ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

2ヶ月、3ヶ月。

駆け抜けた3ヶ月。



早かったのか遅かったのか
自分以外の人(ムスメ)中心の時間軸の中で生きるのは
初めてのことだったので
時間の速度が測れない。



でも、新生児の頃から大きく変わった
ムスメの姿かたちと心の成長を見ると
早くても遅くても、濃ゆ〜い時間が
流れていたんだと思うのは明らか。



1ヶ月の頃の記事はコチラを見てもらうとして
それ以降2〜3ヶ月で変わったことを
残しておこう。
書いておかないと忘れてしまう
なんせズボラな母だから。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




6月は、2ヶ月検診。
身長はさらに伸びて58cm、体重は5.8kg。
3ヶ月経った今、家での計測によると体重は6.5kg位ある模様。
重いよbaby。おかげで、朝起きる時に腰が痛くて動けず
ゆっくりと寝返り打ってからの立ち上がり。
嗚呼、高齢出産の悲哀なり。




でも、夜の寝つきが良くなって早めに寝てくれるようになり
8時間くらい寝てくれるから夜間授乳が1回になった。
腰が痛いなりにゆっくりと寝ることができている。
「寝る子は育つ」って言うけど、その通りだと思う。
だって、朝起きるごとに新しい何かができるように
変化が起こっているんだから。



主人がムスメに近づくと、必死におしゃべりするようになったのもこのころ。
時には日中の私へのグチを、仕事から帰った主人に
告げ口するように語り
時には聖子ちゃんもびっくりなぶりっ子で甘え
主人とムスメの二人の秘密の絆が生まれた。
自分とムスメが仲がいいのも嬉しいけど
旦那さんとムスメが仲がいいのを見るのは
もっと嬉しくて幸せだ。





e0353732_21004466.jpg





それでも私にも、朝のご機嫌タイムには目を開けて
声を出して笑ったりして、
育児が少し楽になるとともに楽しさもわかりつつあった6月。
こちらからのアクションに反応が出てきておもしろいもんだから
プーさんの「メリー」っていう赤ちゃんのおもちゃを買ってもらい
子守をプーさんと分担し始めたら、ずいぶん助かったなぁ。





7月になると、自分の拳を見つめる時間が増えて
調べてみたら「ハンドリガード」っていう行為で
手が自分の一部っていう認識が生まれて自由に動かせる
ことに気がつく状態なんだって。




e0353732_21010549.jpg



そんなハンドリガードを始めてから
手がどんどん器用になっていって
タオルを掴んだり、おもちゃを掴んだり叩いたり
今までには見られない行動をするようになりました。



で、手が発達するということは
脳にも刺激がいくということなのかどうか
わからないけど、脳の発達も著しく
絵本なんて読んだって興味持たねよなーと思いつつ
絵本を読むと、話の内容わかってんのか
分かってないのかアレだけどじっと絵を見てるの。





e0353732_21005011.jpg



でもここ数日、一番のお気に入りは
ダイキンエアコンのマスコット「ピチョンくん」のうちわ。
うちわを見せるだけで話しかけてます。
私がピチョンくんに成り代わり話しているとも気づかずに
必死で会話している姿がおもしろいね。



またこれからの1ヶ月どんな変化があるんだろう。
毎日の成長速度が速いけど私も負けないように
母として成長しないとなぁ。















# by misaki_photo | 2018-07-18 21:10 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

Harry's Junction

e0353732_13230286.jpg


子どもを産んでからなかなか外食ができない私の強い味方。
それが、テイクアウツ。




この度、松島にテイクアウツOKのハンバーガーショップが
オープンしたので、行ってみました。




e0353732_13225521.jpg




「Harry's Junction」というお店であります。




e0353732_13224649.jpg


写真がボケボケになってしまったけれど



e0353732_13225101.jpg



お店の中はこんな感じ。



e0353732_13253753.jpg



松島にいるのに
「ここはアメリカ?福生?宜野湾?」みたいな雰囲気です。



e0353732_13225823.jpg



そんなお店で私は「アボガドチーズバーガー」を注文したよ。




e0353732_13230601.jpg



上等な箱に入ったバーガー。




e0353732_13230941.jpg



e0353732_13231331.jpg



ナイフでカッツしてから食べるべきなくらい
お肉が分厚かったです。
食べてる最中からお腹がいっぱいに満たされるほど
ボリューミーです。



これからの夏、ここでハンバーガーを
テイクアウツして海へ遊びに行くのも
いいなぁなんて妄想させてくれるハンバーガーでした。


# by misaki_photo | 2018-07-17 13:31 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)

変わらないのが愛おしい。


e0353732_14102310.jpg



出産してからずっと痛くて入らなかった
コンタクトレンズがある日入りました。


妊娠中から指がむくんで入らなかった
結婚指輪を元の定位置に入れることができました。


激動だったこの数ヶ月の生活が少しずつ
元の生活に戻ろうとしています。



◆◇



楽天イーグルスは拙攻極まりなく弱いけど
毎試合テレビで見てます。
出産直前までhuluで見ていた
海外ドラマの続きも見始めています。



あまりに激動すぎたからこそ
出産前から変わっていないものが
とても愛おしく思えています。


たとえば、私の出産とは何ら関係なく
淡々と繰り返される楽天の試合だったり
あまりにもシリーズ数が多くて
お腹が大きい頃から見ていた
海外ドラマも、もちろん私の出産とは関係なく続いていて
大きく生活が変わってしまった自分にとって
出産前から変わらずに続いているものが嬉しい。



コンタクトレンズが入ったことも
指輪が入ったことも
どうでもいいほど何気ないことなんだけど
変わらない元の生活に一つずつ戻っていくようで
私にとっては大切な出来事なのです。
そうそう、ブログを綴るということも
以前と変わらない自分をつなぐツールなのです。





◆◇



実家での子育てスタート期間が終わり
松島に帰ってきました。



4月に松島を出発した時にはまだ桜が咲いていましたが
今では緑濃く茂って、水張って青々とした田んぼには
シラサギが帰ってきていました。
今週末は松島の海と島々に娘と挨拶に行かなくちゃ。





# by misaki_photo | 2018-06-21 14:26 |  L 松島から想うこと。 | Trackback | Comments(0)

【検証】母性は目覚めるのか。

e0353732_16402042.jpg
*抜け毛すらもめんこく感じるお。





実を言うと・・・
ヒドいオンナだと思われることを覚悟で書くと・・・
私という人間は、出産前まで「子供」というものが
あんまり好きじゃありませんでした。


2歳くらいになって喋ると喋れないの境界線に
なってくると、かわいいなぁって思えるんだけど
赤ちゃんと呼ばれる年齢の子供ってみんな同じに思えて
特にかわいいとかあんまり思えず、よっぽどイヌヌンの
赤ちゃんの方が分かりやすい可愛さだよなぁなんて思って
友達の赤ちゃんに会いに行っても、母性は疼かない系女子でした。
(そのくせ、職場は子供相手という矛盾w)



で、出産したらどうなるのかな?ってのが
自分でも興味を持っていたんだけど



母性ムンムンになりました、テヘ。



あるときは、道行く赤ちゃんを目で追ったり


またあるときは、テレビに映る赤ちゃんを見ると
「あらぁ♡」なんて甘い声をあげたり


いつも見ているユーチューバーに子が生まれると
一緒になって感動したり


子供が痛ましい目に遭う報道を目にすれば見てられなくなり
果ては、カルガモの赤ちゃんが側溝に落ちて
助けられたニュースを見ても
今までにないくらい胸を撫で下ろしたり



何やってんだろ(笑)



確実に、4月28日の体験が私の中の何かを
変えちゃったんだね。



赤ちゃんのめんこさっていうのは
その存在の尊さを愛でるっていうことなんだね。
イヌヌンみたいに直接的にかわいいが伝わる
アイコンじゃなくて、生まれるまでの背景とか
存在の重さとか、命の神々しさ、尊さ、そういうのを
ひっくるめての「かわいい」なんですね。
(んでも、イヌヌンの赤ちゃんは絶対的にかわいいけど)



まとめます。
母性は、目覚めます。




# by misaki_photo | 2018-06-14 16:42 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

ゆりかごの唄。

e0353732_11344240.jpg







今は実家にお世話になっていて
子育てを母に手伝ってもらっている。



「子守唄を歌う」っていう行為が
私の37年の人生で無かったわけだから
子守唄のたぐいについて何も知らなかったんだけど
母が歌う「ゆりかごの唄」を聞いてたら
遠い遠い記憶が揺さぶられて、
ふと聞き覚えがあるような気がした。



で、あらためて歌詞を検索してみたら
すっごくいい歌詞で、感動したわけで。
みなさんは既知のことだと思うのですが
私は初めて知りました。



ゆりかごの唄をカナリアが歌ったり
ゆりかごの上にびわのみが揺れたり
ゆりかごのつなを木ねずみがゆすったり
ゆりかごの夢にきいろい月がかかったり。



詳しい歌詞はこちら




各パートたった2行の歌詞+ねんねこの繰り返しなのに
言葉のチョイスが
すごく優しくてかわいくて愛おしい。
それでいて日本の情緒もあふれてて
その情景を思い浮かべると胸がキュンとする。



だって
数ある鳥の中から、カナリアですよ!
数ある果物の中から、びわのみですよ!
リスじゃなくて、木ねずみですよ!




チョイスの妙よ!




北原白秋すげぇって言ってたら
母が「今頃、白秋のわかったの?」と冷たく一蹴。
あいやまた、子を生んだことで
知らないことが一つ減った。




# by misaki_photo | 2018-06-07 11:35 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)