ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:長女 ( 10 ) タグの人気記事

4ヶ月。



4ヶ月の頃は
とにかくムスメの機嫌が悪かった。
体調不良と自己主張が出てきたのかな。





◆◇◆◇◆◇





ちょうど4ヶ月のまんなか頃。
いつもどおり大きい口を開けて泣く我が子。


ふと見ると、歯ぐきに白いモノが。


あ、歯だ。


e0353732_21040264.jpg




6ヶ月頃に生えると聞いていたから
我が目を疑ったけど、これは確かに歯だ。


どうりでこの頃、機嫌がすこぶる悪いわけだ。
歯ぐずりっていうのかな。



ぐずりの原因は、歯ぐずりもあるんだけど
他にも、中耳炎になったりもした。
しかも、左耳が治ったと思ったら2週間後には右耳も。



初めて耳と鼻に器具を入れられて治療されるムスメは
当然のごとくギャン泣きで、私も最初はハラハラしてたんだけど
耳垢が取られたり、鼻水を吸い出されている姿を見るにつけ
次第に、あらぁ穴から垢が出てくる出てくる!
なんてすっきりするんでしょ!
なんて思えてきちゃって。



それからというもの通院すると
今日はどれくらい耳垢と鼻水とれるかなっていうのが
密かな楽しみになってしまってた。
ムスメよ、ゴメン。



そんなこんなで歯が生えて、中耳炎が治り
やっと機嫌も治ってきたかなあと思っていたら
私と主人以外が抱っこすると泣き始めるようになった。


ついに始まったのか。
人見知り。


家以外の場所に行くと明らかに顔が緊張していて
誰かに抱かれると泣いてしまう。


でも、家に帰ってきた途端に
リラックスして一気に笑顔になる。


家とその他の場所、
父母とそれ以外の人、
見分けついてきたんだね。
記憶力も。



いよいよ5ヶ月目には
離乳食が始まる。


by misaki_photo | 2018-10-22 21:06 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

3ヶ月。

沖縄に暮らしていた頃に
強烈な紫外線を浴びていたにも関わらず
スキンケアをしていなかったツケと
出産と育児で諸々栄養を持っていかれたおかげで
私はまったく色白ではない。


しかし、ムスメはありがたいことに
「色白」だと言われる。
太陽にあまりあたっていないこともあるけど
けっこうな色白さん。
この間も、町の検診で保健師さん皆さんに
色白だと言われ「スキンケアの方法は?」と尋ねられ
こんな母親なのでズボラにローションくらいしか塗っていないと
正直に言ったのでした。



白くてムッチリ。
食べ物だとしたらとてつもなく美味しそうな
ジャンルに入るはずだ。
ぺろり。


そう、その検診だけど
体重が7.4kg、身長が65cmになっていた。
成長曲線の上の方。



同じ時期に生まれた8人の子どもたちが検診に来てて
みんなかわいく「コロン」と床に転がって順番待ちしていたのに
うちのムスメはあきらかに「ゴロン」と、濁点をつけて
しまいたいサマで転がっていた。



他の子よりも、体の長さも厚みも髪の毛も存在感もあるのに
一番メソメソ泣いていたw。



大きいのに一番泣いているなんて、
泣き虫?  いや、そうじゃなくて
気は優しくて力持ちだと思えばいいのかな、と
前向きにとらえておこう。





e0353732_16522112.jpg
*首が座った姿を上からパシャリ






そしてついに、首が座った。
しかも、健診の前日にできた。
健診のメインチェック項目だと知っていたのか。
それとも夏休み終了前日に宿題を仕上げるタイプなのかしら。



おもしろいのは首がすわった途端に
彼女の中で変革が起こっているのか
いろいろな変化が起こり始めた。



要求泣きをするときに唇をとんがらせるようになった。
ちょっと喉に力を入れて泣くようになった。
キャーキャー黄色い声を出すようになった。
縦抱きを要求するようになった。
耳の横の毛を耳にかけられるくらい長くなった。
一方、私の髪の毛は産後のアレで抜け毛が増えた。
いっそ、白髪から抜けてくれればいいのに
黒い毛ばかりが抜けていく。




首がすわる、ということは
天井を見ているしかなかった彼女の視野が
これからは進行方向を見る視野になっていく。



これって赤ちゃんにとっては見える世界が変わる、
画期的で革命的なできごとなはずね。



私も誰でも通った道なんだろうけど忘れているだけで
こういう自分の中の大変化を積み重ねながら
オトナになってきたんだろうなとムスメを見て
思い知らされました。



次は、寝返りだ〜!
一緒にがんばんべ!









by misaki_photo | 2018-09-07 16:54 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

100日ってよ。

e0353732_23310937.jpg


ムスメが生まれてから100日が経ったので
「お食い初め」をした。



さて、どうやってお食い初めをしようかと
考えて・・・
いちお、子育て中の身。
料理を作るのは厳しいと思って
買い揃えたお料理にして
会場はお気楽に我が家で開催することに決定。



早速、オードブルと刺身盛りを矢本のヨークで注文して
赤飯、デザートはそれぞれ両家の持ち寄りにして
サラダと吸い物だけを私が作った。
(写真を取り忘れたんだけどヨークの刺身ったら
分厚くてすごかったの。さすが、石巻エリア!)



主役の我がムスメのお食い初め膳は
縁起を担ぎたいし
きちんと昔の習わしに沿ったものをと考えた。
だども私は作れないから仕出しかなぁなんて
思っていたけど松島地区はなかなか仕出し配達エリアに入らない。
そこで調べたところ、きょうびお食い初め膳を
ネットで買えるという驚愕の真実にたどり着いた!




ネットショップでポチっとしました。
ほんと、便利な世の中!
田舎町の強い味方はインターネッツ!
器は我が家であるものを使いました。
「ネットで買うなんて味気ない・・・」と
思う方もいらっしゃると思いますが
これがなかなかのモノありんした。





e0353732_23290524.jpg

鯛は天然モノ。
他に煮物、卵焼き、生酢、かまぼこ、赤飯、はまぐり(貝と汁)などなど
豪華なラインナップ。



それを、年長者から順番に食べさせる真似事をして
ムスメは次々にかまってもらえるもんだから
ご満悦の様子。



そうそう、引き出物でフォトブックを用意しました。
この100日間の写真。
ある夜、急に思いついてワタワタと作ったから
今となっては反省点が多々あるフォトブックだけど
みんな喜んでくれたから◎としよう。



将来、ムスメにこのフォトブックを見せるときには
あなたが生まれてたくさんの人に幸せを与えて
たくさんの人からおめでとうという言葉をもらったんだよって
語り継いでいかないとなぁと、思うのでした。








◎おまけ◎
残った鯛は翌日「鯛めし」にしていただきました。

e0353732_23331069.jpg



by misaki_photo | 2018-08-13 23:34 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

クセがすごい。

e0353732_15012340.jpg




「川の字」で寝ているはずだった。
私、ムスメ、旦那、川の字で寝ていた。


しかし、2ヶ月を過ぎた頃から
ムスメの寝相が悪くなり
真ん中の棒を担うムスメが
90°回転移動し横向きに寝るようになり
「Hの字」を描いて寝ている。
さらに、180°回転するようになる。



回転するだけならまだしも
朝方眠りが浅くなるとムスメは
お尻と両足を天に突き上げそのまま
振り下ろすかかと落としをするようになった。
かかと落としをしながら90°回転移動をし
私の顔にかかと落としを食らわしてくる。
早く起きろと語っているのだろうか。
恐ろしきベイビーガールである。


e0353732_15012758.jpg


また、足癖もなかなかに激しい。





e0353732_15303780.jpg


日中寝かせているハイチェアーでは
自由気ままに足を置いて眠り
実に堂々とした佇まい。





e0353732_15013053.jpg



ときに寝首を掻いて真剣がとんできたときには
足で真剣白刃取りもできるよう鍛えているようだ。
くノ一のような、ベイビーガール。




このクセのすごさ、
間違いなく私ゆずり。






by misaki_photo | 2018-08-03 08:01 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

毛のはなし。

e0353732_12074128.jpg


娘が生まれる直前、
私の出っ張ったお腹には一面薄っすらと
毛が生えた。


ほんとかどうか分からないけど
お腹を守るために毛を生やす
防衛本能とかいう話を育児書かなんか読んで


「脳って天然〜♪
守るつもりなら毛よりもっとほかの方法があるじゃん〜」


なんて言ってたら旦那に怒られたw
そういう意味じゃないでしょって。
まあね。



そんな防衛本能の名残なのか
単にお猿さんから抜けきれないからなのか
娘が生まれたばかりの頃
体毛がなかなか濃くて驚いた。
それがトップ写真。
あらら毛深い。



母さんは行きそびれたけど
今の時代、永久脱毛もだいぶ安くなったから
気になるなら将来、TBCにでも通いなはれなんて
思っていたらいつの間にか薄くなってた。



一方、頭髪。



防衛本能があるならば
大切な頭を毛深く仕上げてから生まれたほうが
いいんじゃない?っていうくらい
頭の毛がなかった。
今後、どんなふうに生え揃っていくのかが楽しみで
毎月一枚、頭髪の写真を撮っている。
頭髪の定点観測だ。



【5月】
e0353732_12070965.jpg




【6月】
e0353732_12071406.jpg



【7月】
e0353732_12073454.jpg


こうやって並べてみると
少しずつ毛が濃くなって
ふんわり仕上がってきているのがわかる。
産毛が減ってコシのある毛が増えてきている。


風呂上がりの濡れた髪にブラシをかけるとき
赤ちゃんヘアよろしくすべて前に垂らすと
伸びた髪の毛は以前よりさらに橋田壽賀子感が強くなり
おばちゃんみたいで、笑いが止まりません。


また、髪が乾くと、頭の真ん中はぺしゃんとなり
両脇は逆立ち、電撃ネットワークの
南部さんみたいな髪型になる。
ああ、おもしろい。


でもね、壽賀子でもいいの。
南部さんでもいいの。
天パの私のDNAが入らなければ!


ストレートヘアをさらさらと風になびかせるという
母が成し得なかった、憧れを叶えてくださいませ!








by misaki_photo | 2018-08-01 14:38 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

2ヶ月。

駆け抜けた2ヶ月。



早かったのか遅かったのか
自分以外の人(ムスメ)中心の時間軸の中で生きるのは
初めてのことだったので
時間の速度が測れない。



でも、新生児の頃から大きく変わった
ムスメの姿かたちと心の成長を見ると
早くても遅くても、濃ゆ〜い時間が
流れていたんだと思うのは明らか。



1ヶ月の頃の記事はコチラを見てもらうとして
それ以降で変わったことを
残しておこう。
書いておかないと忘れてしまう
なんせズボラな母だから。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




6月は、2ヶ月検診。
身長はさらに伸びて58cm、体重は5.8kg。
3ヶ月経った今、家での計測によると体重は6.5kg位ある模様。
重いよbaby。おかげで、朝起きる時に腰が痛くて動けず
ゆっくりと寝返り打ってからの立ち上がり。
嗚呼、高齢出産の悲哀なり。




でも、夜の寝つきが良くなって早めに寝てくれるようになり
8時間くらい寝てくれるから夜間授乳が1回になった。
腰が痛いなりにゆっくりと寝ることができている。
「寝る子は育つ」って言うけど、その通りだと思う。
だって、朝起きるごとに新しい何かができるように
変化が起こっているんだから。



主人がムスメに近づくと、必死におしゃべりするようになったのもこのころ。
時には日中の私へのグチを、仕事から帰った主人に
告げ口するように語り
時には聖子ちゃんもびっくりなぶりっ子で甘え
主人とムスメの二人の秘密の絆が生まれた。
自分とムスメが仲がいいのも嬉しいけど
旦那さんとムスメが仲がいいのを見るのは
もっと嬉しくて幸せだ。





e0353732_21004466.jpg





それでも私にも、朝のご機嫌タイムには目を開けて
声を出して笑ったりして、
育児が少し楽になるとともに楽しさもわかりつつあった6月。
こちらからのアクションに反応が出てきておもしろいもんだから
プーさんの「メリー」っていう赤ちゃんのおもちゃを買ってもらい
子守をプーさんと分担し始めたら、ずいぶん助かったなぁ。





7月になると、自分の拳を見つめる時間が増えて
調べてみたら「ハンドリガード」っていう行為で
手が自分の一部っていう認識が生まれて自由に動かせる
ことに気がつく状態なんだって。




e0353732_21010549.jpg



そんなハンドリガードを始めてから
手がどんどん器用になっていって
タオルを掴んだり、おもちゃを掴んだり叩いたり
今までには見られない行動をするようになりました。



で、手が発達するということは
脳にも刺激がいくということなのかどうか
わからないけど、脳の発達も著しく
絵本なんて読んだって興味持たねよなーと思いつつ
絵本を読むと、話の内容わかってんのか
分かってないのかアレだけどじっと絵を見てるの。





e0353732_21005011.jpg



でもここ数日、一番のお気に入りは
ダイキンエアコンのマスコット「ピチョンくん」のうちわ。
うちわを見せるだけで話しかけてます。
私がピチョンくんに成り代わり話しているとも気づかずに
必死で会話している姿がおもしろいね。



またこれからの1ヶ月どんな変化があるんだろう。
毎日の成長速度が速いけど私も負けないように
母として成長しないとなぁ。















by misaki_photo | 2018-07-18 21:10 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

【検証】母性は目覚めるのか。

e0353732_16402042.jpg
*抜け毛すらもめんこく感じるお。





実を言うと・・・
ヒドいオンナだと思われることを覚悟で書くと・・・
私という人間は、出産前まで「子供」というものが
あんまり好きじゃありませんでした。


2歳くらいになって喋ると喋れないの境界線に
なってくると、かわいいなぁって思えるんだけど
赤ちゃんと呼ばれる年齢の子供ってみんな同じに思えて
特にかわいいとかあんまり思えず、よっぽどイヌヌンの
赤ちゃんの方が分かりやすい可愛さだよなぁなんて思って
友達の赤ちゃんに会いに行っても、母性は疼かない系女子でした。
(そのくせ、職場は子供相手という矛盾w)



で、出産したらどうなるのかな?ってのが
自分でも興味を持っていたんだけど



母性ムンムンになりました、テヘ。



あるときは、道行く赤ちゃんを目で追ったり


またあるときは、テレビに映る赤ちゃんを見ると
「あらぁ♡」なんて甘い声をあげたり


いつも見ているユーチューバーに子が生まれると
一緒になって感動したり


子供が痛ましい目に遭う報道を目にすれば見てられなくなり
果ては、カルガモの赤ちゃんが側溝に落ちて
助けられたニュースを見ても
今までにないくらい胸を撫で下ろしたり



何やってんだろ(笑)



確実に、4月28日の体験が私の中の何かを
変えちゃったんだね。



赤ちゃんのめんこさっていうのは
その存在の尊さを愛でるっていうことなんだね。
イヌヌンみたいに直接的にかわいいが伝わる
アイコンじゃなくて、生まれるまでの背景とか
存在の重さとか、命の神々しさ、尊さ、そういうのを
ひっくるめての「かわいい」なんですね。
(んでも、イヌヌンの赤ちゃんは絶対的にかわいいけど)



まとめます。
母性は、目覚めます。




by misaki_photo | 2018-06-14 16:42 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

ゆりかごの唄。

e0353732_11344240.jpg







今は実家にお世話になっていて
子育てを母に手伝ってもらっている。



「子守唄を歌う」っていう行為が
私の37年の人生で無かったわけだから
子守唄のたぐいについて何も知らなかったんだけど
母が歌う「ゆりかごの唄」を聞いてたら
遠い遠い記憶が揺さぶられて、
ふと聞き覚えがあるような気がした。



で、あらためて歌詞を検索してみたら
すっごくいい歌詞で、感動したわけで。
みなさんは既知のことだと思うのですが
私は初めて知りました。



ゆりかごの唄をカナリアが歌ったり
ゆりかごの上にびわのみが揺れたり
ゆりかごのつなを木ねずみがゆすったり
ゆりかごの夢にきいろい月がかかったり。



詳しい歌詞はこちら




各パートたった2行の歌詞+ねんねこの繰り返しなのに
言葉のチョイスが
すごく優しくてかわいくて愛おしい。
それでいて日本の情緒もあふれてて
その情景を思い浮かべると胸がキュンとする。



だって
数ある鳥の中から、カナリアですよ!
数ある果物の中から、びわのみですよ!
リスじゃなくて、木ねずみですよ!




チョイスの妙よ!




北原白秋すげぇって言ってたら
母が「今頃、白秋のわかったの?」と冷たく一蹴。
あいやまた、子を生んだことで
知らないことが一つ減った。




by misaki_photo | 2018-06-07 11:35 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(0)

1ヶ月。

e0353732_17404152.jpg





ムスメが生まれてから早くも1ヶ月。



1ヶ月検診が終わって体重が
1.2kg増えて4.5kgになり
身長は2cm伸びて53cm。
健やかです。
あ、「健やか」って言葉今まで使ったことなかったけど
子供を生んでからやたらと聞いたり使ったり増えた言葉だな。と。



さて、乳とオムツの無限ループの中で気がついたことは、
この1ヶ月でムスメはお腹が空けば
ヘビメタバンドのVo.みたいに泣くようになり

かと思えば、「あう〜」とかわいい声をあげて
おしゃべりするようになり

大人顔負けに大きい音を出す自分のオナラで
モロー反射をして笑わせてくれたり

布袋様みたいに縦長の頭に生えた髪の毛が
少し伸びたけどまだまだベリーショートで
橋田寿賀子みたいだったり

表情が豊かになってきて微笑んだり甘えたり目で追ったり

こっそり寝ている間に娘を母に預けてスタバで息抜きして
家に帰ってくると、寝ていたはずなのに目を丸く開けて
「あう〜!」と門限を破って帰ってきた子を叱るように
言ってきたり、人間味が出てきました。


「新生児」っていう気配がなくなりつつあって
「子供」っていうジャンルに近づきつつある1ヶ月目。
成長って早いんだなぁ。


そりゃそうか。
お腹で発生した時は米粒みたいだった生物が
10ヶ月で50cmの人間の赤ちゃんになったという
ものすごく早い細胞分裂をしてきたのがこの子だ。
これからもあっという間に成長していくんだろうな。



あと、血液型がわかりました。
AB型です。
ちなみに私も主人もAB型です。
AB型夫婦がAB型を生みました。
私、AB型製造マシーンになりました。






by misaki_photo | 2018-06-04 17:46 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(2)

2018.4.28 出産備忘録。


e0353732_18031951.jpg



いててて。


産院で目覚める2日目の朝。



2018年4月28日、長女を出産しました。



本当は4月27日の出産を目指して26日から入院していたんだけど
予定通りには行かず、28日に持ち越しになっていました。
あ、でも、正確に言えば4月28日が予定日だったから正しい日時に
ムスメは生まれようとしていたのかもしれません。
そういう点、待ち合わせ時間に家を出るような私には
似ても似つかぬところがある
ということで◎としよう。



37歳での初産ということで
凝り固まった産道をできるだけ柔らかく
緩めるためにお医者様から「無痛分娩」の
提案を受けて望んだ出産。
「無痛」とはいえ、立派にイタいです。はい。
いや、普通に産む人よりは痛くはないかもだけど。



人生でめったにあることじゃないので
ザッとしたこと書き留めておきます。




【4月27日】
12:30にLDR(出産の部屋)へ移動。
LDRへ到着すると、背中に麻酔の管を入れてそのまま麻酔を注入。
すると、どうやら私、麻酔が効きやすいスナオなカラダなようで
1時間程度の効き目の麻酔が3時間くらい効いてしまって
さらに、陣痛も弱いタイプだったようなので
LDRに到着後、促進剤を打つも効き目弱く17:30で一旦終了。
あと一歩が足りない感じ。
どうやら、赤ちゃんの向きが頭は下向きだけど向きが悪いらしく
出産にいたらず、翌日へ仕切り直し。
麻酔が切れた後、陣痛でイタいイタいの眠れない夜を過ごしました。




【4月28日】
朝、なんとかご飯と味噌汁を食べたけど、痛みで吐き戻す。
9:00 LDRに向かいます。
うへ、昨日より確実に痛いや、歩くのがやっと。
数分おきの陣痛で休み休みの移動なり。
促進剤を少しずつ増やして、痛さMAX!!
うへぇ、助けてくれいっ!と思っていたところで
「麻酔入れっからね」の天使の声。
麻酔が入って腰のあたりが冷たくなる
不思議な感覚を味わっていたら
あっという間に下半身から痛みが消えて行きました。


助産師さんたちは運動会のおかずについて話したりして
リラックスさせてくれながら、
「張りが来ました」の私の声で一気に本気モードに切り替えて
吸引しながらものの3分で赤ちゃんをこの世に引っ張り出して
くれました。





産んでから急いでメガネをかけて
ムスメと初対面。
すると、目から何から全てダンナに似ている顔で
思わず爆笑!



生まれてきたら「生まれてきてくれてありがとう」なんて
かっこよくキメようと思ってたのに、あまりに
ダンナに似ているもんだから、笑えてしまって
かっこいいこと、何も言えなかった。



10ヶ月間、私の体のスペースを貸して
蹴られても蹴られても栄養を供給してあげたのに
ぜーんぶ、ダンナのDNAにもってかれた(笑)



でもね、それでいーの。
生まれてすぐに私の横でニコニコしながら
私の顔を見つめている姿を見たら
穏やかそうな性格までもダンナに似てそうで
嬉しくなりました。



人生で経験したことのないことが続いた、この10ヶ月間。
「妊娠前」「妊娠中」「出産」「出産後」
私の連続した人生だけど
それぞれのピリオドごとに
別人の時間が人生が流れているような不思議な感覚。
なんかうまく言い表せられないけど、そんな感じ。
これが人生観が変わるっていう感覚なのかな。
だとすると、人生観が変わるっていうのは
思ったよりも劇的ではなく、重ねた積み木の上下を
逆に入れ替えながらもどんどん上に積み重なっていく、
そんな感じなんだなってことがわかった。







by misaki_photo | 2018-05-21 13:13 |  L ムスメのこと | Trackback | Comments(2)