからないのでごめんなさい。


皆さんそれぞれに、今年も楽しいお花見を
過ごせますように!







by misaki_photo | 2017-04-21 06:56 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

【手樽編】松島で遊びつくした日曜日①

e0353732_22305644.jpg






2月5日の日曜日。
雨予報のはずが風は止み、朝は晴れました。


この日は仙台から両親が来て
松島で遊ぶ約束をしていました。



集合時間はなんと朝8時。



なんでこんなに早い集合かというと
この日最初のアクティビティは
松島町の手樽で海鳥をバードウォッチングするからなのです。



実はうちの父は日本野鳥の会の宮城支部に所属してまだ数年なのですが
休みの日には望遠鏡を抱えてあちこち出かけるトリオトコ。
そんなわけで今日は、トリオトコ主催・野鳥鑑賞会in松島が開催されたのです。
歩いたコースはこんな感じ。



e0353732_22051240.png


陸前富山駅から、名籠集落を抜けて天王崎という岬の突端を往復する
約4キロのコース。


鳥種は主に、カモを見たような気がします。
気がしますというのはいろいろ説明されましたが
鳥には詳しくない私はざっくりと
数種類のカモがいた、という記憶だけが残っているのです・・・。



だけども、景色は美しかった!
トップ写真の海がスタート地点付近の海なのですが
とても凪いでいて、雲間には不思議な空間ができていて
神々しく光が降り注ぐ幻想的な風景でした。



陸前富山駅から歩いて15分くらいでしょうか。
比較的新しい、少し高くなった場所にある「名籠」
という集落に差し掛かりました。
すると、何やら歌碑が。



e0353732_22313782.jpg



詳細はアレなんですが
どうやら、名籠は菜の花美しいというような歌なのでしょうか?(←適当)
このあたりは春には菜の花が咲くのでしょう。
だって、そう言われてみれば畑には白菜ばかりが植えられていましたから。







e0353732_22303141.jpg




白菜畑が終わると、名籠の漁村へ到着です。





e0353732_22302592.jpg








牡蠣むき場でお話を聞くと、こちらの牡蠣は遠洋で育てているとのこと。
話が終わるやいなや、船を遠くまで走らせて行きました。





e0353732_22300939.jpg




そして、漁に出る船を見守るように小高い丘の上には
「八坂神社」があり、ここでお茶っこ休憩。
決して華美ではないですが存在感があります。










e0353732_22301492.jpg




枯れた松の佇まいも美しい。




e0353732_22300412.jpg



小さな小さな漁村で朝からリュック背負って
三脚やら望遠鏡やら持ってきたおかしな一行を
名籠の人たちは優しく迎え入れてくれました。
とても美しく、そして島にいるような牧歌的な風景に
手樽、名籠が好きになりました。



春に菜の花と海の風景を見に来たいねぇと皆で約束し
2時間のバードウォッチング&朝散歩は終了。
私たちはかき祭り会場へと向かいました。


(バードウォッチングなのに鳥の写真は一切ナシ、ごめんなさいwww)







by misaki_photo | 2017-02-09 22:41 |  L 松島であそぶ。 | Trackback | Comments(0)

百日紅。


e0353732_20574054.jpg





今年もまた咲きはじめています。

松島町の馬櫪神社の百日紅(サルスベリ)。





e0353732_21161056.jpg



そこだけ時間が止まっているような

映画のセットのようなそんな空間が好きで

ここを通るたびに、まるで映画のエキストラになったような気持ちで

ハンドルを握っています。



e0353732_21163547.jpg






きっとずっとむかしから

この神社はここにあって

この百日紅はここにあって

たくさんの往来を見てきたことでしょう。




e0353732_21165271.jpg




百日紅の木を見上げたら

その空は突き抜けるように高くなっていて

思わずしゃがみこんでみたら足元に広がる稲穂は

8月よりも黄色が強くなっていました。







e0353732_21201137.jpg




ふと気がつくと

まだ夏のようで夏の色彩とは微妙に違う風景の中にいました。



by misaki_photo | 2016-09-06 07:23 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

【Sketches of MATSUSHIMA】 July.18 2016

e0353732_23053067.jpg
e0353732_23052194.jpg




松島に引っ越してきて1年3ヶ月が経ち、
そんなに経ってから、なんと「初めて」家の周りを散歩しました。



家から出て数分でこの緑ミドリした里山の風景に出会い
なんとしあわせなことかと、深く味わいながら空気をすいこんだのです。



こんなにノドカな里山なのに、車で5分で海があり
また30分で仙台へ行けるという、松島はバランスの良い町なのです。








by misaki_photo | 2016-07-25 07:03 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)