ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

カテゴリ: L 大崎市( 3 )

キーマカレーとチャイ なるせ堂

e0353732_09565444.jpg




突然ですが、私、インドのミルクティー的な飲み物の
「チャイ」がとっっても好きなんです。


一時期はいろんなスパイスを混ぜて
ごちゃごちゃと研究したりするほどに。


でも、今はそのチャイ熱は下がっていたのですが
大崎市松山に「キーマカレーとチャイの店」があると聞き
いつか行きたいなぁって思ってたんです。




チャイだけでも魅力的なのに
大崎市松山で?キーマカレー!?と頭の中で
噛み合わないキーワードが満載で、
それがなんだか私を惹きつける要素になって、
最近、頭の中で「なるせ堂」がぐるぐるしてたの。
なので、ちょいと時間ができたスキをついてレッツラゴー!してきましたよ。




大崎市って聞くと遠いイメージだけど
旧松山町の駅近くなので、松島から車で20分強くらいで行けました。




e0353732_09570007.jpg





1日限定20食と聞いていたので
11:30オープンのところ11:45頃に到着したんだけど
(客席も少ないからか)もうすでに満席で、
隣の駐車場でしばらく待ちました。





e0353732_09570357.jpg



待ってる間にも、スパイスの香りがしてくるし
このお店のなんとも言えない雰囲気もgoodでクラクラしてきます。




で、いよいよ席が空いて
中へお邪魔しまーす!





e0353732_09571150.jpg



レトロだけど
かわいい店内。





注文したのが、温泉卵のキーマカレー
あと、セットでチャイ(ミニ)が付くのですが
がぶ飲みしたい私は、+100円で普通サイズに
しました。セレブでしょ。






e0353732_09570643.jpg




わぁ!見て〜。
温泉卵が食欲をそそります〜。




e0353732_09570980.jpg



卵をカッツしてみれば
このトロリンコ状態!
たまりませんね。




辛さは控えめだけど、スパイスの味がしっかりしていて
スプーンが止まらない。


付け合わせられていたピクルスも甘酸っぱくて
カレーに混ぜて食べるとアクセントになるし
サラダにはレンズ豆が入っていてこれもまた
カレーに入れると食感がおもしろい。


というわけであっという間に完食です。
ちなみに無料で大盛りにできるようで、
私は初めてだったので様子見してたけど
周りの女性は大盛りにしている人もいましたよ。


それから、このお米は大崎で農業とお菓子屋さんをされている
「禾食や」さんのお米を使っているそうです。
食べたいと思いつつ、その距離からまだお菓子を食べたことなかったけど
先にお米をいただけることになってお得感満載!




e0353732_10152006.jpg





というわけで、念願のチャイでありんす。



しっかりと煮込まれてて
もちろんスパイスも効いていて
美味しかった〜。
食べ終わったら、体がホカホカ温まってました。



なかなか家では出せない味だよなぁって
思ってたら、100円でチャイのスパイスセットが
売っていたので、帰りにゲッツしてきました。
他のお客さんの動向を見てたら、これを5つとか
買っている人もいたから、きっと美味しいんだろうなと
思いつつ、たった一つしか買わなかった私はいつ
これを作ろうかなぁとワクワクしながら毎日を過ごしてます。



私が帰る頃には、近所の人たちや
軽トラでいらっしゃる人たちもいて
ロコにも愛されてるお店なんだなぁと
ホッコリと温かい気持ちになったのは
スパイスのせいじゃないはず。
きっと、このお店のもつ魅力のせいだはず。




※週末は売り切れることもあるようなので予約or確認してからの来店を
オススメします。




◆なるせ堂の詳細はコチラ











by misaki_photo | 2018-04-04 10:29 |  L 大崎市 | Trackback | Comments(0)

鳴子とコメと牛の女王。


e0353732_22060071.jpg






紅葉真っ盛りの日曜日、
鳴子へ行くことにしました。


県内のテレビ番組で連日鳴子の紅葉特集が流れていたので
これは、混むべなと予測して朝8時半に出発。(←さして早くないw)


鳴子に到着した頃はほんのりと渋滞しかかっているような状態。
今回は鳴子峡ではなくて、鳴子ダムが目的地だったので
鳴子峡近くの本格的な渋滞になってきたころには、
鬼首方面へスイスイと向かいました。



さて、鳴子ダム。
鳴子にだむ?dam?ダム?
あるんですねぇ、ダム。
しかしこのダム、想像以上に紅葉がきれい。





e0353732_22061681.jpg



目の前に迫ってくる山をダムという人工物が引き立てるという絵が
思った以上に美しかったです。絶景。





e0353732_22054357.jpg



鳴子ダムを見た後はそのまま鬼首の
「かんけつ泉」へ行きました。
かんけつ泉なんてご幼少の頃以来ですよ。
もはや記憶にありません。


だどもこの入口見てください。





e0353732_22091188.jpg




すっごい味がある。
絶対、私が子供の頃もこの入口だっただろうと
想像できる佇まい。昭和40年頃から時が止まっているよね。
好きです、こんな感じ。





e0353732_22045038.jpg


かんけつ泉って地中の水蒸気があたたまって
吹き出してくるんだって。





e0353732_22051333.jpg






自然の摂理なのに、10分おきに吹き出すんだって。
ふーーーん。




怪しい!






陰謀論とかが大好きな懐疑的な人間の私は
絶対、10分毎に誰かがバルブを回してるんだハズ!wと
鼻息荒く、辺りを見回してみましたが、そのようなものは
ございませんでした。
自然ってすご~い。
ではもう一度、見てみましょう。



何もない場所から・・・



e0353732_22044592.jpg





モヤモヤと蒸気が出てきて・・・




e0353732_22043733.jpg




ぶしゃ〜!!っとな。





e0353732_22034436.jpg





e0353732_22024208.jpg



これって夜の間も吹き出しているのかなと
温泉卵を食べながらふと思う。
そらそーだ。



e0353732_22021312.jpg



温泉に入ってお昼を食べて
松島に帰る道すがらラジオを聞いていたら
岩出山から鳴子峡まで20kmの渋滞だとな!
早めに出発してて良かった〜。
この時期、鳴子に行くときはくれぐれも早朝着で。






e0353732_22003248.jpg

帰り道の友は新米の団子。
新米で作ったのか新米が作ったのか
くだらない論議で車内が白熱するほど平和な秋の日。





e0353732_22015636.jpg



e0353732_22013646.jpg


山葡萄もきのこもおいしそうだったな。





【おまけ】
帰り道に見つけた看板。
「コメと牛の女王」www


e0353732_22012043.jpg


しかも全米ナンバーワンって。
こういうのも、大好き♡




by misaki_photo | 2016-11-01 06:59 |  L 大崎市 | Trackback | Comments(0)

【鳴子温泉】で温泉卵を作ってみた。

e0353732_17073058.jpg
*緑濃い旅路。







今年の冬、鳴子温泉へ冬に泊まりに行った時に
生卵を持ってくれば温泉卵を作れる場所を発見していました。



「次に来るときは、卵を持ってこよう」と温泉の湯気に
誓っていたわけですが、その日がやってきました。


かばんには卵を入れて松島から2時間
車を走らせました。


ここで。


e0353732_17073569.jpg




こうやって温泉に









e0353732_17073357.jpg





ババンババンバンバン♪と入れてやります。
あ〜あビバノンノ♪と卵が答えたら出来上がりです。
だいたい15分くらい。


e0353732_17073755.jpg





いよいよ、卵をお湯から上げてみます。


e0353732_17074791.jpg







割ってみたらほんのり火が通ったいいあんばい。
調味料を忘れてきましたが、温泉からの塩味が
微々染みて、いいあんばい。



もしも、鳴子に行く方がいらっしゃいましたら、
旅のしおりの持ち物の欄に「生卵」と書いておいてくださいね。









by misaki_photo | 2015-08-03 07:33 |  L 大崎市 | Trackback | Comments(0)