ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:カフェ ( 8 ) タグの人気記事

ル・ニ・リロンデール。

東松島市にあるカフェ
「ル・ニ・リロンデール」へ行ってきました。



松島から近いわりになんだか足が遠のいていたのは
東松島市は石巻、的なイメージが強くて遠い感じが
していたのかしら。
松島から15分で到着しました。




e0353732_10353950.jpg



東松島市と言えども、旧鳴瀬町のエリアなのです。
旧鳴瀬町役場の近くでした。
住宅街に溶け込むようにあるので
ちょと探してしまいました。
駐車場は店前にも2台分くらいあるのですが
歩いて3分くらいのところにも5台くらいあったので
見つけられれば、安心して車で行けます。




e0353732_10351360.jpg



さて、私が注文したのは限定食の「つばめプレート」
店名の「ル・ニ・リロンデール」って「つばめの巣」っていう
意味らしいので、それにちなんだプレートなんですね。



なので、

e0353732_10350758.jpg


つばめがおにぎりの上にいました。




色とりどりで野菜がたくさんのプレートですが
カキフライが1切れついていたのがポイント高しです。
食べるだけでヘルシーになるような食事でした。





e0353732_10351922.jpg



そして食後には、「チャイ」をいただきました。
チャイラバーなので、メニューにあったら
チョイスしちゃうよね〜。
あの日のチャイとはまた少し違う味ですが
やっぱり美味しい。



メニューを見るとスイーツも充実しているようなので
次は、スイーツ狙いにティータイムも良いかも。



ちなみに、姉妹店の「宮戸つばめ食堂」が東松島市の
宮戸島にあるので、そちらも気になるなぁ。
これかのピクニックシーズンに宮戸を歩いて
つばめ食堂で食事なんてのもいいかも。






◆ル・ニ・リロンデールの詳細はコチラ










by misaki_photo | 2018-04-10 07:32 |  L 東松島市 | Trackback | Comments(0)

海と音楽とコーヒーと。

前に、南三陸町へ来た際に
この看板を見てからずっと行ってみたいと
思っていたカフェがありました。



e0353732_21255265.jpg




「景色はおいしいコーヒー屋」
「まずいコーヒー屋」



(字体もふくめ)そのインパクトゆえいつかまた通ることがあったら
行ってみたいと思っていたので、今回、さんさん商店街からの帰り道に
立ち寄ってみました。





e0353732_21254687.jpg


志津川のホテル観洋の並びにあるので
絶景なのは間違いないだろうなぁと
入り口を入ると、シュナウザー犬が
お出迎えしてくれました。




そして、オープンエアに開かれた窓からは
絶景が広がっていました。



e0353732_21253777.jpg




この日は25℃以上になってとても暑い日でした。
店内はクーラーが無いので座っていると
ほんのりと汗ばんできます。
でも、そこに海からの風が爽やかに吹き抜けて
ほんとうに気持ちいい。
海のまんなかを船がポンポンと音を立てながら
通り過ぎる。
店内を流れるAORの穏やかな旋律。
音楽が体に沁み込んでくる。



この感じ、すごくすごくすごく好き!



沖縄にあるカフェの雰囲気にとても似ていて
懐かしい、この感じ懐かしすぎて嬉しくなる。



最&高!




あの怪しい看板と店内のギャップがありすぎと
思ったけども、マスターはとても個性的な方
のようなので(議員さんをしてたり神主資格を持っているとか!?)
あんな看板を作っちゃうのもあり得るのかな。
(店内にツッコミどころもいくつかあったしね 笑)



ということで、
こちらで今年初めてのアイスコーヒーをいただきました。



水出しアイスコーヒーでとてもすっきりおいしかったので
家にもコーヒー豆をお持ち帰りしました。



e0353732_21472830.jpg


e0353732_21473369.jpg


これもまた美味でした。



三陸道も延びて、松島からは1時間くらいで
行けそうなので晴れた休日には、またぶらり尋ねてみよう。
そして、心ゆくまで景色と音楽とコーヒーに
どっぷりと浸かる休日を過ごしてみよう。










by misaki_photo | 2017-05-30 21:34 |  L 南三陸町 | Trackback | Comments(0)

GREEN LOOP SENDAI '17


e0353732_21514416.jpg

「定禅寺通りにコーヒー屋さんがたくさん集まるってよ」
「おまけにパン屋さんも集まるってよ」


っていうくらいの情報しかなく、
なにやら楽しそうなことがありそうだと
私のアンテナにピピピと来たので
定禅寺通りに若葉が芽吹く4月下旬に
このイベンツに出かけてみました。



とりあえず本町にある安いパーキングに
車を停めたら、錦町公園から賑やかな声が
聴こえてきました。
その声に誘われるまま進んでみると・・・



e0353732_21554696.jpg



およよ、「earth day tohokuというイベンツが
開かれているではありませんか。


なにやらアースでエコロジーな雰囲気のアレやソレが
公園いっぱいに繰り広げられていて
都会の真中なのにのんびりした雰囲気が
醸し出されていました。


e0353732_21574221.jpg


東北中から出店者は来ているようで
私は岩手県の「SATO」さんから
こんなドレッシングを買いました。



e0353732_21575640.jpg


食べ終わったら一輪挿しにできそうな瓶に
2層に分かれてキラキラと輝く美しいドレッシングが
はいっていました。



今度、食べたらレポりますね。



さて、定禅寺通りを目指して歩きだしたら
今度は、勾当台公園から楽しそうな声が聴こえてきました。
こちらでは、農産物や花やワインの出店者さんが集まってます。



e0353732_22034892.jpg
e0353732_22031003.jpg

e0353732_22023281.jpg



わぁ、なんだかフランスに行ったときに見た
ニースのマルシェみたいに花が売られていて
ワクワク小躍り。


野菜も新鮮なものが直接農家さんから届いていて
このあと用事が無ければ買って帰りたいんだけどって
ジィっとガマンの子。




そんなこんなで寄り道をしながら
到着しました定禅寺通り。




e0353732_22091723.jpg



定禅寺通りでは、 Tohoku Coffee Stand Fes2017
開かれていたのですが、この人の数。



ハンドドリップで淹れるため時間がかかってしまうため
なかなか人をサバケずに各店舗長蛇の列です。



コーヒーフェスだし、ハンドドリップで淹れていただくのは必須
だけれども、人がどんどんやってきて、結局並びきれず買いきれず
というジレンマがあったように思います。
もう、これは朝イチで来ないといけないですね(^o^)



e0353732_22092956.jpg

同時開催の、SENDAI BREAD FES 2017
こちらもほぼ売り切れで何も買えませんでした。





ということで
定禅寺通りでは何も買うことができなかったけれど
とても満足しています。


だって、仙台で、行政主導とかじゃなくて、
青空の下、新緑を味わいながらコーヒーやパンや自然からの産物を
街を舞台にして楽しめるこういうイベンツが生まれているということが
とてもうれしいです。
まるで、外国のマルシェみたいな光景がこの街で繰り広げられたこと
それを味わうことができただけでも楽しかった。


GREEN LOOP SENDAIが来年も開催されるとしたら
早起きして、お目当てのコーヒー屋さんに赤丸チェックして
馳せ参じようと思います。










by misaki_photo | 2017-05-06 07:01 |  L 仙台市 | Trackback | Comments(0)

【SEA SAW】海にいちばん近いカフェで。

e0353732_22514334.jpg




「薫風」という言葉がぴったりにあてはまるように
爽やかに晴れ渡った空に、若葉をすり抜けた風が
吹き抜けた、母の日。



七ヶ浜町に新しくオープンしたカフェ
「Art Cafe Bar SEA SAW」へ母の日のお祝いを兼ねて
お出かけしました。



「仙台でいちばん海日近いカフェ」というのが
コンセプトのひとつということで、菖蒲田浜にあります。
実家から30分圏内で行ける場所。





e0353732_22515515.jpg



残念ながら防潮堤の関係でお店からは海が見えないけれど
ログハウス風の店内にはレゲエが流れてて
「海は見えねど、そこに海がある」と感じさせてくれるような開放感に
包まれていました。


e0353732_22520676.jpg


e0353732_22520948.jpg



e0353732_22522359.jpg




食事は2種類をチョイス。


ひとつは「SEA SAWランチ」
スープとサラダ



e0353732_22524002.jpg



魚料理とおにぎりお茶漬け(ドリンク付)



e0353732_22524537.jpg




e0353732_22524340.jpg







地産地消をテーマのひとつにしているそうなので
魚は、七ヶ浜産のスズキ
おにぎりの上に塗られている味噌は
塩竈の「太田與八郎」さんのお味噌。
偶然にもこの日の前日、松島のロマンにて太田與八郎さんの
味噌作りの講座を聞いたばかり。昨日の今日でビックリでした。



もうひとつ注文したのは「渡り蟹のパスタランチ」
スープとサラダは同様にメインのパスタはこの通り。




e0353732_22530232.jpg



蟹一匹が飾り付けられていました。
ビジュアル的にもインパクト大で
もちろん味もおいしくて満足でした。
この渡り蟹も七ヶ浜町産です。




宮城もアイスティが美味しい季節になりました。



e0353732_22525812.jpg


っていうことで食後はアイスハーブティを。
窓越しの光にかざしながら飲んでいたら
おや、テラス席。
そして、何やら階段があるではないですか。



e0353732_22523190.jpg




◯◯と◯◯は高いところに行くという
ことわざに素直にのっとり、上へと言ってみました。



e0353732_22523524.jpg




防潮堤越しに菖蒲田浜が見えて
サーファーがボードを抱えて目の前を
行ったり来たりするような風景を
眺めることが出来ました。






そうそう、店内にひとりでいらっしゃった
おばあちゃんが、仙台とは明らかに違う浜言葉で
「震災前はすぐそこに暮らしてた。
今日は久々に跡地見ながら歩いできたんだよ。」と言って
パスタを食べてました。


今はほとんど何もなくなってしまった菖蒲田浜の周り。
でも、こうして人々が集まる場所ができて
震災前のことを思い出したい人が集まって
お話できる場所になるってとってもいいなぁと
感じました。とてもおしゃれなお店で若者がたくさんいる一方
ばあちゃん1人でも入れてあたたかく受け止めてくれる場所でもある。
すごく素敵な場所に出会いました。


この夏は、菖蒲田浜も期間限定でオープンのようです。
①菖蒲田浜で海水浴→②SEA SAWでランチ→③七のやで海産物のおみやげ購入。
こんな流れで夏の日の一日を過ごすことができたら
とても思い出深い2016年の夏になると思うのです。






e0353732_22513245.jpg




◯詳細はコチラ→


by misaki_photo | 2016-05-09 07:13 |  L 七ヶ浜町 | Trackback | Comments(0)

松島湾の美しい暮らし方。

e0353732_22544855.jpg


























先日、松島町内某所で「学校」と
称した勉強会が開かれました。
「勉強会」って言っても内容は
ポップでわかりやすいもの。


テーマは
「松島湾✕想像力〜世界で活躍するクリエイターが松島に住み続ける理由」






e0353732_22545371.jpg




























観光で訪れることが多い松島ですが
そこに暮らす人達はその場所をどのように楽しんでいるかということを
松島在住のアートディレクターの鹿野護さんをお呼びして話を聴くという
興味深い内容。


松島で暮らしながら世界で活躍する鹿野さんと
そして、主催者の千葉さんのお話からは
ロジカルでありながらも直感的で
デジタルでありながらもアナログな
すごくバランス感覚の優れた方達だなぁと感じました。



以下、聞いたことメモ。





■自分の机の上から(PCを通じて)世界に繋がる時代
=松島〜仙台〜東京〜世界ではなく、松島〜世界が可能な時代。





■自分にあった場所ならばどこでも大丈夫な時代
=むしろ自分にあったモノがある土地のほうがその土地のオリジナリティを含んだアイデアが湧いてくる。
=温泉とおなじ。その土地にはその土地の源泉がある。
=東京に無いものが地方にはある。





■現在の旅行は、メディアに載った場所に行き、写真を撮るということで完結することが多い
そこに、好奇心や歴史的な背景を加えていくことが必要なのでは?






他にもたくさんお話し伺いまして
沖縄での島暮らしで知らず知らず感じていたけれど
大きすぎる街、仙台では感じられずモヤモヤしていたナニカを
お二人に言葉で表現してもらったようでスキっとしました。
おなじ町内に(まことにセイエツながら、足元にも及びませんが↓)
おなじような考え方を持ってらっしゃる方がいることが嬉しくなりました。


とにかく、とーーーーーっても刺激を受けまくりました。
終了後には、一緒に参加した母と夕食を食べながら
興奮しながら、講話を反芻。



まだまだ地に足つかない私の松島暮らしですが
私らしく少しずつ前へ進めて楽しんでいきたいです。

by misaki_photo | 2016-03-18 07:35 |  L 松島から想うこと。 | Trackback | Comments(0)

【松島】cafe & bar LYNCH

e0353732_15193716.jpg



磯崎方面へ車を走らせるときに
真っ赤な外観のカフェが気になっていました。
松島海岸からは少し離れているから
松島では貴重な地元向けのお店かなと気になりつつ
やっと先日入ってみました。


ランチにあわせて12時に店内に入ると
すでに2組の先客有り。
お店にはいるやいなや、店員さんに
「お時間かかります」と話されて
時間がかかることは、食べログに書かれてて
織り込み済みだったので、「いいですよ」と
ふかふかのソファ席に座らせてもらいました。


注文したのは、ピザのランチ。
800円で手作りピザとサラダとコーヒーが付きます。

e0353732_15193154.jpg
e0353732_15193347.jpg
e0353732_15193545.jpg




ピザだったので焼いたりするので時間が
さらにかかるかなぁと覚悟していたものの
食事の提供が1時間後、食べ終わったのが1時間半後
と言う具合に予想以上に時間がかかってしまいました。
どうやら店員さんが1人で切り盛りしていて
大変そうだったので、ジッと我慢の子を決め込んでいましたが
メニューを絞ったり工夫して回転させてさらに◎だと思います。
観光で立ち寄るには時間的にアレかもしれません。




e0353732_15192900.jpg




店内のディスプレイは昼なのに夜のような
アンティークな雰囲気で
ここが松島とは思えないような異国のバーに
来たような素敵な雰囲気でした。




でも、松島に良心的な値段で素敵な雰囲気で
楽しめる普段づかいのカフェがあるってうれしいな。
いつかは夜の部におじゃましてカクテルなんかを飲みながら
過ごしてみたい!
ジャズライブとかもあったらいい雰囲気になるだろうな。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



◆cafe & bar LYNCH 詳細はコチラ→



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




by misaki_photo | 2015-11-24 07:32 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)

【松島・ロマン】日常を忘れるカフェへ。

e0353732_23305779.jpg







かつて、震災前に松島には「ロワン」
というカフェがあったそうです。
とても人気だったけれど震災で閉店。
そして、この10月に4年の歳月を経て
「le Roman(ロマン)」として
再オープンしたので、ある晴れた日に行ってきました。



感想:もう最高!




さして影響力のないブログのくせに
ブログに書いたら今以上に混んでしまうっていう
私利私欲が一瞬よぎったのですが
それ以上に、この素敵さをみなさんに伝えたいという
気持ちが勝って、こうして綴っています。



場所は、松島の絶景ポイント
「西行戻しの松公園」の中にあります。




e0353732_23303417.jpg




スタイリッシュなガラス張りの店内に入ると目の前には絶景すぎる
景色が目の前に飛び込んできます。



e0353732_23310338.jpg



もうね、もうね美しすぎて
言葉にならない。
景色の中に溶けていきそう。



そんな上がったテンションを抑えながら窓際の席へ座って
ジンジャーエールでクールダウン。


e0353732_23302629.jpg





クロックムッシュ、タルトタタンでお腹を満たす。



e0353732_23303040.jpg




e0353732_23305419.jpg



軽食だけどどれも単純な味ではなくて美味しかったです。





食後もしばらく景色を眺めていました。

東松島の方を見るとブルーインパルスが飛んでいて



e0353732_23333771.jpg





その先では石巻の日本製紙の煙突から
もくもくと煙が上がるいつもの風景まで見えるのです。



e0353732_23350151.jpg



松島湾では漁船や遊覧船が行ったり来たり。
牡蠣の養殖棚もよく見えます。
古来から変わらぬ島なみを縫うように
観光客と地元の人の営みが交差する海がよく見えます。



奥の席から車いすのお祖母ちゃんが
車いすを押されながら私達の隣の空いているスペースに来て
なんとも言えない眼差しで
その海を見つめていました。
景色の美しさに心を奪われていたのかな。
震災のことを考えていたのかな。
思わず話しかけたくなったけどグッとこらえて
私も同じ方角を見つめていました。






時間を忘れて見飽きることのない景色を眺めていました。





e0353732_23303934.jpg




季節ごとに様々な景色を見せてくれることでしょう。
冬には雪の松島を。
春には公園内を埋める桜の花吹雪と。
夏には青く茂る桜の葉の海越しに。
そして、今は紅葉した桜の木々とカラフルコミュニケーション。



e0353732_23302150.jpg


自宅から車で10分かからない距離に
非日常の世界へ連れて行ってくれる場所を見つけました。


こういうお店が
松島にもっと出来たら松島という場所が
宮城県民にとっても「特別」な場所じゃなくなって
普段使いの場所になるなー!って強く思いました。






e0353732_23295693.jpg




だから、カフェしなくてもテイクアウトしにでもおいでよ。




e0353732_23300433.jpg



コーヒー豆やパンや、焼き菓子が
テイクアウトできます。




ちなみに、私たちは平日の11時10分頃に来店しました(オープンは11時)
その時点で4組くらいが来店しており、30分後にはほぼ満席。
ということは、休日はとっても混雑しそうです。
ぜひ、お早めに来店して窓際の席で楽しんでみてくださいね。



◆le Romanの詳細はコチラ→



e0353732_23300041.jpg





by misaki_photo | 2015-10-26 07:31 |  L 松島で食べる。 | Trackback | Comments(0)

風と手と土。

e0353732_16010081.jpg


愛車のラパンがはじめての車検を終えて
扇町まで迎えに行ったときのこと。


ちょうどお昼時間になったので
ちょっと足を伸ばして宮城野区岡田にある
「風と手と土」というカフェまで行ってきました。
まだ今年5月にオープンしたばかりのぴかぴかのお店。


e0353732_16011276.jpg



宮城野区の沿岸部にあるのに
どこか山にいるような雰囲気です。
それもそのはず、以前は裏磐梯でペンションを
営んでいらっしゃったようです。



e0353732_16011035.jpg



ランチは、野菜のポタージュスープ、
蒸し野菜のサラダ(ミニブッフェ)
メインは全粒粉の数種類のパスタと
好きな味付け数種類から組み合わせて選べます。
私は、珍しいなあと思って蒸しホヤのぺペロンチーノにしました。




◆◇◆◇




ポタージュは野菜の甘さがおいしかった。
蒸し野菜は野菜のえぐみが無くてオリジナルの
ドレッシングが絶品でした。

e0353732_16010816.jpg







そしていよいよのメインのパスタ。





e0353732_16011444.jpg




ホヤの蒸し具合がミディアムレアでしかも大きい。
ホヤってオイルとニンニクと合うんですね、っていう新発見。
ただ、残念ながら私には塩分が強すぎて完食できませんでした・・・。
味はおいしかったんだけどしょっぱすぎた・・・。ゴメンナサイ。
でも、「蒸しホヤのアヒージョ」的におつまみとして
出したら、本当にサイコーだと思います。



そして、食後はコーヒーで〆。
自家焙煎小屋もあるほどのこだわりの
コーヒーなので、とてもおいしい!

e0353732_16010503.jpg
コーヒー小屋。



この店の名物の「花豆のモンブラン」もコーヒーと一緒に
食べたかったのですが、お腹が満腹で注文しきれず断念。
家に帰ってから調べたらこのモンブランかなりの人気らしく
売り切れることが多いようです。
無理してでも食べればよかったー!
ぜったい、これから人気が急上昇するお店だと思います。


次はコンディションバッチリにして
パスタもケーキもフルコース食べるぞー。





◆「風と手と土」の詳細はコチラ→


by misaki_photo | 2015-09-30 07:30 | Trackback | Comments(0)