ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

【のり浜】Reborn-Art Festival

e0353732_23235513.jpg


先にRAFを観に行ったうちの両親から
「のり浜の作品が良かった」と聞いていたので
一番楽しみにしていたこの場所。



草間彌生さんの作品のある御番所公園から
車で10分足らずで到着しました。



駐車場に車を停めて
「ヤマビルに注意」という言葉におののきながら
虫除けスプレーをかけて、いざエントリー。



この感じからも、のり浜が簡単に行ける場所では
無いというのが伝わるかと思います。
そう、山道を15分ほどおりて浜へ向かいます。



連日、雨が続いていたので
足元はかなりのぬかるみで
デンジャラスゾーンの連続でした。



e0353732_23194738.jpg



滑らないように気をつけて
くだるくだる。





e0353732_23195718.jpg





振り返ると結構な勾配。




e0353732_23203864.jpg




途中、草間彌生さんの作品かと思うような
野生のナニカ。
不気味ポップしてますね。




e0353732_23200876.jpg




橋だって渡ります。




e0353732_23205486.jpg




滝も横切ります。




e0353732_23202858.jpg




こんな道をアドベンチャー気分で歩いていたら
波の音がひときわ大きくなりました。




e0353732_23211142.jpg


海だ!



思わず歩く速度が速くなる。
比例して私の膝がカクカクと笑い始める。
日頃の運動不足を実感する。



そして、とうとう「のり浜」に到着しました。




e0353732_23222471.jpg



これが、
島袋道浩さんの作品「起こす」です。


え?どれが作品なのって?



e0353732_23345485.jpg




この立てられた
流木の一本一本が作品です。





e0353732_23215561.jpg



倒れている流木を起こすこと
それが被災した場所を「興す」ことであり
Rebornなのだと感じさせられました。




e0353732_23235513.jpg




e0353732_23214733.jpg
e0353732_23214320.jpg



この浜にいるととても清々しい気持ちになって
スピリチュアルとか感じない私でも
満ち足りたエネルギーが感じられるようで
一種のパワースポットのようだと思わずにはいられません。




周りを見渡せば、滝が流れ落ちてきていて


e0353732_23231124.jpg




真水と海水が交わっている



e0353732_23230042.jpg





e0353732_23234353.jpg




岩肌の隙間からも生命を感じさせる植物が
力強く生えていて、目の前には海。


そして、おこされた流木の
物言わぬエネルギー。




e0353732_23342120.jpg



このエネルギーはのり浜全体を
神秘的な空気にもしていました。





振り返ってみると
この浜におりてくるサバイバルな道も
幻想的に美しいこの作品に出会うために
自然界があつらえてくれた道だったと感じられるほど
この場所は心に語りかける。
そういう場所を感じ選んだ作者の島袋さんの感性に
感動しました。





RAFがなぜ、牡鹿半島を主な舞台にしたのか
その理由がこの場所に来てわかった気がします。





原始的で野性的、そして雄大かつ神秘的な牡鹿半島の自然。
風景も作品の一部になり、私たちもが作品の一部になる。
雨が降れば雨のアートを、太陽が照りつければ太陽のアートを。



それを成し得る場所がここ牡鹿半島だったのだと
ストンと胸に落ちました。




牡鹿半島でRAFを鑑賞する際は
動きやすい服装と靴を履いて
ぜひ、のり浜まで足をのばしてみてくださいね。






*のり浜の大まかな地図




by misaki_photo | 2017-08-28 17:02 |  L 牡鹿半島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukeinote2.exblog.jp/tb/26009944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 【情報解禁】松島でのリボーンア... 【御番所公園/草間彌生】Reb... >>