人気ブログランキング |
ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:ロマン ( 2 ) タグの人気記事

松島湾の美しい暮らし方。

e0353732_22544855.jpg


























先日、松島町内某所で「学校」と
称した勉強会が開かれました。
「勉強会」って言っても内容は
ポップでわかりやすいもの。


テーマは
「松島湾✕想像力〜世界で活躍するクリエイターが松島に住み続ける理由」






e0353732_22545371.jpg




























観光で訪れることが多い松島ですが
そこに暮らす人達はその場所をどのように楽しんでいるかということを
松島在住のアートディレクターの鹿野護さんをお呼びして話を聴くという
興味深い内容。


松島で暮らしながら世界で活躍する鹿野さんと
そして、主催者の千葉さんのお話からは
ロジカルでありながらも直感的で
デジタルでありながらもアナログな
すごくバランス感覚の優れた方達だなぁと感じました。



以下、聞いたことメモ。





■自分の机の上から(PCを通じて)世界に繋がる時代
=松島〜仙台〜東京〜世界ではなく、松島〜世界が可能な時代。





■自分にあった場所ならばどこでも大丈夫な時代
=むしろ自分にあったモノがある土地のほうがその土地のオリジナリティを含んだアイデアが湧いてくる。
=温泉とおなじ。その土地にはその土地の源泉がある。
=東京に無いものが地方にはある。





■現在の旅行は、メディアに載った場所に行き、写真を撮るということで完結することが多い
そこに、好奇心や歴史的な背景を加えていくことが必要なのでは?






他にもたくさんお話し伺いまして
沖縄での島暮らしで知らず知らず感じていたけれど
大きすぎる街、仙台では感じられずモヤモヤしていたナニカを
お二人に言葉で表現してもらったようでスキっとしました。
おなじ町内に(まことにセイエツながら、足元にも及びませんが↓)
おなじような考え方を持ってらっしゃる方がいることが嬉しくなりました。


とにかく、とーーーーーっても刺激を受けまくりました。
終了後には、一緒に参加した母と夕食を食べながら
興奮しながら、講話を反芻。



まだまだ地に足つかない私の松島暮らしですが
私らしく少しずつ前へ進めて楽しんでいきたいです。

by misaki_photo | 2016-03-18 07:35 |  L 松島から想うこと。

【松島・ロマン】日常を忘れるカフェへ。

e0353732_23305779.jpg







かつて、震災前に松島には「ロワン」
というカフェがあったそうです。
とても人気だったけれど震災で閉店。
そして、この10月に4年の歳月を経て
「le Roman(ロマン)」として
再オープンしたので、ある晴れた日に行ってきました。



感想:もう最高!




さして影響力のないブログのくせに
ブログに書いたら今以上に混んでしまうっていう
私利私欲が一瞬よぎったのですが
それ以上に、この素敵さをみなさんに伝えたいという
気持ちが勝って、こうして綴っています。



場所は、松島の絶景ポイント
「西行戻しの松公園」の中にあります。




e0353732_23303417.jpg




スタイリッシュなガラス張りの店内に入ると目の前には絶景すぎる
景色が目の前に飛び込んできます。



e0353732_23310338.jpg



もうね、もうね美しすぎて
言葉にならない。
景色の中に溶けていきそう。



そんな上がったテンションを抑えながら窓際の席へ座って
ジンジャーエールでクールダウン。


e0353732_23302629.jpg





クロックムッシュ、タルトタタンでお腹を満たす。



e0353732_23303040.jpg




e0353732_23305419.jpg



軽食だけどどれも単純な味ではなくて美味しかったです。





食後もしばらく景色を眺めていました。

東松島の方を見るとブルーインパルスが飛んでいて



e0353732_23333771.jpg





その先では石巻の日本製紙の煙突から
もくもくと煙が上がるいつもの風景まで見えるのです。



e0353732_23350151.jpg



松島湾では漁船や遊覧船が行ったり来たり。
牡蠣の養殖棚もよく見えます。
古来から変わらぬ島なみを縫うように
観光客と地元の人の営みが交差する海がよく見えます。



奥の席から車いすのお祖母ちゃんが
車いすを押されながら私達の隣の空いているスペースに来て
なんとも言えない眼差しで
その海を見つめていました。
景色の美しさに心を奪われていたのかな。
震災のことを考えていたのかな。
思わず話しかけたくなったけどグッとこらえて
私も同じ方角を見つめていました。






時間を忘れて見飽きることのない景色を眺めていました。





e0353732_23303934.jpg




季節ごとに様々な景色を見せてくれることでしょう。
冬には雪の松島を。
春には公園内を埋める桜の花吹雪と。
夏には青く茂る桜の葉の海越しに。
そして、今は紅葉した桜の木々とカラフルコミュニケーション。



e0353732_23302150.jpg


自宅から車で10分かからない距離に
非日常の世界へ連れて行ってくれる場所を見つけました。


こういうお店が
松島にもっと出来たら松島という場所が
宮城県民にとっても「特別」な場所じゃなくなって
普段使いの場所になるなー!って強く思いました。






e0353732_23295693.jpg




だから、カフェしなくてもテイクアウトしにでもおいでよ。




e0353732_23300433.jpg



コーヒー豆やパンや、焼き菓子が
テイクアウトできます。




ちなみに、私たちは平日の11時10分頃に来店しました(オープンは11時)
その時点で4組くらいが来店しており、30分後にはほぼ満席。
ということは、休日はとっても混雑しそうです。
ぜひ、お早めに来店して窓際の席で楽しんでみてくださいね。



◆le Romanの詳細はコチラ→



e0353732_23300041.jpg





by misaki_photo | 2015-10-26 07:31 |  L 松島で食べる。