人気ブログランキング |
ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:シンポジウム ( 2 ) タグの人気記事

【報告】松島の暮らしと観光に関するシンポジウム







e0353732_23031347.jpg

e0353732_23031933.jpg





先日お伝えしていた
2月25日に開催の「松島の暮らしと観光に関するシンポジウム」が終了しました。
(関連イベントについては、中盤でご紹介しています)



先に、感想を言わせていただきます。
「本当に貴重な経験をさせてもらい、感謝しています。」
という気持ちに包まれています。




地元愛があって、でもヨソモノの声を聞きたいと言ってくれる柔軟さがあって
行動力があって、様々な知識もあって、創造力があって
プロだらけ、スペシャリストな人たちに混じって「ただの生活者」である私も
参加させていただく機会をもらい、本当に貴重な経験をさせていただきました。
この歳になると、「成長する」という体験を得られることが減ってきていましたが
トークセッションでお話しするという、初めての経験をさせてもらい、
ひとつ成長できた気がします。開いてなかった扉を開けてもらった気がします。
そして、これをきっかけに松島の一員になれた気がして、
役場の皆さん、関係者の皆さんひとりひとりに感謝しています。



さて、ホテル関係者、農林水産関係者、映像クリエーター、ヨガインストラクター
カフェ経営者、彫刻者、などなどほぼ松島在住のメンバーが3つの分科会に分かれて
この日のために活動してきました。




①第1分科会「松島の食べ物・おもてなし・サービス」
②第2分科会「松島の魅力発見PR・自然景観」
③第3分科会「松島の文化・暮らし」




3つの分科会に分かれて成果物を作成してきました。
その発表を、今回のシンポジウムで行ったのです。



e0353732_23030722.jpg




①の班は、松島産の食材を使った朝食レシピを
アル・フィオーレの目黒シェフをお呼びして制作、
そして、シンポジウムの際にお振る舞いとして提供しました。
私も、実際に試食してきましたが、まず白米を2種類を食べ比べして
そのおかずとして、ちじみほうれん草のおひたし、味噌、牡蠣のオイル漬け
梅干しをいただきました。
どれも松島町産の食材です。
自分が生まれ育った町の食材だけで食事をつくれるというのは
その町の豊かさを示すひとつのかたちですね。
おもてなしの気持ちがこもってて胸いっぱいになりました。






e0353732_23025435.jpg




②の班は、「新・松島百景を探す旅」として・・・
◆明治・大正・昭和の絵はがき展示(新・松島百景の絵はがきも展示)
2月25日(土)−3月5日(日)10:00−17:00
旧・京野呉服店(松島町高城133 渋谷書店となり)

◆「上映会」 8㍉フィルムに残された昔の松島(昭和30年頃)
2月26日(日)14:00-15:00 →終了しました


◆「絵はがきの風景を訪ねるウォーキング」
絵はがきに写った風景や撮影場所を歩きます
3月5日(日)9:00-10:30(雨天中止) 定員10名
要予約 電話:022-354-5708
e-mail:kankou@town.matsushima.miyagi.jp


◆「お茶っこ飲み」
 100年前の松島・塩竈 実景を片手に
 古地図「100年前の松島・塩竈実景」を復刻した、

風の時編集部の佐藤正実さんを迎え、

昔の写真や地図から辿る松島についてお話します。
 3月5日(日)14:00-16:00頃 定員20名



上記のイベントを企画されています。


e0353732_23024521.jpg





先日、旧・京野呉服店の前を通ったら、高城町のなかで
そこだけ人だかりができていて、目頭が熱くなりました。
閉まっていた店が開いただけでも地元の人は嬉しいでしょうし
そこで、地元の懐かしい風景や歴史に出会えたら
あらためて地元に誇りをもてますよね。
ぜひ、会期中に見に行ってみてくださいね。




e0353732_23032783.jpg


③の班に私は所属していたのですが
メンバーそれぞれの松島での暮らしを振り返りながら
新しい魅力を、雑誌「暮らしの手帖」で連載をもっていらっしゃった
若菜晃子さんに編集をお願いし、冊子を依頼しました。
「旅人の目線」で書いていただくことで
町の人にとっては見慣れた風景が新しい魅力をもって見えてくるし
他市町村の人にとっては、松島って海岸だけじゃないんだね、って
新しい興味をもって見えてくることになるかもしれません。
これから発行されるので、町の何処かで見かけたら手にとって見て下さい。




::::::::::::::::::::::::





平凡なまいにちですが
食事をしながら「これって松島の食材なんだね」と意識したり
松島海岸の前を通りながら、パークホテルの面影を重ね合わせたり
早起きした朝は、福浦島に出かけてみたり
少し、チャンネルを変えたり、わずかに角度を変えることで
暮らしを見つめてみたら、松島暮らしってとても豊かになると思う、
そういうヒントを皆さんが示してくれたように感じました。



※写真の一部を、S・Yさんより提供していただいています。





by misaki_photo | 2017-02-27 07:39 |  L 松島を見る。

【お知らせ】松島の暮らしと観光に関するシンポジウム開催

e0353732_13592651.jpg




松島に暮らし始めて2年。
素敵な企画に参加させていただくことになりました。


それが
「松島の暮らしと観光に関するシンポジウム」


松島町に関わりのある人に、観光資源としての
地域の魅力を再発見、発信し今ある松島ブランドを
再構築し、松島のこれからを考えていこうというシンポジウム


私は第三分科会の「松島の暮らし・文化」班に
参加させていただきました。
当日、会場にもおりますので
どうぞ松島、そして松島湾の皆様
お越しくださいませ。



以下、松島町HPより抜粋。




■日時
平成29年2月25日(土)

開場13:00 開演13:30(15:30終了予定)


■場所

 松島町文化観光交流館(宮城県宮城郡松島町磯崎字浜1-2)

 ※入場無料、当日直接会場にお越しください。



■トークセッション

 松島を下記の3つの視点で見つめ直した活動についてご報告します。

 「松島の食べ物、おもてなし・サービス」

 「松島の魅力発見PR・自然景観」

 「松島の文化・暮らし」


■同時開催企画

「松島町で採れたごはんとおかずのお振る舞い」※先着100名限定

 松島町では、お米、野菜、海の幸、たくさんの食材が採れます。

 地元で採れた旬を味わい、松島町の豊富な食材を見つめ直してみませんか?

 時間 お振る舞いは12:00開始




詳細は、松島町HPをごらんください



by misaki_photo | 2017-02-22 06:47 |  L 松島を見る。