ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:沖縄 ( 6 ) タグの人気記事

島からの贈り物。

e0353732_20331663.jpg



安室ちゃん、引退してしまった。
実感は少ないのだけどもなんだか悲しいきぶん。



安室ちゃんのライブには沖縄にいた頃
ほんとは3回だったんだけど3回目は台風で、お流れに。
でも、2回も行けたなんてこれから自慢話になりそうです。
老後に縁側でおしゃべりしながら若い頃の
自慢話として話してそうな気がします。



さて、安室ちゃんが引退する数日前。
沖縄の友人からダンボールひとつ分の
宅急便が届きました。



開けて見ると、子供服のお下がりと
たくさんの衣類と、ん?なにやら保冷袋。
あいや、なんだろうと思いながら中を見ると
なんと・・・



ドラゴンフルーツ!

e0353732_20493866.jpg







今や内地でも有名になった
サボテンの親戚系のアレですね。



ハワイでは「ピタヤ」なんておしゃれな
名前になってスーパーフルーツとして
有名なんですってね。



e0353732_20332307.jpg




コレ自体はこんなキョーレツな色とは裏腹に
淡白で味がしないから
私はレモン汁をたっぷりかけて
はちみつでマリネして食べました。
サラダとかに入れてもいいのかも。




e0353732_20332077.jpg


それにしても衣類と一緒に何食わぬ顔で
送られてきたドラゴンフルーツっておもしろいよね。
その送られ方法が沖縄っぽくて心があたたまりました。












おまけ★
10年前、私はドラゴンフルーツの花を食べていたようです。
↓↓↓










by misaki_photo | 2018-09-16 20:51 |  L 松島から想うこと。 | Trackback | Comments(0)

ミーニシが吹く沖縄より。


e0353732_22030351.jpg




沖縄では四季が無いと思われがちですが
本土ほどダイナミックではないながら確実に季節の移ろいがあります。
そして、本土よりも強くその季節の移り変わりを表現する言葉が暮らしに生きています。
ちょうど今頃に「ミーニシ」という風が吹きます。
ミーニシは「新北風」と書くのですが、沖縄にも北風が吹いて体感気温が下がるのです。



季節の変わり目の沖縄から、果物が届きました。


e0353732_22025230.jpg




「シークワーサー」という沖縄のレモンのようなすだちのような柑橘類。




e0353732_22031392.jpg


9月頃に収穫されるのが「青切りシークワーサー」という
酸味の強い種類で、今回いただいたのが酸味は弱くフルーティに果実味が増した
シークワーサーです。
毎年、前職のセンパイが自宅の庭で育てているものを
「サンマと一緒に食べてね」と送っていただいています。




e0353732_22033036.jpg





もう一種類いただいたのがドラゴンフルーツ





e0353732_22033869.jpg




ぜいたくにもドラゴンフルーツにシークワーサーをかけて、食べるのが好き。






e0353732_22035881.jpg




淡白な味にアクセントになって甘みが出てくるような気がします。
ドラゴンフルーツのフォルムを見ると
いつもjimamaという沖縄のシンガーの「Dragonfruit Moon」という曲を思い出します。
フルーツとは名ばかりのミステリアスなフォルム、毒々しい色。



残り半分のドラゴンフルーツは秋の或る夜に、
この歌を聴きながら、南国の夜を思い出しながらいただきました。

















by misaki_photo | 2016-10-25 07:06 | ==その他== | Trackback | Comments(0)

ムーチーと雪の華。


e0353732_17051445.jpg





沖縄に歴史的な雪が降った頃、
沖縄の前職の先輩から「ムーチー」が届きました。





「ムーチー」??



e0353732_17084697.jpg



「ムーチー」とは餅粉をこねたものを
月桃(方言名サンニン)の葉で包み、蒸らして
無病息災を祈って食べる旧暦の12月8日(新暦の1月下旬〜2月上旬)
の沖縄の行事です。


e0353732_17061635.jpg

( ↑月桃とは、三日月に似た葉と桃に似た花を持つ沖縄の植物)






どんなに暖冬でもムーチーの頃になると
かならず寒くなります。
その頃の寒気を「ムーチービーサー」と言って
「やっぱり(暖冬でも)ムーチー(ビーサー)だね」っていう
会話をしながら昔の人々って凄いねって感心したものです。




ストーブをつけた部屋のなかで
ムーチーを食べていたら
山も時間も飛び超えて沖縄の冬にいるような
いやいやここは松島だよと家路につく白鳥の群れが
教えてくれたような、不思議な気持ちになりました。





さて、今年は暖かな気温で始まった冬でしたが
しっかりとムーチーの季節になると大寒気がやってきて
松島も氷点下の気温に包まれました。


出勤しようと車に乗ると、目の前のフロントガラスに
雪の華が咲いていました。



e0353732_17053451.jpg

e0353732_17093979.jpg




消えていく雪の華を見ていたら
「やっぱりムーチーだね」と思わずひとりごと。
今はこの気持ちを分け合える人は近くにいなくて寂しいけど
私の細胞レベルにまでまだまだ沖縄は染み付いているんだって
白い息を吐きながら少しうれしく思うのです。





by misaki_photo | 2016-01-26 07:10 | Trackback | Comments(0)

夏を凍らせて。



先日、シークワーサーの話を書きましたが
あの高級フルーツのマンゴーもとある方から
送っていただきました。


e0353732_20231213.jpg


プリっと張りのある表皮に
ムッチリ詰まった果実。
ねっとりとした食感と濃い匂いが
島での生活を思い出させる味です。







e0353732_20230485.jpg







たくさんいただいたので
それはそれは堪能させていただきました。
カットして生で。






e0353732_20230746.jpg





ジュルジュルと滴り落ちる果汁を一滴たりとも
逃すまいとかぶりつく、その勢いは
口の周りを果汁で黄色に染めるほど。
いやぁ、んめがった!


そして、できるだけこの味覚を長く味わいたいと欲張りな私は考えたわけで。
今年は「冷凍して保存する」ということを初めてしてみました。
もったいないかなぁと思いつつ
9月になってもウチナーマンゴーを味わいたかったから。


冷凍マンゴー。
すなわち夏を凍らせてみたのです。
凍りついた夏です。(←ちょと怖い)


そんな凍らせた夏の果実と
ヨーグルトと砂糖とシークワーサー果汁を混ぜて
ミキサーでほんの数秒混ぜたら日曜の朝のドリンクが出来上がり。



e0353732_20230907.jpg



朝の一杯としていただきました。







by misaki_photo | 2015-09-10 07:40 | Trackback | Comments(2)

塩シークワーサー。






まだまだ真夏の沖縄から
爽やかな柑橘「シークワーサー」が届きました。


e0353732_15152372.jpg





いただいたのはなんと、ゆうパック1箱分。
100粒以上入っていたはず。


しかも、これ、沖縄にいた頃の先輩のおうちで育てた
家庭菜園で育てたシークワーサーなのですYO!
貴重なものをありがとうございます!



e0353732_15200162.jpg


今でこそ、チューハイに使われていたりして
かなりメジャーなウチナームンになったシークワーサー。
さて、私はどうやって使おうかな。


果汁を絞って炭酸水で割って飲んでみたら
酸っぱいだけじゃなくてほのかに甘くておいしい!
レモンよりも、みかんに近い感じ。

ひととおり親戚に配って、それでもざるに悠々1個分はある。


ひところ、「塩レモン」がブームになりました。
レモンに似ているシークワーサーだって
できるんじゃないだろうか?


つまり、「塩シークワーサー」
だと思い、クックパッドを検索してみたらいくつかヒットしました。



ざっと見てみたら、分量とか特に書いてなくて
塩とシークワーサーを段々にしながらビンの中に
詰め込めばOKみたいな、そんな結論に至りました。


てーげー(適当)で沖縄っぽいレシピでいいんじゃないかしら。
ってわけで、作ってみました。
てーげーは得意だから!エッヘン。

e0353732_15152890.jpg

シークワーサー約20個を櫛形に切り
煮沸消毒したビンの中に、塩と果実と
交互に入れて、最後はてぃーあんだー(手塩)で
ちょいちょいと仕上げる簡単レシピ。


e0353732_15161017.jpg




とりあえず1週間くらい冷蔵庫で眠らせて
様子を見てみようと思います。
どうなることやら。


by misaki_photo | 2015-09-08 07:28 | Trackback | Comments(0)

沖縄でストレスレスになったのレス。







e0353732_14361081.jpg







沖縄にトリポー(トリプル)台風が近づいていた7月。
3つの台風が近づくなんて・・・と嘆いていた私は
島で働いていた頃の同期入社の友人の結婚式に呼ばれていました。


「台風にまで招待状出してたの?」なんてみんなで言い合いながら
天気予報を毎日チェックしてて、結婚式の日は台風が去った翌日に
なりそうだと天気読み。
なんとか、暴風残るなか、那覇空港に到着できました。


結婚式は300人近い参列者。
それを新婦の叔父が司会するという。
叔父さんは司会業をしているわけじゃなくて
素人さんなんですよ。
なのにすごく上手い。NHKを退職したアナウンサーかと思うほどのしゃべり。
さすが、沖縄、芸達者アイランドです。
300人なのにアットホームな心温まる
とても素敵な式でした。



◆◇◆◇



さて、今回の来沖は2泊3日で慌しかったので
フリーな日は1日のみ。
なので友人たちには会えないなあと思って
連絡はせずに、ふら~っと【会える人に会えたらいいさぁ】
っていうコンセプトで過ごしました。



e0353732_14363691.jpg

        *photo:ハム太郎




とりあえず、私が暮らしていた読谷村には行きたかったので
レンタカーに乗って読谷へ行き、やちむんの里でやちむんを
買って、お世話になっていた沖縄イチ有名なパンケーキ屋
「ヤッケブース」へ顔を出す。



e0353732_15104094.jpg





まったく連絡をせず、ひょっこり顔を出したもんだから
いやまんず、驚かれました。
久々のヤッケのパンケーキ、おいしかったー!
こんなおいしいものを読谷に暮らしていた頃は
寝起きで歩いて行けてたなんて、幸せだったなぁ。



e0353732_14362230.jpg




e0353732_14362074.jpg


結婚式で久々に大好きな友人や元上司に会えて
他愛も無い話をしながら過ごした今回の沖縄。
沖縄に帰るまでは、すぐイライラしたり
気分がモヤモヤしたけれどたった2泊ですごく
スッキリしました。沖縄の、少なくても私の友人たちは
ハッピーな人々です。大変な毎日も前向きに毎日を楽しく暮らす人たち。
そういうことを忘れかけていたよ。



前職の頃、仕事柄よく「旅行でリフレッシュしました」なんて
聞いていたけど、ストレスが少なかったあの頃は
あんまり実感無かったわけ。
だけど、今なら「DA・YO・NE!」っていえる。
またいつか、エネルギー補給に帰ろうね!











by misaki_photo | 2015-08-25 07:30 | ==松島からおでかけ== | Trackback | Comments(2)