人気ブログランキング |
ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:シークワーサー ( 2 ) タグの人気記事

ミーニシが吹く沖縄より。


e0353732_22030351.jpg




沖縄では四季が無いと思われがちですが
本土ほどダイナミックではないながら確実に季節の移ろいがあります。
そして、本土よりも強くその季節の移り変わりを表現する言葉が暮らしに生きています。
ちょうど今頃に「ミーニシ」という風が吹きます。
ミーニシは「新北風」と書くのですが、沖縄にも北風が吹いて体感気温が下がるのです。



季節の変わり目の沖縄から、果物が届きました。


e0353732_22025230.jpg




「シークワーサー」という沖縄のレモンのようなすだちのような柑橘類。




e0353732_22031392.jpg


9月頃に収穫されるのが「青切りシークワーサー」という
酸味の強い種類で、今回いただいたのが酸味は弱くフルーティに果実味が増した
シークワーサーです。
毎年、前職のセンパイが自宅の庭で育てているものを
「サンマと一緒に食べてね」と送っていただいています。




e0353732_22033036.jpg





もう一種類いただいたのがドラゴンフルーツ





e0353732_22033869.jpg




ぜいたくにもドラゴンフルーツにシークワーサーをかけて、食べるのが好き。






e0353732_22035881.jpg




淡白な味にアクセントになって甘みが出てくるような気がします。
ドラゴンフルーツのフォルムを見ると
いつもjimamaという沖縄のシンガーの「Dragonfruit Moon」という曲を思い出します。
フルーツとは名ばかりのミステリアスなフォルム、毒々しい色。



残り半分のドラゴンフルーツは秋の或る夜に、
この歌を聴きながら、南国の夜を思い出しながらいただきました。

















by misaki_photo | 2016-10-25 07:06 | ==その他==

塩シークワーサー。






まだまだ真夏の沖縄から
爽やかな柑橘「シークワーサー」が届きました。


e0353732_15152372.jpg





いただいたのはなんと、ゆうパック1箱分。
100粒以上入っていたはず。


しかも、これ、沖縄にいた頃の先輩のおうちで育てた
家庭菜園で育てたシークワーサーなのですYO!
貴重なものをありがとうございます!



e0353732_15200162.jpg


今でこそ、チューハイに使われていたりして
かなりメジャーなウチナームンになったシークワーサー。
さて、私はどうやって使おうかな。


果汁を絞って炭酸水で割って飲んでみたら
酸っぱいだけじゃなくてほのかに甘くておいしい!
レモンよりも、みかんに近い感じ。

ひととおり親戚に配って、それでもざるに悠々1個分はある。


ひところ、「塩レモン」がブームになりました。
レモンに似ているシークワーサーだって
できるんじゃないだろうか?


つまり、「塩シークワーサー」
だと思い、クックパッドを検索してみたらいくつかヒットしました。



ざっと見てみたら、分量とか特に書いてなくて
塩とシークワーサーを段々にしながらビンの中に
詰め込めばOKみたいな、そんな結論に至りました。


てーげー(適当)で沖縄っぽいレシピでいいんじゃないかしら。
ってわけで、作ってみました。
てーげーは得意だから!エッヘン。

e0353732_15152890.jpg

シークワーサー約20個を櫛形に切り
煮沸消毒したビンの中に、塩と果実と
交互に入れて、最後はてぃーあんだー(手塩)で
ちょいちょいと仕上げる簡単レシピ。


e0353732_15161017.jpg




とりあえず1週間くらい冷蔵庫で眠らせて
様子を見てみようと思います。
どうなることやら。


by misaki_photo | 2015-09-08 07:28