ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

2018.4.28 出産備忘録。


e0353732_18031951.jpg



いててて。


産院で目覚める2日目の朝。



2018年4月28日、長女を出産しました。



本当は4月27日の出産を目指して26日から入院していたんだけど
予定通りには行かず、28日に持ち越しになっていました。
あ、でも、正確に言えば4月28日が予定日だったから正しい日時に
ムスメは生まれようとしていたのかもしれません。
そういう点、待ち合わせ時間に家を出るような私には
似ても似つかぬところがある
ということで◎としよう。



37歳での初産ということで
凝り固まった産道をできるだけ柔らかく
緩めるためにお医者様から「無痛分娩」の
提案を受けて望んだ出産。
「無痛」とはいえ、立派にイタいです。はい。
いや、普通に産む人よりは痛くはないかもだけど。



人生でめったにあることじゃないので
ザッとしたこと書き留めておきます。




【4月27日】
12:30にLDR(出産の部屋)へ移動。
LDRへ到着すると、背中に麻酔の管を入れてそのまま麻酔を注入。
すると、どうやら私、麻酔が効きやすいスナオなカラダなようで
1時間程度の効き目の麻酔が3時間くらい効いてしまって
さらに、陣痛も弱いタイプだったようなので
LDRに到着後、促進剤を打つも効き目弱く17:30で一旦終了。
あと一歩が足りない感じ。
どうやら、赤ちゃんの向きが頭は下向きだけど向きが悪いらしく
出産にいたらず、翌日へ仕切り直し。
麻酔が切れた後、陣痛でイタいイタいの眠れない夜を過ごしました。




【4月28日】
朝、なんとかご飯と味噌汁を食べたけど、痛みで吐き戻す。
9:00 LDRに向かいます。
うへ、昨日より確実に痛いや、歩くのがやっと。
数分おきの陣痛で休み休みの移動なり。
促進剤を少しずつ増やして、痛さMAX!!
うへぇ、助けてくれいっ!と思っていたところで
「麻酔入れっからね」の天使の声。
麻酔が入って腰のあたりが冷たくなる
不思議な感覚を味わっていたら
あっという間に下半身から痛みが消えて行きました。


助産師さんたちは運動会のおかずについて話したりして
リラックスさせてくれながら、
「張りが来ました」の私の声で一気に本気モードに切り替えて
吸引しながらものの3分で赤ちゃんをこの世に引っ張り出して
くれました。





産んでから急いでメガネをかけて
ムスメと初対面。
すると、目から何から全てダンナに似ている顔で
思わず爆笑!



生まれてきたら「生まれてきてくれてありがとう」なんて
かっこよくキメようと思ってたのに、あまりに
ダンナに似ているもんだから、笑えてしまって
かっこいいこと、何も言えなかった。



10ヶ月間、私の体のスペースを貸して
蹴られても蹴られても栄養を供給してあげたのに
ぜーんぶ、ダンナのDNAにもってかれた(笑)



でもね、それでいーの。
生まれてすぐに私の横でニコニコしながら
私の顔を見つめている姿を見たら
穏やかそうな性格までもダンナに似てそうで
嬉しくなりました。



人生で経験したことのないことが続いた、この10ヶ月間。
「妊娠前」「妊娠中」「出産」「出産後」
私の連続した人生だけど
それぞれのピリオドごとに
別人の時間が人生が流れているような不思議な感覚。
なんかうまく言い表せられないけど、そんな感じ。
これが人生観が変わるっていう感覚なのかな。
だとすると、人生観が変わるっていうのは
思ったよりも劇的ではなく、重ねた積み木の上下を
逆に入れ替えながらもどんどん上に積み重なっていく、
そんな感じなんだなってことがわかった。







# by misaki_photo | 2018-05-21 13:13 |  L 育児:ムスメのこと | Trackback | Comments(2)

アースデイ東北 2018

e0353732_10261850.jpg


仙台に夏がやってきたの?と思わせるような
暑い、暑い、4月の週末。





e0353732_10262292.jpg






「世界的に地球のことを考える日」として始まった
世界最大級のお祭りの東北の部が錦町公園で開催されました。
同時に、定禅寺通りではコーヒーフェスやパンフェスなどが開催されてました。
冬の間じっと寒さに耐えていた日々を終えて
春の暖かさに喜んで跳んで歩きたくなるようなイベントが同時開催でした。





e0353732_10262719.jpg



地球とか環境問題とか疎い私です。




でも、沖縄に暮らしていた頃を振り返れば
暑く長い夏、太陽の光の強さを肌身に感じて海に飛び込んで
宇宙のような無重力状態に身を委ねて不思議な安心感に
包まれて、地球の包容力を感じたと思えば、
突然やってくる台風の猛威に自然の恐ろしさを感じる日々でした。
雨も風も太陽も木々の色も存在感も何もかもいちいち主張が強くて
生活の傍らにはいつも地球や自然を無意識に感じずにはいられないというか。笑




今は、宮城に帰ってきて
それほどまでには自然や地球を感じることは
少なくなってきたけども
こういう機会に沖縄で関わった
地球と私の小さな関わりを思い返すことも
私の中のアースディとしてアリだったのかもなーと思ったり。




そんな気分で眺めた会場は
とってもピースフルな雰囲気で
羊がいたり、イヌヌンがいたり
動物と戯れられてハッピーでした。




e0353732_10263104.jpg




県産の有機玄米の詰め放題もありました。





e0353732_10333925.jpg




この日、ゲッツしたいお目当てのひとつに
「禾食や(かじきや)」さんのタルトがありました。
美里町で農業をしながらタルトを販売している
お店で、なかなか美里町までは行けないから
この機会にゲッツしたわけでした。




e0353732_10264023.jpg




e0353732_10264354.jpg



◉「バナナのタルト」と「アンズとピスタチオのタルト」



e0353732_10264660.jpg


◉「ナッツとキャラメルのタルト」と「パインのタルト」





初・禾食やさんのタルトでしたが
バターの香りや素材の香りがとても
豊かで、人気の理由がよくわかりました。




e0353732_10263761.jpg



あと、パタゴニアも出店していたので
パタゴニアで作ったクラフトビール
「Long Root ALE」をゲッツ。



私は一口だけもらいましたが
軽い飲み口で、夏のBBQで飲みたいなぁという味。



とはいえ、1本500円もしたので飲みきるのは
なんとなくもったいない。
しばらくは、BBQの傍らに置いて
BBQの雰囲気をかっこよく引き立てる
インテリア的アイテムになりそうです。笑






◆アースデイ東北








# by misaki_photo | 2018-04-23 11:08 |  L 仙台市 | Trackback | Comments(0)

【松島・満開】里山と桜の季節。




松島の島々と桜をあわせて見られる
素晴らしい場所なのですが
もう一ヶ所、お伝えしたい場所があります。





e0353732_19225693.jpg





「明治潜穴公園近くの高城川沿いの土手」です。



e0353732_19231265.jpg




ちょうど、松島から鹿島台へ抜ける道路と平行して
高城川が流れているのですがその川沿いに美しい
桜並木があるのです。



「一目千本桜」とまでは言えませんが
「片目500本桜」くらいには言えるのではないでしょうか(笑)







e0353732_19230341.jpg




有名なスポットに比べると
人も少なめで、のんびりと桜を愛でられるのも、◎。



きっと日本各地には有名ではないけれど
地元の人たちに昔から愛されている桜の名所が
たくさんあるんでしょうね。



e0353732_19323226.jpg





平日午後にはこの風景を独り占めです。

# by misaki_photo | 2018-04-18 09:19 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

【松島・満開】海と桜の季節。



待ちに待った、松島の西行戻しの松公園の
桜が満開になりました!



e0353732_11093035.jpg




毎年この時期に、必ず訪れるのが「西行戻しの松公園」の桜。
今年はいつもよりも多く時間をつくれたので
桜が咲く時期が近づいていきたら毎日のように
「散歩」とか言って公園の桜をパトロールしていました。





そろそろ咲いたかな?っていう
ソワソワした心で4月13日にパトロールで
訪れてみると・・・







e0353732_11105668.jpg




満開!



でありました。








e0353732_11094249.jpg





公園の上の方にある白衣観音からの眺めは
満開はまだのようですが、周りにいた人の話だと、
”花芽”は鳥に食べられてしまったという噂も聞こえてきましたが
本当のところはわからないのですが。。。




e0353732_19102600.jpg




仙台から比べると1週間くらい開花が遅いのかな。
仙台で一度、桜を堪能した後に、今度は
海と桜を松島で堪能できるというのが
なんだか得した気分。





e0353732_11093888.jpg






そんな桜に浮かれた私には
公園に置かれた白い椅子でさえも
ウキウキおしゃべりしている少女達ように
見えるのです。









※西行戻しの松公園の桜は海風の影響を受けやすいので
昨今の雨風で落花が進んでいる可能性があります。
ご留意ください。


# by misaki_photo | 2018-04-16 19:19 |  L 松島を見る。 | Trackback | Comments(0)

松島で朝食を。


e0353732_15061658.jpg




REST・・・


今、松島町の高城の朝が変わろうとしています。


それが、”REST”というイベンツなのです。
Reborn, Seeds,Takagiの頭文字を取り
花と朝食&CoffeeとSweetsをテーマに
4月〜10月までの第2・4日曜日の朝8:00~11:30に
高城町中央広場で「朝」を充実させる期間限定の
イベンツが始まりました。






e0353732_15105368.jpg



このパンフレットを見ても伝わると思いますが
商店街の「お祭り」っていう枠を遥かに超えて
「おしゃれなイベント」という取り組みなのが
とても惹かれました。





e0353732_15062988.jpg


心惹かれていたのに、私ったら
当日、寝坊してしまったので
(↑それもまた休日の醍醐味!?)
終了間際の11時すぎに到着したわけで
お目当のお店は売り切れや撤収後だったのですが
小粋なBGMを聴きながら、屋外で食べる朝食は
とても気持ちよかったです。




e0353732_15062988.jpg





いただいたのは、
お惣菜のお店「まんなか屋」さんが



e0353732_15063230.jpg



提供してくれた
「フレンチトースト」であります。



e0353732_15062118.jpg




オーブンでじっくり焼かれたフレンチトーストは
家では出せないふわとろ感で美味しかった〜。





e0353732_15062545.jpg



お隣で割烹料亭も営んでいらっしゃるので
和定食の朝食もあり、どちらも魅力的です。
もっと早い時間に来ればZizo bakeryさんのパンや
MIL HOJASさんのコーヒーもあり、
松島に新しい風を吹き込んでくれるお店の味も楽しめます。
また、食べ物だけではなくてBotanical Peopleさんをはじめ
お花屋さんもいくつか出店されているので
花を買って、淹れたてのコーヒーを飲んで
フレンチトーストやパンをほうばるという充実の日曜日の朝を
松島で過ごせるというわけです。





◆◇◆◇




寒い地方だとどうしても
朝食は家の中で食べるというのが
普通になっています。
でも、私が暮らしていた沖縄では、朝からパンケーキ屋さんが
満席になっていたり、旅先のハワイでは海岸をジョギングしてから
そのまま外で朝食をとっていたり、台湾では屋台で朝食をとるのが
当たり前の光景として見ました。




寒い地域だからといったって、短くても暑い夏は来ます。
その時間を(屋外で)どう過ごすかで
人生の豊かさに差が出てくるだろうなぁと感じます。
RESTにはそのヒントがありそうだと思うので
ぜひ、みなさんお越しになって、何かを感じとってもらいたいです。





# by misaki_photo | 2018-04-13 07:29 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)