人気ブログランキング |
ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:釣り ( 3 ) タグの人気記事

骨のズイまで食べてやる!

e0353732_15170341.jpg




ギョギョギョ!
まな板の上の鯉、ならぬ
まな板の上のアイナメ!






e0353732_15170023.jpg




冬のある日
県内の某浜で、我が家の釣りキチさんが釣ってきたアイナメ!
身の丈48cmで、釣り好きからしたらサイズどうかわからないけど
シロウトの私からしたら鯉を釣ってきたのかと
問うてしまいたいくらいのサイズ。
ネギと比較しても大きさがわかるでしょ!?



ってか、キスしか釣ったことがない私からすると
こんな大きい魚を釣るってどんだけのヒキを
感じるのかなーって想像もできません。
が、いつか体験してみたい!と思いつつ
切り身以外の魚は触れないという矛盾も感じながら
釣りキチさんがさばいているのを見てました。




e0353732_15170551.jpg



ドヤサ!の3枚おろし!



e0353732_15171168.jpg




一枚がべらぼうに大きい。





e0353732_15170875.jpg


引き締まったボディに
太平洋の荒波を乗り越えてきた
たくましさを感じます。
(荒波には行かない根魚だけどw)



e0353732_15301301.jpg



プリプリしてました。
一部はお刺身にしまして
あとは、昆布締めにして翌日以降のお楽しみに。
昆布締めも大成功しまして、翌日は塩とレモン汁がよく合う味で
翌々日は、シンプルに醤油が合う味になっていて
毎日変わる味の変化に、白身魚と昆布の奥深さを感じました。





e0353732_15165528.jpg




そして、他には「あら汁」を作りました。
人生初の「あら汁」作りです。
今までは、刺身までする頃にはなんか疲れて
あらさんには申し訳ないんだけど、タレか者の私は
あらを投げてました。



しかし、今回。
お命頂戴したからには、
骨のズイまで味わいつくしてやる!という
決意のもと、「あら汁」を作りやした。



昆布出汁にあらと、ほんの少しだけ市販のだしの素を
入れただけで、こんなに味が出るのー!って
驚くような味が出ました。
今まで投げててゴメンなさいと謝りました。






by misaki_photo | 2018-04-07 08:05 |  L 松島で食べる。

「松島湾に住むと食事はこんなぜいたくができるよ」っていう自慢話。


e0353732_21134826.jpg





仙台に暮らすみなさん、
おいしいお魚食べてますか?


今日は、魚屋の「北辰」もない
松島に暮らす私たちの魚事情を自慢させてください。ww


釣り好きな我が家のT氏が
(正確には松島湾ではないのですが)
女川へ魚釣りに行ってきました。



ここ最近、目を見張る釣果には恵まれない感じだったのですが
久々のヒットを放ち、釣ってきました。


マコガレイちゃんとアイナメさん。


e0353732_21140496.jpg




マコガレイはまな板と同じくらいの大きさで
見る人が見たらもっと大きいマコちゃんがいるよって
言うかもしれませんが、私的には充分な大きさで驚いた!





e0353732_21141127.jpg



ちょうどこの釣りの前の週にうちの母から
妖刀ムラサメをもらっていたので、さばくーーー!(T氏が)



e0353732_21142070.jpg




そして、お刺身でいただきます。





e0353732_22215361.jpg





臭みもなく、うまみがあって美味。
今度は昆布ジメしてほしい。





アイナメはムニエルにしました。




e0353732_21134191.jpg





もともとの大きさを私は見なかったのですが
ふたりでお腹いっぱいになるくらいの量がありました。
身がすこぶるやわらかい。ふわふわでした。



というわけで。
松島からは女川や牡鹿半島などの豊かな漁場までも
1時間で行けます。なんなら、そこまで行かずして
松島湾で釣れるところもあるようです。
スーパーで買物をして食材を調達するのがあたりまえ、
というのがあたりまえの生活ですが
ときには狩猟本能たぎらせて獲った食材を
感謝しながらいただくのも、ぜいたくだなぁと感じます。



とはいえ、さばかれる前の魚を触るのが苦手な私です。ww
そんな弱い都会っ子な私でも生きていけるくらいにちょうどいいあんばいで
都会と田舎が交わる喫水線のスローライフが松島ではできるんですよ。






by misaki_photo | 2016-10-31 07:18 |  L 松島で食べる。

gyo-gyo-gyo!



いちお、田舎のなかの都会っ子な私なので
野菜には青虫がいないのがフツウで
魚は切り身になっているのがフツウっていう
そういう暮らしをしていました。



だけど、釣りが命の人と結婚をして松島に暮らすと
仕事帰りに釣りをして、釣った魚をお土産に持ってきたり
青虫がついている野菜をもらったりすることが
増えてきました。


でも、やっぱり苦手であります。
特に、魚。







e0353732_22035083.jpg




先日、60センチ近いマゴチ
釣り人のダンナT氏が釣ってきまして。





最初、「釣れたよ−」って写メが届いた時には
すごーい!と喜々としていた私が家に帰ると
「おかえりー」なんて、T氏とマゴチンが待っててくれて・・・



思わず「ギョギョギョ!」って言ったってば。





いやあ、ホンモノの魚はグロいよね。
ドゥルンとしていて、一瞬でサブイボ立ったよ。




んで、袋のなかに入れてシンクに置いてたら
時々動くの、マゴチンってば。
そのたびに私、怯えて仕事にならないから
洗面所に移動させられてたよね、たしか。






e0353732_22055482.jpg






そして、さばかれるマゴチン。
まさに、お命頂戴つかまつる!






皿に並べられるマゴチン。

食べるボクチン。






e0353732_22035422.jpg




まったく臭みがなくておいしかったんだけど

生前のあのグロい姿を思い出さないように

思い出さないようにと頭で繰り返すほどに

かえって思い出してしまった

田舎のなかの都会っ子

団地出身の軟弱っ子だと

思い知らされたのでした。

私は強くなりたい。





by misaki_photo | 2016-06-06 06:58 |  L 松島であそぶ。