ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:石巻市 ( 2 ) タグの人気記事

あら〜麺。




3月16日の「ぼんやり〜ぬTV」で
石巻市の元気市場で「あら〜麺」が美味しいと
サンドウィッチマンが言っていたので
早速3月17日にその「あら〜麺」なるものを
食べに出かけてきました。






e0353732_14201484.jpg





「あら」って言うくらいなので
白身魚のアラ出汁がふんだんに使われていて
そこに、鳥の出汁を混ぜ合わせたスープでできてます。



一口、スープを口に入れたらばね、
塩味のアラ汁みたいな味に
鳥のコクが溢れてて、止まらなくなりそうな味。



具材もワカメやふのりの地場産品のほか、
チャーシューの代わりにタラの天ぷらが乗せられていて
工夫されてます。
もちろん、麺も私好みの中太の縮れ麺で◎。




サンドウィッチマンが絶賛していたものの
内心、テレビだし、誇張してんじゃないの?
って思ってたのは事実。
だけども、食べてみてわかりました。
本当に美味しい。



周りを見渡すと7割近い人たちが
あら〜麺を注文しててテレビ効果すごいなーって実感。





e0353732_14201063.jpg


と思ったら
新聞にも載ってたのね。
そりゃ反響あるわけだ。
それにしても、あのスープ。
ペットボトルに入れて、持ち歩きたい(笑)




◆◇◆◇





食後は1階の地場産品売り場に移動して
お土産の海産物探し〜。






e0353732_14332195.jpg





これまたサンドウィッチマンが番組で
試食していた「タコまみれ飯」をゲット。(←ミーハー)





e0353732_14332455.jpg



そして、今が旬の白魚もゲット!
白魚の値段なんて意識したことなかったけど
直感的に、これ安いって思ったんです。
(隣で一緒に白魚を見ていたおんちゃんも安いって言ってたしw)
多分、200g以上は入っていたんじゃないかな
これで500円。
後日、石巻イオンで探してみたらこの半分の量
500円〜700円してましたです。



そして今まで避けて通ってきた
「天ぷら」という調理を、人生初めてやってみました。



白魚のおかげで、新しい扉が開いた感じです。
(大げさ)








詳細はコチラ↓





by misaki_photo | 2018-04-01 08:45 |  L 石巻市 | Trackback | Comments(0)

【荻浜編】Reborn-Art Festival

e0353732_21201872.jpg



晴れた日に行こうと思ってたら
いつまでも晴れない=見れなさそうなので
小雨降るなか


「Reborn-Art Festival(以下、RAF)」


を鑑賞しに、牡鹿半島までお出かけしてきました。






◆◇◆◇






松島から半島まで約1時間。
まずは宮城県民限定のワンデイパスポート(@1,000)を
買いながら、最初の展示を見に「萩浜」へ行きました。
ここ萩浜はRAF@牡鹿半島の拠点になっていて
食堂やダイニングなどもあります。



早速、ワンデイパスポートを購入して
RAFのアイコンのようにメディアに取り上げられている
荻浜にある白い鹿を鑑賞しに行ってみよー。






海沿いの山を切り開いた道を
500mくらいでしょうか、歩いていきます。
連日の雨で道はかなりのぬかるみ。
長靴を履いていかないとかなり厳しいくらいでした。




e0353732_21203620.jpg





ふと、海の方を見ると早速アート。





e0353732_21282025.jpg




鈴木康広さんの「ファスナーの船」。
船が動くことで海を開いたり閉じたり。
そんな様子を、ドローンで空から見てみたい。



e0353732_21360483.jpg




養殖棚。
まるでアートのように
漁師さんの日々の営みも息づいています。
他県から来た人たち、見てくれたかな。
この風景が私たちのふるさとの海です。



e0353732_21355418.jpg




暮らしのなかにあるものが美しい。
それがアートの原点なのかもと思わせてくれる風景。
漁師の方の暮らしが垣間見れました。




そして、いよいよ【白い鹿】とご対面です。





e0353732_21212557.jpg



名和晃平さんの「White Deer」
これを見るためにRAFへ来る方も多いことでしょう。





e0353732_21403982.jpg



見る角度によって


e0353732_21213803.jpg



表情がそれぞれ異なって見えて




e0353732_21213210.jpg




勇壮だったり、チャーミングだったり、気品にあふれていたり。





e0353732_21212912.jpg




e0353732_21211889.jpg




「海と森」という自然界のものの中に、
「異質な素材」で佇んでいるはずなのに
浮いた存在にならないのが不思議でした。



なんでだろうと、よくよく見ていたんだけれど
木々の枝のごとく伸びる角や、
波紋のように取り巻く体のラインがきっと、
海と森とこの異質な存在を一体化させるように
結びつけるはたらきをもたらして
素晴らしい作品にしているんだと感じました。




そうそう、この後、半島を移動中に鹿を2匹見ましたよ。






◇◆◇◆◇◆




その他にも荻浜エリアには
洞窟の中に入って鑑賞する作品や



e0353732_21214855.jpg

e0353732_21220561.jpg




浜にあるダイニングで




e0353732_21284948.jpg



軽いサンドを買ったりできる場所もあって


e0353732_21220032.jpg


食べてみたり。





だけど、それだけでは足りなかったので
近くのパーラーで売っていた石巻焼きそばを食べる。






e0353732_21502783.jpg





パーラーで売っていた焼きそばや
自販機で買ったコーラでさえも
ここで食べるとアートのように見えるから不思議です。






☆この日訪れたエリアはコチラ↓





















by misaki_photo | 2017-08-22 22:08 |  L 牡鹿半島 | Trackback | Comments(0)