ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

2018年 03月 21日 ( 1 )

【東鳴子温泉】旅館大沼への旅 ②



①の続き。




東鳴子温泉の旅館大沼で迎える朝。



朝食の前の朝風呂に出かけました。
その名も「陽の湯」




e0353732_17262588.jpg





名前からして朝にぴったり!
だから、絶対入るべきでしょって思ってたんです。
そしたら、ちょうど空いていたので貸切にして入浴です。





e0353732_17263086.jpg



結果、入って大正解。
図らずもちょうど日の出の時間だったので
朝日のエネルギーが降り注ぐこと降り注ぐこと!




e0353732_17263487.jpg



朝日のエネルギーを浴びながらのお風呂。
これはパワースポットです!
宮城の隠れたパワースポットになるべき!






e0353732_17254423.jpg




陽の湯で心のエネルギーチャージした後は
朝食で体の栄養補給です。


バランスの良い食事。


e0353732_17261473.jpg





とりわけ驚いたのが、この納豆。
旅館の手作りなんですって!



大豆感がとってもホクホクとしていて
美味しかったです。




昨日の夕食から思っていたけれども
こちらの食事はどれも大量生産ではなく
一つ一つ丁寧に手作りされている味がして
食べるだけで健康になりそうな料理ばかりでした。





e0353732_17350648.jpg





e0353732_17351233.jpg



ただ、心配だったのが東鳴子温泉のこれからについて。



チェックアウトまでの間、町をぶらぶら散策したのですが
大沼旅館他、数店舗以外、町ががらんどう。
っていうか、廃墟に近いような佇まいで
ちょっとびっくり。



ただ、東鳴子温泉は湯治色強い温泉のようなので
現代に合わせた湯治スタイルを編み出して
レトロな町と組み合わせてこれからもあのお湯を
守っていただけたらなぁと思いました。












by misaki_photo | 2018-03-21 09:00 |  L 鳴子温泉 | Trackback | Comments(0)