ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

【検証】母性は目覚めるのか。

e0353732_16402042.jpg
*抜け毛すらもめんこく感じるお。





実を言うと・・・
ヒドいオンナだと思われることを覚悟で書くと・・・
私という人間は、出産前まで「子供」というものが
あんまり好きじゃありませんでした。


2歳くらいになって喋ると喋れないの境界線に
なってくると、かわいいなぁって思えるんだけど
赤ちゃんと呼ばれる年齢の子供ってみんな同じに思えて
特にかわいいとかあんまり思えず、よっぽどイヌヌンの
赤ちゃんの方が分かりやすい可愛さだよなぁなんて思って
友達の赤ちゃんに会いに行っても、母性は疼かない系女子でした。
(そのくせ、職場は子供相手という矛盾w)



で、出産したらどうなるのかな?ってのが
自分でも興味を持っていたんだけど



母性ムンムンになりました、テヘ。



あるときは、道行く赤ちゃんを目で追ったり


またあるときは、テレビに映る赤ちゃんを見ると
「あらぁ♡」なんて甘い声をあげたり


いつも見ているユーチューバーに子が生まれると
一緒になって感動したり


子供が痛ましい目に遭う報道を目にすれば見てられなくなり
果ては、カルガモの赤ちゃんが側溝に落ちて
助けられたニュースを見ても
今までにないくらい胸を撫で下ろしたり



何やってんだろ(笑)



確実に、4月28日の体験が私の中の何かを
変えちゃったんだね。



赤ちゃんのめんこさっていうのは
その存在の尊さを愛でるっていうことなんだね。
イヌヌンみたいに直接的にかわいいが伝わる
アイコンじゃなくて、生まれるまでの背景とか
存在の重さとか、命の神々しさ、尊さ、そういうのを
ひっくるめての「かわいい」なんですね。
(んでも、イヌヌンの赤ちゃんは絶対的にかわいいけど)



まとめます。
母性は、目覚めます。




by misaki_photo | 2018-06-14 16:42 |  L 育児:ムスメのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukeinote2.exblog.jp/tb/27330413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 変わらないのが愛おしい。 ゆりかごの唄。 >>