ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:牡鹿半島 ( 3 ) タグの人気記事

【御番所公園/草間彌生】Reborn-Art Festival



前回、Reborn-Art Fes(以下RAF)で牡鹿半島を訪れた私たち。
半島に到着してすぐに荻浜で白い鹿、「white deer」の
美しさに触れてこれは、とても素晴らしいアートフェスだと
感じながらさらに半島の先端へと進みました。



到着したのは牡鹿半島の先端、晴れていれば金華山から
網地島からぐるっと見渡せる「御番所公園」。
ここは、周りよりも高い場所にあるので
天気が悪い、というよりもモヤがすごくて
とてつもなくガスってる。







ここで野外展示されているのが
かの有名な「草間彌生」さんの作品。
過去に松本市美術館や十和田市現代美術館で
草間さんの作品は何度か見てきたので
(失礼ですが)すこしだけ食傷気味でした。



だけど、このモヤが他のどこにもない
空間を演出してくれてて、草間さんの
不気味ポップな雰囲気を増長させててイイ!




e0353732_22510195.jpg



背景は大海原なはずなのに
突然悪天候に見舞われた山中で
巨大な食虫植物に突然であった遭難者気分。




e0353732_22511571.jpg




食虫植物に襲われる寸前のニンゲンを発見!
キャー逃げて!






e0353732_22592787.jpg




「志村〜!
   うしろうしろ!!」

って全員集合ばりに声をかけたくなりますよね。
食べられる寸前です。






e0353732_22504273.jpg



そして、
誰もいなくなった。。。。











なーんてARTをこんなふうに考えてはいけません。
私の脳内、低レベルすぎ。ぎゃふん。






まじめな話をすると、
このモヤのおかげで白黒の水墨画の世界に
ビビッドな色の作品が対象的に存在していて
独特の世界観ができていました。
この作品のタイトル「真夜中に咲く花」にふさわしい
存在感が出ていました。








御番所公園の場所はコチラ





by misaki_photo | 2017-08-25 23:14 |  L 牡鹿半島 | Trackback | Comments(0)

【荻浜編】Reborn-Art Festival

e0353732_21201872.jpg



晴れた日に行こうと思ってたら
いつまでも晴れない=見れなさそうなので
小雨降るなか


「Reborn-Art Festival(以下、RAF)」


を鑑賞しに、牡鹿半島までお出かけしてきました。






◆◇◆◇






松島から半島まで約1時間。
まずは宮城県民限定のワンデイパスポート(@1,000)を
買いながら、最初の展示を見に「萩浜」へ行きました。
ここ萩浜はRAF@牡鹿半島の拠点になっていて
食堂やダイニングなどもあります。



早速、ワンデイパスポートを購入して
RAFのアイコンのようにメディアに取り上げられている
荻浜にある白い鹿を鑑賞しに行ってみよー。






海沿いの山を切り開いた道を
500mくらいでしょうか、歩いていきます。
連日の雨で道はかなりのぬかるみ。
長靴を履いていかないとかなり厳しいくらいでした。




e0353732_21203620.jpg





ふと、海の方を見ると早速アート。





e0353732_21282025.jpg




鈴木康広さんの「ファスナーの船」。
船が動くことで海を開いたり閉じたり。
そんな様子を、ドローンで空から見てみたい。



e0353732_21360483.jpg




養殖棚。
まるでアートのように
漁師さんの日々の営みも息づいています。
他県から来た人たち、見てくれたかな。
この風景が私たちのふるさとの海です。



e0353732_21355418.jpg




暮らしのなかにあるものが美しい。
それがアートの原点なのかもと思わせてくれる風景。
漁師の方の暮らしが垣間見れました。




そして、いよいよ【白い鹿】とご対面です。





e0353732_21212557.jpg



名和晃平さんの「White Deer」
これを見るためにRAFへ来る方も多いことでしょう。





e0353732_21403982.jpg



見る角度によって


e0353732_21213803.jpg



表情がそれぞれ異なって見えて




e0353732_21213210.jpg




勇壮だったり、チャーミングだったり、気品にあふれていたり。





e0353732_21212912.jpg




e0353732_21211889.jpg




「海と森」という自然界のものの中に、
「異質な素材」で佇んでいるはずなのに
浮いた存在にならないのが不思議でした。



なんでだろうと、よくよく見ていたんだけれど
木々の枝のごとく伸びる角や、
波紋のように取り巻く体のラインがきっと、
海と森とこの異質な存在を一体化させるように
結びつけるはたらきをもたらして
素晴らしい作品にしているんだと感じました。




そうそう、この後、半島を移動中に鹿を2匹見ましたよ。






◇◆◇◆◇◆




その他にも荻浜エリアには
洞窟の中に入って鑑賞する作品や



e0353732_21214855.jpg

e0353732_21220561.jpg




浜にあるダイニングで




e0353732_21284948.jpg



軽いサンドを買ったりできる場所もあって


e0353732_21220032.jpg


食べてみたり。





だけど、それだけでは足りなかったので
近くのパーラーで売っていた石巻焼きそばを食べる。






e0353732_21502783.jpg





パーラーで売っていた焼きそばや
自販機で買ったコーラでさえも
ここで食べるとアートのように見えるから不思議です。






☆この日訪れたエリアはコチラ↓





















by misaki_photo | 2017-08-22 22:08 |  L 牡鹿半島 | Trackback | Comments(0)

【コバルトライン】海と森が共存する場所へ。

e0353732_21333935.jpg


梅雨の晴れ間の日曜日。

せっかくのいい天気だったから、ムダにしたくない。
少し足を伸ばして、牡鹿半島のコバルトラインへ行きました。




コバルトラインはどちらかというと半島の山沿いを走る道路で
山側の高い場所から海を時々見下ろせる絶景ルート。
若い頃から釣り竿片手に牡鹿半島を駆け巡っていた
うちの旦那のT氏も、コバルトラインは小学生以来とのこと。
さて、どんな眺めが待っているのでしょう。



石巻から女川方面へと進み
突如現れた交差点を右折するとコバルトラインは
突然始まる。


最初は山の風景だったんだけど
ある程度登り終えると、早速絶景が
現れました。




e0353732_21330258.jpg




深い森の緑越しに
雄大な大海原が広がる風景。
ここで深呼吸すると山の空気も
海の空気もどっちも吸い込めそうで
呼吸するたびに、こころが満たされる。


そして、またしばらく山道をくねくね進む。
くねくねロードにすこーし酔ってきた気がして
なんとなく遠くを見てたら、遠くを見てたら・・・
次のカーブの茂みでガサガサ動く茶色い物体。


これって・・・

e0353732_21335584.jpg



なんということでしょう。





e0353732_21335865.jpg




「野生のシカ」です。




T氏いわく、夜釣りをしていると
車の数十センチ横まで近づいてくるけど
(あるいは車と衝突することも多々あるらしい)
昼間に出てくるのは初めて見たとのこと。


作物を食べてしまったり
人間にとって迷惑な面もあるようですが
とつぜん目の前に現れたバンビたんは
私にとってはただただかわいい野生動物でした。




そんなこんなでコバルトラインの終点付近に到着。





e0353732_21340626.jpg



どうやら「御番所公園」というところの
眺望が◎なようなので立ち寄ってみました。





e0353732_21342034.jpg



すると、360度見渡せる展望台があって



e0353732_21340916.jpg




目の前には、金華山!
振り返ると、網地島と田代島。




e0353732_21341432.jpg



宮城の島のオールスター戦?ってくらい
大御所たちが佇む海。


「森の豊かさが海の豊かさにつながる」って
よく耳にしますが、街なかに暮らしていると
頭ではわかった気になっても実際、ピンとこない。


でも、こうして大パノラマのなかに深い森と海が
共存している姿を見ると、その言葉がストンと腑に落ちる。


森の養分が海に流れ出す。
そんな自然界のシンプルな循環が
まるで自分が森の一部の、
たとえば、あのシカになったような目線で見えてきた。




◆◇◆◇





お昼にさしかかってきたので
半島の付け根のほうまで戻って
「cafe はまぐり堂」でランチタイムです。
先ほど、私たちを癒やしてくれたシカを
思い出しながら鹿カレー



e0353732_22252688.jpg








e0353732_21350598.jpg



はまぐりセットを食す。
シカさん、南無南無。



はまぐり堂には久しぶりに来ましたが
雑貨屋さんもオープンしているようです。






e0353732_21345123.jpg


e0353732_21344265.jpg



e0353732_21343280.jpg



牡鹿半島に来るたびに
仙台とはまったく違う風景に驚かされます。
これもまた宮城、なんですね。

by misaki_photo | 2016-06-28 07:19 | ==おでかけ風景== | Trackback | Comments(0)