人気ブログランキング |
ブログトップ

風景ノート。

fukeinote2.exblog.jp

タグ:馬の背 ( 2 ) タグの人気記事

お馬の背くらべ。

利府町にある「馬の背」というビュースポットは
私が好きな場所ということもあって、このブログでも何度か
載せてきました。


ある日、お隣の東松島市の宮戸島に
馬の背に似た景色があると聞いてから
好奇心ムクムク。



どこにあるのかな?と
調べていくと、それは月浜の近くにある
「新浜岬」という場所だとのこと。



さて、行ってみよう。




◆◇◆◇◆◇





まずは宮戸島の「月浜」に到着です。
「月浜」ってとてもいい名前。





そこから遊歩道を歩いて・・・

e0353732_19291905.jpg



竹やぶのトンネル風味な道をとおり過ぎて・・・



e0353732_19290582.jpg


なんとなく冒険気分・・・



e0353732_19291354.jpg



そして、開けたるは大海原!



e0353732_19294481.jpg


からの、馬の背〜。(宮戸Ver)





e0353732_19292922.jpg


ふむふむ、たしかに利府の馬の背に似てますね。
利府はこんな感じ。↓



e0353732_20083340.jpg



宮戸の馬の背はこんな感じ。↓



e0353732_19293658.jpg




【馬の背@利府】
・向かって左側に湾曲しています。
・丸みを帯びたフォルム→女性的
・海面に岩の部分がかなり近い部分もあります。
・先端まで歩けます。


【馬の背@宮戸】
・向かって右側に湾曲しています。
・岩肌がとてもゴツゴツしています→男性的
・海面から
・先端まで歩けません。



女性的な利府の馬の背→牝馬の背
男性的な宮戸の馬の背→牡馬の背



私が感じたのはこういう違いでしたけど
ぱっと見、同じだよね〜。
こんな不思議な風景が2ヶ所もあるなんて
驚きでした。




e0353732_20114150.jpg







というわけで、新浜岬でした。












おまけ◎
e0353732_21284176.jpg
ネッシーみ~っけ。

by misaki_photo | 2017-05-22 20:17 |  L 松島を見る。

松島の深みにハマる旅。

e0353732_22105030.jpg








松島と利府の陸前浜田のあいだには
気になる場所がたくさんあります。



馬の背、双観山、扇谷山・・・



行ってみたいけど松島ビギナーの私には
どこからどう手をつけて行ったらいいのか
分からない未開のゾーン。


そんなとき、ちょうどうちの母がこの辺を網羅する
ガイド付きツアーを探してきてくれて一緒に参加しました。
コンパスの使い方を、松島(一部利府町)をフィールドに
やるっていうのが目的のツアーなんだけど私としては
行きたかった所に行けるぜ!的な野望を胸に秘めて参加したのでした。




e0353732_22083868.jpg




よく晴れた土曜日。
陸前浜田駅に集まれし松島ウォーカー17名。
コンパスの使い方をレクチャーされて放たれよ、いざ松島へ!(一部利府町w)



コースは、
馬の背→双観山→松島4大観・扇谷→姉取山→西行戻しの松公園
という、海から山からウミサチヤマサチなコースです。




e0353732_22125871.jpg



歩き始めて5分。
あの有名料亭の田里津庵の甘い誘いに負けずに歩く歩く。
森を抜けてくる海風が心地よい。





しばらくすると、
ずっと行ってみたかった場所「馬の背」へ到着。




e0353732_22151663.jpg




馬の背とは、自然が作った奇形のひとつで
天橋立のような海に突き出た岩が天然の桟橋のような場所。
馬の背中のように細長い岩の上を歩けるわけです。



e0353732_22082694.jpg



「こんな場所があったなんて!」と参加者の
みなさんが口々に言うくらいインパクトがある場所。
奇妙なカタチが美しい、というより不思議な場所で
異空間に迷い込んだ気分。


しかし、、、この馬の背を200mくらい歩いて先端に行く直前に
危険スポットがあるんです。
見てください、この裂け目!




e0353732_22083244.jpg

ぎゃー!
ク、クレバスだわ!((((;゚Д゚))))
と、馬の背なだけに出産後の仔馬のようにガクブルしながら
飛び越えて、見晴らしの良い先端へ。




e0353732_22083404.jpg



とてもオススメな場所ですが
危険度も高めなので自己責任で訪れてくださいね。





:::::::





もうすでに満足度100%になった私ですが
さあ、次は双観山へ向かいます。




e0353732_22080731.jpg



途中、引き潮で干潟になった場所で潮干狩りをしている
風景を眺めながらの移動。




e0353732_22081097.jpg
(双観山からの眺め)








双観山の東屋ではお昼休憩。
絶景を見ながらひとやすみ。
贅沢だよね。



体力回復した後は
扇谷へ移動です。


今回、コンパスを随所で使いながら移動してたから
思うように写真を撮れなかったんだけど
この扇谷、もっと撮りたかった。


国道45号線から曲がるとすぐ扇谷エリアなのですが
違うんです、何がって、「空気」が違うんです。




e0353732_22081629.jpg




国道のすぐ横っていうのが信じられないくらい
扇谷に入ると、別世界なんです。
エアポケットに入ったような、仙人がいるような
ただの里山とは言えない雰囲気。



e0353732_22080167.jpg







すごく幽玄な空間でした。
紅葉の頃は美しく彩るんだって!
また秋に来ましょう。



そして、パノラマラインを3kmくらい
登りながらおなじみの西行戻しの松公園で解散です。





いつもならロマンでお茶を飲んでいきたいところでしたが
この日は気分を変えて、松島海岸まで降りてきて
雪竹屋さんの新製品のプリンを堪能しました。



e0353732_22191065.jpg


少し固めのプリンは卵の濃厚な香りがして
最高でした。
もう、松島堪能。



:::::::::::::::::


雑感。



プリンを食べながら観光地である松島海岸に戻り
ふとふと考えていました。


この日歩いたエリアは観光地からは少し離れてて
観光地とは言いながら海岸ほどの賑わいはない。
でもその分、静かで素朴で無垢でときには幽玄さをまとった場所。
素顔の松島っていう感じなのかな。


一方、松島海岸に戻ると、観光客で溢れてて
観光船が音を上げながら出港して、賑やかな場所。
華やかにお化粧した松島っていう感じなのかな。


このふたつの顔はどちらも必要不可欠なのです。
観光で来てシーンと静かな雰囲気じゃ、来た甲斐が無いでしょ。
ある程度、にぎにぎしてないとテンション上がらない。
しかし、素顔の方の松島もスバラシイから見てほしい。
だから、そのふたつの顔を繋ぎ合わせて
観光客の方には両方を感じてもらえるようになったら
「松島って深いよね」って思ってもらえるかもしれないなーと感じました。


これからはアレだね、親戚や友人が松島に来るときには

「動きやすい服装」をドレスコードに、両方の松島を案内してみたいな。




生活圏からは少し離れるけど
同じ町内にこういう場所がごろごろある松島町って
すごく深いです。



あー松島堪能して楽しかった♪













by misaki_photo | 2016-05-28 22:21 |  L 松島を見る。